FC2ブログ

【三成の誤算】島津氏4・栞歴4

島津氏16代目当主・義久は「賢弟愚兄の見本」と、よく言われているが、バカ殿に島津当主は務まらない。

実は義久は体も弱く、しばしば体調を崩し寝込んでいる。

そんな義久が当主でい続けたのだ。「愚かな兄」であるはずがない。

現実に島津氏の勢力が最も拡大したのは、義久の代だ。

シオ脳内イメージでは「西郷隆盛が戦国に産まれたら、義久みたいだったかなぁ」と思う。

どっちも肖像画(写真含む)を嫌って残さず、素顔が不明なとこも似てる^^

つまり「自分は口出しせずに、部下の力を2倍3倍発揮できるように配慮する」典型的な「薩摩型リーダー」です。

天才・猛将そろいの弟たちは、ノーブル長兄・義久が大好きでメチャクチャ尊敬していました。

その義久には息子がおらず、娘が3人いました^-^



島津十字

末娘・亀寿(かめひさ):義久の弟で、現当主・義弘の息子(久保)と結婚^^wedding anniversary~~

亀寿の夫が朝鮮の役に出兵!朝鮮で病死!!末娘が未亡人に!!Σ(´Д`;)

次女(名前?諸説あり):分家/垂水(たるみ)島津家に嫁入り^^wedding anniversary

次女の夫が朝鮮の役に出兵!巨斉島で病死!!Σ(´Д`;)次女まで未亡人!

長女・御広(おひら):分家/薩州家に嫁入り~^^wedding anniversary

ダンナ(義虎love)は、普通に病死~息子が成長し「朝鮮の役」に出兵~~

長女の息子が,島津当主義弘に従がわず,戦に出ないΣ(´Д`;)ちょ~おま~それヤバイ

怒った秀吉により長女の息子は捕らえられ小西行長にお預かり~そのまま失意の病死!(ただし自殺説と暗殺説あり

とどめ!長女の残る息子は家督を継げず,そのまま小西行長の宇土にお預かり薩州家は改易処分!


ひーーーーん!娘たちが・・・孫たちが・・・涙ドバーッ(┬┬_┬┬)

前当主・義久の晩年の苦悩、苦痛、懊悩は全て秀吉から端を発している。

弟の一人、祁答院領主・歳久は「朝鮮の役」に反対して起きた「梅北一揆(1592年)」の黒幕として、秀吉の命令で処刑されてます。
(※梅北一揆については、最新の研究で「地頭(梅北氏は国人出身の地頭)の領土問題がある」と指摘されています)

慶長3年(1598年)その秀吉が死んだ。

兄の義久は、秀吉の死を待ち焦がれたかのように、罪人として処刑された弟の菩提を弔っている(現・平松神社)

我慢に我慢を重ねていた義久は「庄内の乱(1599~1600年3月)」で遂にブチ切れ、当主・義弘が出した出陣命令を本国で握りつぶした。


当主・義弘:にーちゃん,気持ち判るよ!でも上方はケツにも足元にも火が着いてるんだよ~頼むから兵士送って~~~

前当主・義久:絶・対・イ・ヤ!徳川とか奉行衆とか島津には関係ない!

次期当主・忠恒:ちーーっす!自分,内府さまに謹慎しろって言われてるんス ( ゚Д゚)y─┛~~


義弘の息子で、後の初代・薩摩藩主となる忠恒(ただつね)は、実はシッカリ家康とやりとりしてた。

家康:忠恒ちゃん、今回(庄内の乱)は大変だったね~国許が落ち着いたら伏見で会おうね~^-^待ってるからね~

忠恒:マジっすか?謹慎終ったら自分、ぜってー行くんで、いろいろ頼んまス


元々揉める要素を抱えていた島津家は、さらに秀吉が引っかき回したせいで、完全にグダグダになっていた。

さて、経緯はともかく、島津本軍は「一部・義弘大好き家臣」を除き、薩摩に残った。

島津本軍がいるため、島津と揉めた加藤清正も肥後本国で足止め。


そこで困ったのが小西行長だ・・・加藤と島津が残るから、自分も本国をカラにできなくなった。

小西は肝心要の「関が原の戦い」で、常日頃鍛えた精鋭たちを、万が一に備え肥後に留守として残す羽目になってしまった。

関が原本戦で、小西の活躍がイマイチ地味なのは、小西の指揮に問題があったのではなく、頭数を揃えるために急遽集めた傭兵の混成部隊だったからです。

小早川の裏切り・さらに大谷軍が崩れたのを見て、傭兵はサササ~と戦場から逃げてしまい、小西は自軍を支えることが不可能になった。

でもって、石田三成です^^

島津軍が来たとき、兵数の少なさに島津を軽んじてしまう失敗を犯します。

三成が奉行を退いたのは、慶長4年(1599年)閏3月。

「庄内の乱」は同年6月。ちょうど境目。

奉行時代なら、大小細かな報告が全て手許に来ます。

でも隠居しちゃえば、情報は味方からしか入りません。

島津と加藤が「庄内の乱」で揉めたことを、ひょっとしたら三成は知らずにいたんではないでしょうか?

家康の「庄内の乱」に対する裁定は、島津家と反乱おこした伊集院へのもの。

加藤清正には触れていないので「公式発表がない+奉行でもない」だから島津の内部事情は手に入らない。



石田三成~

三成の島津の兵力に対するガッカリ具合から察するに、かなり九州の情勢に疎くなってる感じです。

「関が原の戦い」の発端は「会津(上杉)征伐」で、そのとき家康から動員かかったのがスライド~東軍になります。

つまり「肥後(九州)を本国にする加藤清正が、「会津征伐(東北)」で動員命令が下らなくても不自然じゃないの。

だから、島津家内部の意見が割れて、加藤や回り回って小西にまで波及しているとは気づいてなかった。

あるいは知った時には手遅れだったかの、どちらかでしょう。



島津が来ると聞いて三成の脳内算盤が弾いたのは、奉行時代の朝鮮の役での島津の動員兵力1万。

まぁ、それは元から無茶な数だし、本国カラにはできないし~

まぁ2~3千は行くか?な~んて甘い予想してたんだろうなぁ(6 ̄ ・ ̄)ポリポリ 

「庄内の乱」の時に三成が奉行のままだったら、加藤清正が伊集院へ食糧支援したことに対し黙ってはいないだろう。

清正を処分し島津と関係を深めるか?はたまた清正との仲直りのチャンスとするか?

いずれにせよ大事な切所に関われず、三成は甘い予想のまま運命の関が原を迎えてしまったのだった。

さて、次回は島津氏5・初代薩摩藩主についてです。それは またの話^-^

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【加藤清正が不穏な件】島津氏3・栞歴3

現在・肥前戦国史とともに薩州島津家データを収拾中でつ。

それで年表に大量追加が発生するんで、年表関連の記事更新が止まってました^^

え?「今までも充分あるだろ」ですか?

あぅ~凝り性なんで初代の用久から調査中なんでつ(【涙目】室町時代に突入【大爆】)

【予告】この島津氏が終わったら、島津別伝として薩州家連載します


分家と宗家のドロドロを御堪能?下さい(大爆)

マニアックすぎなんで、あんまり細かくやりません。

ザックリ(←ホントか?)と、長くても5回程度(←大丈夫?)に納めます (`・ω・´)キリッ

こちらの島津氏本編も、後日リサーチで判明した部分を加筆修正してますので、お時間ありましたらご一読下さい^-^

***********************************************

庄内の乱(1599年・慶長4年6月~)で、加藤清正は反乱側の伊集院を支援していた


清正の行動には説明がいる。

竜造寺・大友・島津の戦国九州三国志~無類の強さと結束で島津は九州統一まで、後少しだったのだが、

中央で「豊臣政権誕生」で薩摩・大隈の二カ国に押し込められる。

その時に島津家では肥後・日向などの現地雇用者を解雇しないで国へ連れ帰ったそうだ。
(放置したらしたで、ひと騒動になるからだろう)

そのため肥後(熊本県)+日向(宮崎県)には、個人レベルの地縁・血縁・人脈キープしたままでして、

「島津で騒動が起きると肥後・日向に波及する」というテンプレートが出来上がってしまい、

肥後を統治する者にとっての、この迷惑な関係は明治に入っての鹿児島県の反乱「西南の役」まで続くこととなる。

某〇川家「島津は基本仮想敵です」




1592年には梅竹一揆が起き、首謀者の島津家臣が「朝鮮の役」で出兵し留守だった肥後・加藤清正の支城を占拠する事件が起きている!

反乱は一月ほどで鎮圧されたが、この反乱を重要視した秀吉は島津家に厳しい処断を下した

反乱の黒幕として(処断の内容を秀吉に働きかけたのは細川幽斎)島津4兄弟の三男・祁答院領主・歳久の処刑を命令!

1594年~1596年の間、薩摩・大隈全土の検地を実施

潜在的に不穏な肥後・日向に対する抑えとして、島津家筆頭家老・伊集院忠棟を日向の庄内の地に8万石で配した


伊集院は豊臣政権に反抗する不満分子にニラミを効かせる、いわば秀吉の代弁者だった。

島津の筆頭家老を務める男だ。自分の役割は当然知ってる。本人は「これが島津存続の道」と信じていただろう。

そしておそらく家老の分を越える言動をしたのだろう・・・島津義弘の息子忠恒に殺された。

つまり伊集院忠棟が殺されたことで、島津家内部には【親・豊臣派】は消滅したのである





驚いたのは清正だ。梅竹一揆のように肥後にも庄内の乱が飛び火するかも!

親豊臣派の伊集院一族には、島津家中の「不満分子に対するフタ」として留まって欲しい。

てことで清正:伊集院ファイト~~~つ【寸志・食糧☆】贈るね~

義久(前当主):げ!なにすんだ!!ゴルァ!!!(# ゚Д゚)・;'.余計なコトするな!!と、清正に厳重抗議


え?支援が何故バレたって?

反乱起こした伊集院忠真(いじゅういん ただざね・忠棟嫡男)が降伏したからです。

伊集院側は粘りに粘り、降伏したのは慶長5年(1600年)3月・・・なんと「関が原の戦い」の僅か半年前


五大老筆頭・家康の裁定で、伊集院の一族は助命され2万石で移動。

庄内には島津分家で重臣で、もともと庄内を納めていた北郷(ほんごう)が復活。

伊集院パパを殺した忠恒は1年の謹慎処分。

この間・当主義弘は「反乱にも伊集院パパ殺しにも無関係」と証明するため、大坂に留まってた。

清正の謀反支援行為への処罰ですか?

家康の大事な武断派のコマだもの。処分なしですな ( ゚Д゚)y─┛~~

豊臣政権に色々不満が堪っていた前当主・義久は、裁定にブチ切れヘソを曲げた

[庄内の乱の後始末のため]と言って、関が原の時に本国の島津軍へ動員命令を出さなかったのだ

(ただし、乱の規模が大きかったので「後始末ウンヌン」は丸っきりのウソではない)

そして島津本軍が本国にいるために、備えとして加藤清正も肥後本国を動けなくなった





島津中心に話を進めているが、この時期の九州は「何時・何処で」一揆が起きても不思議じゃなかったんです。

秀吉が起こした「朝鮮の役」で、九州はいわば最前線基地でした。(てか九州の役の時から、そのつもりだった)

朝鮮出兵のための軍費調達・労役のための人員確保、九州の農民は太閤検地の絡みもあって、税負担が実質5~10倍にハネ上がったそうです。

とても耐えられるものではなく、村まるごと田畑を捨て逃亡するところが続出してました。

逃げても生活のあてがあるわけでなく、流民になるので治安は悪化。

秀吉の死で「朝鮮の役」は終ったものの、人の手が入らなくり荒野になった田畑・里山が、元に戻るのは何年後になるか・・・ちょっと想像のつかない状態~

だから清正が出兵したとしても、全軍引き連れるのは難しかったでしょう。


島津軍が本国⇒清正も備えで本国・・・これが他にも波及し、 

石田三成にとって想定外のことが起きるのだが、それは またの話^-^

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【兄と妹】島津氏2・栞歴2

忠恒(ただつね)には妹がいた。名前を御下(おした)と云う


慶長4年(1599年)3月9日~「伊集院忠棟殺害事件」は、ただちに豊臣政権に報告された。

奉行の石田三成は忠恒に「どういうことだヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!!」と手紙を出してます。

え?「3月9日じゃ、三成は家康に助けてもらってたんじゃね?」と、お思いの方。

明治以前・・日本の暦は太陰暦(月の満ち欠けが基準)でして、閏年ならぬ閏月がある。

つまり慶長4年には、ふつうの3月と閏(うるう)3月があるの^^b

伊集院の事件は普通の3月の出来事で、前田利家は存命中で三成も奉行なんです^^;

とにかく忠恒の身柄は高雄山で謹慎、豊臣政権の処分を待つ身になった。




さて忠恒の父・義弘(よしひろ)は、50を越えてから女の子を授かりました。

老いてから生まれた娘の可愛さに貴賎はない。義弘はデレデレだったらしい^^;

家臣:あの~年頃なんで、末の姫君の結婚、そろそろ決めたいんですけど~

義弘:ヤダヤダ~政略結婚なんかしたら、御下に毎日逢えなくなるぉ(;;)←駄々をこねる猛将

家臣:(ダメだこりゃ)じゃ~家臣とこに嫁がせましょ~いつでも逢えますよ~

まぁ戦国の姫君の嫁ぎ先に、何ひとつ政略が無い・・・と言うのはウソになるだろうが、

こうして御下が嫁いだ相手が、伊集院忠真(いじゅういん ただざね)。

そう、兄・忠恒が殺した伊集院の嫡男です。

身内で敵味方になるのは「戦国の世の習い」・・・なんだけど、それとは少し違った。

島津忠恒という男は、目的のためには手段問わずで、妹を犠牲にするのを全く躊躇わない冷酷・非道な男だったのです





ただし、自分は忠恒の全てを否定するつもりはありません。

分家や国人が五月蠅い島津家で当主の権限を強化するには、忠恒のような人物は必要だったと思うからです。

結局、事件は五大老筆頭の徳川家康が裁断を下した。

家康:自分の家臣で主家への不忠者を斬っただけ~従って忠恒は無罪



そう・・家康は、ここぞとばかりに島津家へ恩を売ろうとしたんです。

知らせを聞いた伊集院の嫡男・忠真は、身に覚えのない父への不忠者の烙印にブチキレた!!

とはいえ、最初は義弘に対し「自分の忠誠は変わらない」と手紙を送っている。

が、既に関係は拗れていたので、伊集院領との境の関所では交通がストップされた!

伊集院家中会議の結果「このままでは 滅ぼされる」ということで 決起!!

後の世にいう「庄内(しょうない)の乱」の勃発です





御下の夫・忠真と兄・忠恒は「朝鮮の役」で共に戦った戦友でもありました。

忠恒の妹姫・お下は実家へ戻らず、夫に付き従ったらしい。

翌年には二人の間に娘が産まれてます^^

そして妹姫の人生は、兄・忠恒のために翻弄(ほんろう)されることとなる。

伊集院の領地は日向の庄内(宮崎県都城市)という土地でした。

都之城(みやこのじょう)を本城に支城が12!

戦を避けるための住民・兵士も含めて、それぞれが城へ立て篭もった。その数・約8千!!

島津どころか、近隣大名(立花・小西・高橋もろもろ)にまで動員命令が下る大騒ぎに発展した!
この間に前田利家が死に、三成は武断派の襲撃受けて奉行職辞任~佐和山へ帰っているので、

この問題に口出し・関与できなくなった。

慶長4年(1599年)6月~忠恒自ら出陣し反乱の鎮圧に乗り出した。動員は約3万~4万。

プライドの高い忠恒は、諸大名の介入を拒んだので、応援大名は実際には戦には参加していない。

ちなみに関が原で戦死する島津豊久も従軍してます~川* ̄д ̄*川ポッ~豊久好き~~~

支城っても、戦国時代だから土塁かきあげた実践用の簡素なものだけど、

地形うまく利用し、それぞれ連携とって防衛ラインを敷いてたんで、鎮圧側は城攻めに手間取った。

隠居してた叔父・義久(よしひさ・前当主)も出陣したけど、城落とせない~~

膠着状態のなか、怪しい動きをする大名がいた・・・

それは肥後半国を治める加藤清正で、

そして庄内の乱が「島津の関が原」だけでなく、

回り回って「加藤清正の関が原」にも関わるのだが、それは・・・またの話^-^

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【筆頭家老の死】島津氏1・栞歴1

慶長4年(1599年)3月9日~京都・伏見の島津邸で殺人事件発生!!

被害者は島津家・筆頭家老の伊集院忠棟(いじゅういん ただむね)氏・年齢不明!

加害者は島津家・跡取りの島津忠恒(ただつね)23歳!

命を受けて家臣が犯行を行う上意討ちではありません!御曹司自らの御手討ちです!!





そもそも揉めたのは検地のトラブルが原因だった。

検地は物凄~く簡単に言うと、土地台帳の実態調査・それにより米の収穫高を決め、租税額を決定する。

島津の検地は文禄3年(1594年)です


地元の反対・反抗に困った17代目当主・島津義弘(しまづ よしひろ)は、

検地の実施を【三成お任せコース☆】にしてもらった。

この時に三成が数字マジックで、わざと多く見積もり重税になるようにしたとかウワサもあるが、

とにかく終わって領地を家臣に配分する段になって、その役目を島津家筆頭家老の伊集院に命じた。

島津は秀吉に負けるまで、九州統一まで後一歩だったのだが、

敗れたことで「薩摩・大隈・日向一部」に押し込められてしまったので、改めて家臣の領地を決めなきゃだったの。



島津十字

伊集院は、その再配分を「朝鮮の役」で皆が出兵してる間にやってしまった(いる間じゃ揉める)

今で言うと、土地登記簿謄本を総入れ替えで「太郎所有の甲町⇒⇒一郎所有の乙町」になるって感じ。

で、島津家臣らが朝鮮から帰ってみると・・・「先祖代々の オイの土地が無かっ!!ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!」という事態になり、島津家中は大混乱~~


困った島津忠恒(ただつね)は、奉行に(三成以外の人だったみたい)オネガイ~~

「朝鮮の役」で活躍した家臣に加増(かぞう・領地をあげて所得アップ)する許可ください~っと申請。

奉行:え~~おたくは検地の処理で揉めてるじゃん。そんなのにクビ突っ込むのヤダ。

と、渋る奉行を説得し「島津が個人的にやるなら~」って、やっとOKもらったのだが・・・

家臣:じゃっどん、所得増やすっとは どげんすっつもいごわんそか?

忠恒:財政のムダを無くして・・・

家臣:こん薩摩で、ムダぁ忠恒サァの蹴鞠フィールドじゃっど!(c=(c=(c=(c=(゚ロ゚;c=アチャチャチャチャチャ-!!~


実現性の薄いマニフェストでは、家臣の不満は誤魔化せなかったil||li _| ̄|○ il||l



18代目となる島津忠恒

豊臣政権は空気読まないのか、揉めさせるためにワザとなのか「検地の功績(?)だ」と伊集院に領地を与えた。

が・・・これが、マジ本当に不味かった(_´Д`)アイーン

豊臣政権が伊集院に与えた土地は、島津家の分家にして重臣・北郷(ほんごう)家が代々治める土地だったからだ。

かつて日向の伊東家との争いの中で、死にもの狂いで死守してきた本貫地を、一片の通知で奪われた。
(島津家では北郷を宥めるために、代替え地として宗家領地を削って与えてます)

さらにトドメのように宗教問題までが絡む。

一揆を恐れた島津では、一向宗を禁じてたのだが、熱心な一向宗信者だった伊集院は禁令を無視。

多額の献金を続けたため、島津当主の義弘・前当主の義久・次期当主の忠恒のイライラも募って来たのだ。

いつしか豊臣への不満が、伊集院への不満に変わり、島津家中に不穏なウワサが飛び交った。

ウワサ1:伊集院な怪しっちゃ~あんワロが貰っさ北郷サァん土地な日向じゃ~肥後とン国境やぃぞ。肥後にゃ秀吉子飼いン加藤清正がおっど。もへ豊臣ん犬に成い下がっちょとじゃなかか?

ウワサ2:伏見の伊集院の屋敷は、殿サァお屋敷よりデカかそうじゃ!伏見じゃ宴で、毎日米ば食うちょったげなぞ





伊集院は豊臣政権に近付きすぎたのだろう・・・

島津が秀吉の降伏したばかりの時は、伊集院の政治力は必要だったのだが、

三成とも個人的にも親しくなりすぎて、癒着(ゆちゃく)してるように思われた。

不満が頂点に達し、秀吉が死んだことで統制がゆるんだところに事件が起きたのだ。

実はこの事件・・加害者と被害者だけは明快だが、真相(背後関係)はいまだ解明されてない。

江戸期の説には、伊集院忠棟が石田三成(徳川家康説もあり)と忠恒(ただつね)暗殺を企んでいるのを、
当の忠恒(ただつね)が立ち聞きしたのが発端だという、ウソっぽい話がある。

で、肝心の殺す時も「忠恒(ただつね)単独説」「義久OK+忠恒(ただつね)実行説」「義弘OK+忠恒(ただつね)犯行説」「義久+義弘OKで。。。きりないわぃ!!(/--)/ ┷┷ちゃぶ台返し

とにかく伊集院の死によって、薩摩に再び不穏な風が巻き起こり、 

島津の関が原に大きく影響するのだが、それは・・・またの話^-^

画像は持ち帰り不可です

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR