FC2ブログ

【少弐の為なら】龍造寺を潰せ!・弐【敵も味方】龍造寺、滅の巻3

肥前を脅かす有馬対策のためにした「三家(東西千葉・少弐・龍造寺)和合」。

皮肉にも、これが少弐冬尚と馬場頼周をして「龍造寺抹殺」を決意させた。

一つには東西千葉氏のうち、東千葉の家督と遺領が当主の死によって、少弐にものとなったこと。
(冬尚実弟で13歳の少年が婿養子として家督を継いだ)

東千葉当主が領する、肥前国主の象徴たる牛頭山城を手にした事で、龍造寺の助勢が無くとも御家再興出来ると判断した。

いま一つ・・・少弐冬尚は一時のピンチを凌ぐと、「三家和合」自体が腹立たしくなってきたのではないだろうか?
なぜなら「和合(同盟)」ということは、少弐と龍造寺の立ち位置が対等になるからです。

冬尚が龍造寺・水ケ江城に「援けて欲しい」と単身で乗りこんだのも、情勢が有利になれば惨めで恥ずかしく黒歴史。

こちらが下手に出たゆえ、龍造寺は調子にのって太宰少弐たる我が家と、和合をと出てきたぞ!
てなところですかな ( ゚Д゚)y─┛~~

それにひきかえ、かつて龍造寺の主筋だった西千葉は、龍造寺と対等な関係になるのを受け入れた。

西千葉の胤連は、養子として入った彦法師(剛忠(家兼)曾孫&鍋島直茂)を、人質として扱うのではなく実子同然に愛し、
龍造寺と親しい同盟相手として新たな関係を構築した。

少弐にとって、それも苛立ったかもです。
「太宰少弐たる我が家は、西千葉とは違うぞ!被官と対等に慣れあうなど出来るか!ゴルァ!!!(# ゚Д゚)・;'.」

まぁ確認できる史料があるわけでないので、上記二つは単なる憶測・推測の域を出ない。

だが、この後の少弐冬尚と馬場頼周の行動を見ると、あながち想像でもないと思うのだ。

少弐冬尚を馬場頼周は、龍造寺抹殺のために、敵であるはずの有馬氏と手を組んだ。

家紋・少弐(少弐家紋)

余りの愚かさにコメントに窮する。( ̄ω ̄A;アセアセ

有馬は肥前併呑が目的なのだ。有馬「内ゲバ、大歓迎(・∀・)」

少弐が龍造寺を潰して御家再興を果たす頃には、有馬だって今のままじゃなく更に勢力拡大してるはずです。

てか大内は、どーすんだよ。下手すりゃ有馬と大内に挟まれる^^;
こういう陰謀を働く連中って「自分は上手くやる」って、何故か根拠レスで自信満々なのよネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

被官だった龍造寺と和合するより、有馬と手を組んで大内を排除するつもりだったかもだけど・・・

くどいようだが有馬の目的は肥前そのものだから、少弐は踏み台にされるのがオチよネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

1544年、龍造寺抹殺のために少弐は有馬へ密使を送った。

有馬も此れに(うほ~い♪ヽ(*´∀`)ノ)賛同し、杵島郡長島に派兵。
更に馬場頼周は、諸豪族にも協力を求めた。
結果、多久上野守は梶峯城へ引き籠り、上松浦の者達は日鼓山へ出陣。
少弐冬尚は「これらが有馬について少弐に背いた」と偽り、剛忠(家兼)に彼らを討伐する様命じた。

同年11月21日、何も知らない剛忠(家兼)は一門の者たちを出陣させた。

それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> 少弐さん、まだ戦国大名になりきっていないようですね。
>
> 他家につけいるチャンスを与えるのは、一番拙いと思います。

おっしゃる通りだと思います^^;
これは不味いですよね^^;

ポチありがとうございます^-^

No title

少弐さん、まだ戦国大名になりきっていないようですね。

他家につけいるチャンスを与えるのは、一番拙いと思います。

w応援ポチ。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR