FC2ブログ

秋月種実18【毛利VS大友2・攻撃!香春岳城】

戦国時代中盤まで北九州の領有は、少弐・大友・大内の3強が争っていた。
で、少弐を倒した大内氏が優勢となって支配することになる。
(少弐は肥前へ亡命)

その大内氏が家臣の謀叛によって滅んだのだ。
次に北九州を支配するのは歴史の経緯・家柄・実力、どれも満たしている大友氏だ!

と、少なくても当主の大友義鎮は考えていただろう。
名門の大友家から見れば、「大内の仇討ち」という大義名分で、大内氏の遺領を掠め取った毛利など成り上がり者でしかない。


天文23(1554)年~毛利元就の3男・小早川隆景が北九州の門司城を攻略ゲッツする。
弘治元年(1555)~弘治2(1556)年~毛利元就は厳島の戦いと後処理で、大友義鎮は家臣離反のバタバタで両者の激突無し。
弘治3(1557)年~大友軍が秋月氏・原田宗家・筑紫氏と北九州で毛利側の国人たちをフルボッコ攻撃。
(この時の戦いで宗家の原田氏は嫡男と3男が戦死で降伏)
(主役の種実は父母と兄を失い筑紫親子と山口へ亡命するという悲惨な状態)
永禄2(1559)年1月~毛利軍の助力で秋月種実が故郷の古処山城に復活!
永禄2(1559)年~毛利軍の助力で筑紫さん復活!秋月との連合で博多へ侵攻!

家紋・毛利
(毛利家紋ロゴ~ロン様作品)

貿易と商人の町・博多は元々は少弐と大友が、西と東の半分こで支配してまして、
少弐が肥前へ亡命してからは大友氏が手厚く保護して一大商都として発展させたのです。

それが「毛利軍の助力(ここが大友の許せない部分)」を得た筑紫+秋月の攻撃のせいで焼け野原です。
一からやり直し復興で額に青筋プルプルの大友義鎮でしたが、降伏してきた筑紫+秋月を受け入れた。

もちろん懐が広いとこを見せた、ってのは表向きの事で、二人をVS毛利戦のために駒として再利用する為です

毛利と大友は、互いに北九州における勢力を広げるために、相手に属する国人領主を取ったり取られたりを繰り返した。
ヒートアップしてきた両者の争いが直接対決になるのは時間の問題。

そして、その引き金を常に引く男が、打倒大友に燃える主役の秋月種実なのです。
台風の目と呼んでください(O ̄∀ ̄)ノ
秋月種実が永禄4(1561)年に大友から離反し毛利傘下に戻る。
秋月の離反は毛利と決着をつけるためのチャンスを狙ってた大友義鎮の行動を誘発した。
同年の7月・大友軍は香春岳(かわらだけ)城を攻撃する!

人物・大友宗麟
(一族の仇敵・大友義鎮/おおとも よししげ)

香春岳城主は原田義種、香春岳神社大宮司です。
彼は秋月種実の生母の実兄、つまり種実とは叔父~甥の関係でして原田宗家の支族です。

突然の攻撃で毛利からの援軍を呼ぶことが出来ず城側の兵力は、わずか300人!
攻撃側の大友軍は戸次道雪ら6000人!

城側は大石を投げたりなど必死の抵抗を試みるのですが、多勢に無勢で追い詰められて行った。
永禄4(1561)年7月15日 香春岳城は落城。種実の叔父と、その一家13人全員が自害する。
大友義鎮は種実の生母の実家まで滅亡させてしまったんです。

大友義鎮が香春岳城を降伏の余裕も与えず武力制圧したのは種実との血縁関係からでは無く、香春岳城が毛利側の重要な軍事拠点の一つだったからです。

大友義鎮の真の目的は、香春岳城の先にある門司(もじ)城!
毛利VS大友の二大勢力による激突に巻き込まれ、翻弄される北九州の国人領主たち。
果たして彼らは生き残ることが出来るのか?

それは またの話 

次回 毛利VS大友3~門司城合戦です^^


(ウィキペディアより~航空機内から撮影した関門海峡)

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

秋月種実17【勃発!毛利元就VS大友義鎮・1】

九州は火の国・神の国。

だから九州には神社に仕える社人が武家となって土着し、国人領主となった神社系武士団が多い。

彼らはキリシタンの布教を許可し、自身もキリシタンに傾倒する大友義鎮の支配を嫌った。

だが大友氏を嫌った北九州の国人たちが毛利元就に靡いたのは宗教だけが原因ではない。


毛利元就の強みは関門海峡の制海権を握っていたことだ。

関門海峡は潮流が激しく、21世紀の今日でも通過には水先案内人の乗船が義務づけられている難所だ。

その難所を毛利家は村上水軍を味方につけることでクリアし、北九州への派兵を可能にした。

と言っても関門海峡の元々の制海権は大内氏が握っていたのだから、毛利はソックリ継承したとも言える。

味方であれば頼もしい。だが敵であれば、いつ急襲を受けるか分らないという恐怖に晒される。

また北九州は毛利元就の前から長く中国地方の支配を受けていたので、文化・人的交流の面でも中国地方の方に親しみがあるという歴史的背景もあった

豊後(大分県)の大友義鎮が毛利元就(山口県)を倒すためには関門海峡という難題が横たわっていた。
(行けない訳じゃないよ。制海権の話ね^^b)

家紋・毛利
(毛利家紋ロゴ~ロン様☆作品)

主役の秋月種実・・実は分家です

以前、シオ的武家家伝~秋月氏でも触れましたが宗家は原田氏です。

一族で共通しているのが名前に種の文字が入ること^^b~種が目印、大蔵系氏族~

原田氏は長年、大内氏に仕えていましたが大内氏が滅亡すると毛利傘下になりました。

種実のダディ文種が大友から離反し、毛利傘下になろうとしたのは宗家と無関係では無いでしょう。

1557年にダディとママンが大友氏に攻め滅ぼされた時、宗家の原田氏も大友軍の攻撃を受け、原田宗家は嫡男と3男を大友軍に討たれてしまい已む無く降伏 _| ̄|○ がく
(3男は違う説もあるが気分でコッチを採択)

種実が落城した古処山城から脱出した後、毛利を頼ったのは原田宗家も大友軍に降伏してて、宗家のとこへ逃げられなかったからです^^;

1559年にリベンジして秋月領に戻った種実も、力及ばず結局降伏で宗家と同じく大友傘下です。

息子を殺された原田宗家と両親を殺された分家、秋月種実。
確かに助命され本城は保証された。戦国時代だから寛大な処置とも言える。
だが彼らは肉親を殺された怨みを忘れるほどの慰撫を大友氏から受けてはいない。

人物・大友宗麟
(一族の仇敵・大友義鎮/おおとも よししげ)

これは大友義鎮の出自にも関係があると思う。

名門・大友氏のプリンスとして生を受けた大友義鎮には国人領主の切なさ苦労は判らないし、また斟酌する必要がないほど大友氏には力があった。

だが、それでは大友氏の家運が傾いた時に国人領主は大友氏を見限ってしまう(現に後年そうなった)。

「外様の者に酒を振舞うときには、ただ下げ渡すのではなく、自分の前で振る舞い目をかけ恩を与える。これが御家安泰の秘訣である」(「葉隠」より鍋島様のお言葉)

まぁ大友氏は大友氏で名門であるがゆえの家督争いとかあって、それはそれで大変なんだけどね^^

とにかく国人領主にとって父祖伝来の土地が自分の物なのは当たり前のことで奪った相手が返してくれたからといって、それだけでは恩を感じないんです。

かといって原田宗家と分家・秋月種実が連携して軍事行動をとったとしても、大友氏にとっては「獅子の尾にたかるハエ程度のもの」だ。

大友氏を倒すためには同じだけの勢力を持つ毛利元就をぶつけるしかない。

家紋・秋月
(ロン様作成:秋月家紋ロゴ)

1561年 秋月種実(13歳)は大友氏から離反し毛利元就の傘下に入る。
秋月種実と家臣たちはタイミングを間違えば滅亡するかもしれない危険な賭けに踏み出した。

果たして思惑通りに大友VS毛利は実現するのか?

それは またの話 (* ̄∇ ̄*)

次回~勃発!毛利元就VS大友義鎮・2~さぁっ あちこち忙しくなるよ~~\(≧▽≦)ノ

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【相良頼房45_4再び朝鮮の役】

南藤曼綿録より
赤国(全羅道)を攻める前に、太閤秀吉が高麗人を討ち取った手柄を示すために鼻をそいで差し出すように命令した。
諸大名はそれぞれ鼻を納め、相良家からも千八百の鼻を納めた。
太閤秀吉は納められた鼻の数を帳面に付け、京都東山の大仏殿の楼門の前に鼻を埋め、その上に五輪の石塔を立てた。
現在、鼻塚と呼んでいるのがそれである【※】
【※】京都市東山区の豊国神社門前にある史跡で、耳塚という呼称が一般的。
古墳状の盛り土をした上に五輪塔が建てられ周囲は石柵で囲まれている

慶長三年(一五九八)正月から組中の諸大名はそれぞれ古仙(固城)という所に陣を構えた。
そこへ又、広南人が大勢で攻めて来た。
組中のどの大名も激しく戦って広南人を防御した。手痛い合戦で、日本勢は数百人討死にした。
相良家も六十人以上が討死にした。
このようであったが、広南人が負けて後退したので、その後は古仙(固城)の城代を柳川(立花宗茂)殿へ任せて、その他の諸大名は釜山海へ帰陣した。

「文禄の役」の時は、組リーダーの清正がガンガン進軍したので、相良兵も明国との国境あたりまで進軍していた。
(激戦だったので清正に「頼房が討死した」と早トチリされた)
「慶長の役」の時は、基本として釜山海の防備で、要請があると援軍として派兵されるようなスタイルだったようだ。
通算7年間の出陣に於ける相良勢の討ち死には47人、病死は13人、討ち取った鼻は1,800です。
人物・相良頼房
幸麿さま作画:相良頼房公~イメージ画
文禄年間には人吉の城下町の整備が行われたらしい。
で、他家同様に相良家でも朝鮮から連れてきた者たちを「唐人町エリア」に住まわせた。
戦後に捕虜返還があるのだが、相良にいた朝鮮人が全て帰国できたのか管理人には判らん^^;
ただ、捕虜返還時に母国へ帰らず頼房の元に残った者もおり、頼房が死去した時に殉死している。

1598年8月18日に秀吉が死去した事が知らされると、頼房ら諸大名は帰国することになる。
そして過去記事にあるように、帰国後に相良頼房と秋月竜子が結婚する^-^♪
大好きな武家同士が縁組によって結ばれるのは、ファンとしては非常に嬉しい^^♪
頼房には武家当主の常として側室はいるのだが、嫡男の生母は竜子なんで自分的には満足^^♪

これで相良家の「朝鮮の役」は終わった。
でもって次は「相良家にとっての関ヶ原の役」に入ります^^
全部読む奇特な人がいるか分からないが相良の関ヶ原はネタばれしてて、それがカテゴリ「関ヶ原大垣城編」。
関ヶ原以降の相良は人吉藩初代藩主編になります。
相良から見た南九州は、これで終わります。
ありがとうございました^-^

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【相良頼房44_3再び朝鮮の役】

同二十日(慶長2年(1597年)8月)、南門をお立ちになり、赤国(全羅道)府中(全州)にお着きになった。
府中の城は説得して開城した。
府中に五日間ご滞留され、その後、府中をお立ちになり押し進まれると、奥にもチャント中城(機張?)がある。
これも説得して開城した。
また、その奥にハマンという城(咸安城?)がある。これも説得して開城した。

さて、相良家臣の中に小田又兵衛という優れた者がいました。
彼は城普請が得意で、人吉城の谷の清水石垣は彼の縄張り(設計)によるものです。
そんな又兵衛さんの朝鮮の役エピが以下の部分です^-^

それより(上記のハマンという城の)奥に大きな穴がある。
軍勢たちは様子がわからないので、その穴の口へ行こうとしたら、半弓で射られてしまい、負傷・死人が多数でてしまった。
高麗の通事(通訳)を呼び寄せて大将達が尋ねられたところ、だいたい一国分程の人数が籠もっており、男女二万人ばかりいるそうである。
兵糧と輸送馬を置き、伊東殿・秋月殿・島津殿・高橋殿・森殿・相良頼房公たちの軍勢が集まって、いかがすべきかと評議していたところ、当家(相良家)より小田又兵衛が進み出て言った。
「我々は生まれ故郷で狩猟をしますが、狸が穴に引きこもってしまったとき、焼草で穴を燻すと、煙たさに耐え難く、狸は穴の口に出てきます。また、出てこないときは、穴の奥を燻して殺します。どうかこの穴を燻してみては。」
と言ったところ、軍勢はみな「そうしよう」と手に手に焼草を調達し、穴口に山ほどに積み立て、それに火をつけてしばらく燻したところ、三町離れた山の上に煙が見えた。
そこで、また違う穴口があるということで、上に材木を引き渡して焼草を積み上げて火をつけると、穴の中はとても動転していた。
それより一日一夜燻すと、穴の中から叫び声を挙げたように聞こえた。
さては煙たさに耐え難くて息絶えるときに、一気に呻く声だということだ。
さて、火を消して一日過ぎてから穴の口の中に入って見たところ、中々の煙たさで耐え難かったために軍勢は退き、また三日過ぎた頃に穴の中に入ってみると,死人たちは算木を乱したように無秩序に散らばっていた。
馬も人も、精々強いものにはまだ息を通わせているものもいた。
日本人の肺に取り付き、だんだん一町ばかり入ったところで皆逃げ出してしまい、それより奥には入らなかった。
何千人死んだかもついにわからなかった。

二万人も隠れられる穴というと、鍾乳洞かな?^^
伊東祐兵・秋月種長・島津豊久・高橋元種・毛利勝信・相良頼房・・・管理人的ドリームチーム~ウットリ(人´∀`).☆.。.:*・
(伊東氏と島津の交戦関係を想うと、どうにも「親友」の二文字に吹いてしまうwww)
で、この年の年末から正月にかけて、蔚山で加藤清正や浅野幸長が籠城戦で死ぬ思いをするのだが、管理人的ドリームチームは、これには直接は関わっていない。
彼らは泗川から蔚山へ援軍に向かってるんですが、着いた時には敵兵は引き上げた後だったんです。
んで、することが無い~~ってことで釜山に戻ってます^-^

ちなみに蔚山には例の深水頼蔵が参加して討死し、コアなとこでは阿蘇惟善も従軍してます。
阿蘇惟善は阿蘇氏の生き残りでして、まだこの頃は浪人として加藤清正の軍に参加です^-^

あ~~~~~~~~~~~~大名としての阿蘇氏の最期を書くの忘れてたぁぁぁ!!!!
家紋・阿蘇
(ロン様作成:阿蘇家紋ロゴ)
遅ればせながら伏線回収~~~~~~~~ アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ
甲斐宗運の死後、阿蘇当主は惟将が死亡、その跡を継いだ惟種までが死亡と喪中のズンドコ。
家督を継いだのは、惟種の子で僅か2歳の惟光ちゃま。
惟光ちゃま&生母は、豊臣秀吉に保護を求めて僅かながらの領地を与えられ、阿蘇神社宮司としての地位も認められたが、大名としての特権は全て剥奪された。
さらに「肥後国人一揆」で、亡き甲斐宗運の息子が一揆に加担し敗れて死に、阿蘇氏筆頭家老の甲斐家も滅亡。
秀吉は肥後人に影響力のある阿蘇大宮司を潰すチャンスを狙っていたのだと思う。
1592年の「梅北一揆」で、阿蘇惟光が加担していたとして処刑(斬首)したんです。

惟光ちゃんは数え12歳の若さで、自力で旧家臣を扇動したとは思えません。
むしろ惟光が成長し、自我に目覚めて「何事かを為す」前に、その芽を摘み取ったとみるべきでしょう。
これにより阿蘇氏嫡流は断絶しました・・・・が、一人だけ生き残った子がいたんです。
それが殺された惟光クンの弟・惟善クンです。
阿蘇兄弟は、おそらく年子だと思うので、朝鮮の役の頃なら惟善は数え16歳くらいかな。
初陣が「蔚山の戦い」とはヘビーすぎる~(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
でもって意外なことに阿蘇惟善は雑兵3000も率いてます。
若年&浪人が自力でそれほど集められたかチト疑問なので、加藤清正から預かった兵かもです。
預かるとすれば阿蘇氏と所縁のある肥後人だろうから、やはり阿蘇大宮司オーラの残光は侮れませんね^^

惟善も異国の戦場で相当苦労したと思われますが、阿蘇氏御家再興の夢は叶いませんでした。
その代わりといってはなんですが、関ヶ原の戦いの後に阿蘇惟善は加藤清正から所領を与えられ「神職・阿蘇大宮司」として復活するんです。
現在の阿蘇大宮司は、この惟善からの系譜です^-^
でも秀吉が往年の英気を失わず存命だったとしても、阿蘇氏の旧領復活は無理だったでしょう。
全ての宗教勢力を武装解除し、神社系武家を潰すのが秀吉の本音だからです。
阿蘇大宮司職を諦め、四国か東北あたりの領地・2~3万石程度で手を打って、家康を通じて交渉すれば上手くいけば何とか・・・ってとこでしょうか。
それでも転封の引っ越しなんかで、ウッカリ旧家臣を集めたりしたらヤバイと思う。
九州とか小田原等々で没落⇒関ヶ原で没落orリベンジ化⇒大坂の陣でリベンジいけちゃう?
・・・という流れからは欠落してますが「朝鮮の役」でリベンジ「御家再興」の夢を追った若者もいたということです^-^
相良の朝鮮の役も幕を閉じようとしています。それは またの話^-^

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【相良頼房43_2再び朝鮮の役】

慶長2年(1597年)・・・相良頼房は再び「朝鮮の役」で渡海~釜山海で勤務した。

或る時、番船(敵船)が現れたとの報告に出陣し、これと交戦したのだが防ぎきれず、
同じ組の日向衆に被害が出て、さらに敵は意気揚々と巨済島に引き上げる。
猛将タイプの相良家20代目当主・頼房は、歯噛みして悔しがったに違いない。

同年7月14日~「唐島の番船を崩すべきである」と評議して決定されたので、大名衆は出陣。
藤堂佐渡守(高虎)殿、加藤左馬介(嘉明)殿の二人を大将として、唐島に番船が三百艘いたところへ、日本勢も船で攻め寄せて番船に乗り移り朝鮮人を一人残らず斬り捨てた。
〔敵の〕番船も防戦したが、日本勢に対して打つ手がなくなり勝負にならなかった。

頼房公は船を一番先に進ませて攻撃し、しきりに勇みたっておられたので当方(相良)の兵は勇んで進み、がむしゃらに番船に乗り移って番船三艘を奪い取った。
頼房公が「見せしめのためにテルマを一人その船に乗せて、そのテルマの本陣に帰すように」とおっしゃるので、(そのように)安骨浦へ返された。
高麗では男をテルマと言い、女をカクセイと言う。
南藤曼綿録より

藤堂高虎と加藤嘉明が不仲になったのって、おそらくこの時の戦いじゃないかなぁ~と思います。
頼房は、相当張り切ってたみたいですね^^

さて、全羅道へ軍勢を進める、ということで釜山海にいた頼房らへも出陣命令が届いた。
8月11日から、釜山海その他もろもろの部隊の見張り所にいる大名たちを動かして、前回(文禄の役)と同様また軍勢を進めた。

8月11日南門(南原)の城に着くと、諸大名は我も我もと陣地を取った。
15日の夜半に城を攻めた。その夜は名月で昼のように明るかったそうだ。
諸方から一斉に鬨の声を発して、がむしゃらに攻めかかった。
城からも防戦して半弓で射て軍勢を崩し、さらに石を打ってきたので負傷者や死者が数多く出た。
けれども日本勢は少しも引き下がらずに攻めかかったので、城はたまらずに攻め取られてしまった。

相良家の馬印(戦場で大将の場所を示す目印)は白い吹貫【※】なのだが、
【※】吹貫~幾条かの長い絹を円形の枠に取りつけ、長い竿の端に結びつけて風になびかせるもの
中間(奉公人・召使い)の弥七という者が差して一番に馬印(白い吹貫タイプ)を城に掲げ上げ、南門の蔵の前に立てた。
その後諸大名がみな城に入ってきて、南原に二日滞留した。

その間諸大名衆らは「相良家に許可を得て、頼房の印判状によって八木(米)等を出した。」
これは弥七さんのお手柄です。
いの一番に相良家の馬印を蔵の前に立てた・・・つまり蔵を相良家が接収したと宣言したことになります。
従って諸侯らが米などの糧秣を現地調達するためには、蔵を押さえた相良家に「お願い(-人-)」しなきゃならないんです。
相良家は大いに面目を施したことでしょう。
頼房は自慢げに鼻を膨らましながら書面に花押したんじゃないかしら(*´pq`)クスッ

こうして記録を見ていくと、身びいきを割り引いても頼房と相良勢はかなり活躍してますね。
むろん元々の動員兵力が少ないので大勢に影響を与えるほどの局面ではないのですが、キッチリと戦果を挙げてます。
ただ島津義弘や加藤清正の活躍が派手すぎて、小大名・相良家の武功は地味になっちゃいますね^^;

これだけの働きをしてるんですから、頼房は家臣である頼兄の才覚に嫉妬する必要は全くありません。
むしろ家中で孤立しつつある頼兄にとって、頼房からの信頼のみが支えだったかもです。
相良家の働きを見て、秋月種長が「妹(竜子)の再婚相手に~~」って考えたって不思議じゃないですよネー(*´・д・)(・д・`*)ネー
まぁ実際は外交上の配慮が色々あったでしょうけど。

さてさてマニアックな「朝鮮の役」ネタですが、もう少し続きます。それは またの話^-^

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
546位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
102位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR