FC2ブログ

秋月種実18【毛利VS大友2・攻撃!香春岳城】

戦国時代中盤まで北九州の領有は、少弐・大友・大内の3強が争っていた。
で、少弐を倒した大内氏が優勢となって支配することになる。
(少弐は肥前へ亡命)

その大内氏が家臣の謀叛によって滅んだのだ。
次に北九州を支配するのは歴史の経緯・家柄・実力、どれも満たしている大友氏だ!

と、少なくても当主の大友義鎮は考えていただろう。
名門の大友家から見れば、「大内の仇討ち」という大義名分で、大内氏の遺領を掠め取った毛利など成り上がり者でしかない。


天文23(1554)年~毛利元就の3男・小早川隆景が北九州の門司城を攻略ゲッツする。
弘治元年(1555)~弘治2(1556)年~毛利元就は厳島の戦いと後処理で、大友義鎮は家臣離反のバタバタで両者の激突無し。
弘治3(1557)年~大友軍が秋月氏・原田宗家・筑紫氏と北九州で毛利側の国人たちをフルボッコ攻撃。
(この時の戦いで宗家の原田氏は嫡男と3男が戦死で降伏)
(主役の種実は父母と兄を失い筑紫親子と山口へ亡命するという悲惨な状態)
永禄2(1559)年1月~毛利軍の助力で秋月種実が故郷の古処山城に復活!
永禄2(1559)年~毛利軍の助力で筑紫さん復活!秋月との連合で博多へ侵攻!

家紋・毛利
(毛利家紋ロゴ~ロン様作品)

貿易と商人の町・博多は元々は少弐と大友が、西と東の半分こで支配してまして、
少弐が肥前へ亡命してからは大友氏が手厚く保護して一大商都として発展させたのです。

それが「毛利軍の助力(ここが大友の許せない部分)」を得た筑紫+秋月の攻撃のせいで焼け野原です。
一からやり直し復興で額に青筋プルプルの大友義鎮でしたが、降伏してきた筑紫+秋月を受け入れた。

もちろん懐が広いとこを見せた、ってのは表向きの事で、二人をVS毛利戦のために駒として再利用する為です

毛利と大友は、互いに北九州における勢力を広げるために、相手に属する国人領主を取ったり取られたりを繰り返した。
ヒートアップしてきた両者の争いが直接対決になるのは時間の問題。

そして、その引き金を常に引く男が、打倒大友に燃える主役の秋月種実なのです。
台風の目と呼んでください(O ̄∀ ̄)ノ
秋月種実が永禄4(1561)年に大友から離反し毛利傘下に戻る。
秋月の離反は毛利と決着をつけるためのチャンスを狙ってた大友義鎮の行動を誘発した。
同年の7月・大友軍は香春岳(かわらだけ)城を攻撃する!

人物・大友宗麟
(一族の仇敵・大友義鎮/おおとも よししげ)

香春岳城主は原田義種、香春岳神社大宮司です。
彼は秋月種実の生母の実兄、つまり種実とは叔父~甥の関係でして原田宗家の支族です。

突然の攻撃で毛利からの援軍を呼ぶことが出来ず城側の兵力は、わずか300人!
攻撃側の大友軍は戸次道雪ら6000人!

城側は大石を投げたりなど必死の抵抗を試みるのですが、多勢に無勢で追い詰められて行った。
永禄4(1561)年7月15日 香春岳城は落城。種実の叔父と、その一家13人全員が自害する。
大友義鎮は種実の生母の実家まで滅亡させてしまったんです。

大友義鎮が香春岳城を降伏の余裕も与えず武力制圧したのは種実との血縁関係からでは無く、香春岳城が毛利側の重要な軍事拠点の一つだったからです。

大友義鎮の真の目的は、香春岳城の先にある門司(もじ)城!
毛利VS大友の二大勢力による激突に巻き込まれ、翻弄される北九州の国人領主たち。
果たして彼らは生き残ることが出来るのか?

それは またの話 

次回 毛利VS大友3~門司城合戦です^^


(ウィキペディアより~航空機内から撮影した関門海峡)

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

秋月種実17【勃発!毛利元就VS大友義鎮・1】

九州は火の国・神の国。

だから九州には神社に仕える社人が武家となって土着し、国人領主となった神社系武士団が多い。

彼らはキリシタンの布教を許可し、自身もキリシタンに傾倒する大友義鎮の支配を嫌った。

だが大友氏を嫌った北九州の国人たちが毛利元就に靡いたのは宗教だけが原因ではない。


毛利元就の強みは関門海峡の制海権を握っていたことだ。

関門海峡は潮流が激しく、21世紀の今日でも通過には水先案内人の乗船が義務づけられている難所だ。

その難所を毛利家は村上水軍を味方につけることでクリアし、北九州への派兵を可能にした。

と言っても関門海峡の元々の制海権は大内氏が握っていたのだから、毛利はソックリ継承したとも言える。

味方であれば頼もしい。だが敵であれば、いつ急襲を受けるか分らないという恐怖に晒される。

また北九州は毛利元就の前から長く中国地方の支配を受けていたので、文化・人的交流の面でも中国地方の方に親しみがあるという歴史的背景もあった

豊後(大分県)の大友義鎮が毛利元就(山口県)を倒すためには関門海峡という難題が横たわっていた。
(行けない訳じゃないよ。制海権の話ね^^b)

家紋・毛利
(毛利家紋ロゴ~ロン様☆作品)

主役の秋月種実・・実は分家です

以前、シオ的武家家伝~秋月氏でも触れましたが宗家は原田氏です。

一族で共通しているのが名前に種の文字が入ること^^b~種が目印、大蔵系氏族~

原田氏は長年、大内氏に仕えていましたが大内氏が滅亡すると毛利傘下になりました。

種実のダディ文種が大友から離反し、毛利傘下になろうとしたのは宗家と無関係では無いでしょう。

1557年にダディとママンが大友氏に攻め滅ぼされた時、宗家の原田氏も大友軍の攻撃を受け、原田宗家は嫡男と3男を大友軍に討たれてしまい已む無く降伏 _| ̄|○ がく
(3男は違う説もあるが気分でコッチを採択)

種実が落城した古処山城から脱出した後、毛利を頼ったのは原田宗家も大友軍に降伏してて、宗家のとこへ逃げられなかったからです^^;

1559年にリベンジして秋月領に戻った種実も、力及ばず結局降伏で宗家と同じく大友傘下です。

息子を殺された原田宗家と両親を殺された分家、秋月種実。
確かに助命され本城は保証された。戦国時代だから寛大な処置とも言える。
だが彼らは肉親を殺された怨みを忘れるほどの慰撫を大友氏から受けてはいない。

人物・大友宗麟
(一族の仇敵・大友義鎮/おおとも よししげ)

これは大友義鎮の出自にも関係があると思う。

名門・大友氏のプリンスとして生を受けた大友義鎮には国人領主の切なさ苦労は判らないし、また斟酌する必要がないほど大友氏には力があった。

だが、それでは大友氏の家運が傾いた時に国人領主は大友氏を見限ってしまう(現に後年そうなった)。

「外様の者に酒を振舞うときには、ただ下げ渡すのではなく、自分の前で振る舞い目をかけ恩を与える。これが御家安泰の秘訣である」(「葉隠」より鍋島様のお言葉)

まぁ大友氏は大友氏で名門であるがゆえの家督争いとかあって、それはそれで大変なんだけどね^^

とにかく国人領主にとって父祖伝来の土地が自分の物なのは当たり前のことで奪った相手が返してくれたからといって、それだけでは恩を感じないんです。

かといって原田宗家と分家・秋月種実が連携して軍事行動をとったとしても、大友氏にとっては「獅子の尾にたかるハエ程度のもの」だ。

大友氏を倒すためには同じだけの勢力を持つ毛利元就をぶつけるしかない。

家紋・秋月
(ロン様作成:秋月家紋ロゴ)

1561年 秋月種実(13歳)は大友氏から離反し毛利元就の傘下に入る。
秋月種実と家臣たちはタイミングを間違えば滅亡するかもしれない危険な賭けに踏み出した。

果たして思惑通りに大友VS毛利は実現するのか?

それは またの話 (* ̄∇ ̄*)

次回~勃発!毛利元就VS大友義鎮・2~さぁっ あちこち忙しくなるよ~~\(≧▽≦)ノ

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

秋月種実16【降伏】謀反ノススメ・五【一回目】

1559年、北肥戦誌曰く
「豊後勢は古処山を開き、佐嘉まで攻め入らんと欲し、8月28日に畠山まで陣を寄せた。」

秋月謀反1559年その2
題して「縮尺超デキトー~雰囲気伝われば(・∀・)イイ!」地図(爆

紫ライン~筑紫惟門の動き(秋月は籠城一筋)
緑ライン~大友・田北鑑生勢の動き

地図の番号は時系列順で豊後勢が山隈から畠山に移動したのが⑥
・・・なんだけど~~実は畠山の位置が特定出来なかったんです( ̄ω ̄A;アセアセ
検索でヒットするのは、かなり離れた位置の精肉店,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
だから⑥の方角に関しては、まぁ肥前or筑後方向に行った?かな?ってことで^^;

何で豊後勢が佐嘉を?
って言うと、1559年この時点で大友がバックアップしてた少弐氏が事実上、滅んでるからです。
肥前・・・特に東肥前の勢力分布が変化したため、台頭した龍造寺がターゲットになった。

龍造寺にしてみれば、こんなに早く大友の兵が動くとは想定外 アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ
同年、9月15日何とか和議を結んで事なきを得ました( ̄ω ̄A;アセアセ
この部分は少弐(やっと)滅亡と合わせて龍造寺隆信編の新シリーズで紹介しますね(^ -)---☆Wink

北肥戦誌曰く「(中略)大友勢は陣を返して筑前若宮庄の河底という場所へ陣を移し、古処山を伺い続けた。」

この動きが地図時系列⑦
雰囲気(だけ)地図を見ると一目瞭然の宗像エリアにあるのが「筑前若宮庄」です。
河底までは流石に特定不可( ̄ω ̄A;アセアセ

若宮町は市町村合併で「宮若市」に編成されました。
宮田町+若宮町=宮若市・・・地理音痴の道産子シオには紛らわしぃ・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ
で、旧若宮町地図が手に入らなかったんですが、宮若市内の学校・役所関連の場所から見るに鞍手郡・鞍手町寄りになるようです。
でもって鞍手郡・鞍手町はスバリ秋月エリア

宗像氏は、エリア内に大友軍勢が駐留されて、さぞ迷惑したことでしょう・・・( ̄ω ̄A;アセアセ

家紋・宗像 宗像家紋ロゴ

世間的な知名度は殆どなくて、戦国ファンの間でも立花宗茂の咬ませ役程度の軽い認識しかされかねない秋月種実。
ですが秋月種実がいなければ、少なくとも北九州戦国史は全く違ったものになる・・・と断言できるほどのキーマンです。

道雪・紹運・宗茂が、何者にも侵される事のない上質な絹の白ならば、
秋月種実は水墨画に施される薄墨のように、白にはない陰影の魅力がある・・・(人´∀`).☆.。.:*・
アニメ世代向けに判りやすいキャラで例えるなら「ガンダムの赤い彗星シャア」ポジション(管理人の思い入れ込み評価・爆)

「打倒大友」に関しては、ブレない・メゲない・諦めない
「打倒大友」のためなら、手段を選ばず・他人の迷惑は顧みない
「打倒大友」のためなら。時に膝を屈し、時に裏切る
「九州の役」で秋月が秀吉に逆らったのは、田舎者の夜郎自大ではなく「打倒・大友」の宿願を諦めきれなかったからではないでしょうか。

そんな秋月種実エリアと大友(道雪・紹運)エリアに挟まれた宗像氏は、もう気の毒としか(´;ω;`)ウッ
2ちゃんスレッド風に言うなら⇒【助けて!】大友への補償どうしよう?!【隣人がDQN】
って感じで宗像氏は秋月種実に振り回され続けます。
そして、その始まりが1559年、秋月種実・筑紫惟門コンビの謀反なんです。

さて、本題に戻って籠城に力尽きた古処山城は、筑後の田尻氏の仲介で降伏。
秋月が降伏したため、筑紫惟門も田尻氏を通じて降伏した。
筑紫がチャッカリしてるのは、降伏条件で旧領安堵を取り付けた事です。

秋月は筑紫の去就から、国人領主の戦い方を感じ取ったのではないでしょうか。
(肝心の筑紫は生粋の国人じゃないんだけど・爆)
秋月種実、大友への降伏1回目・・・次のチャンスは2年後なのだが、それは・またの話 by^-^si

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

秋月種実15【籠城】謀反ノススメ・四【一路】

実は討伐軍大将・田北鑑生が兵を何人召集したのか、シオレベルでは不明だったんです^^;
だから勝手に「下限6千、上限1万」と推測しました。

下限は、田北本人が引き連れている本軍の他に筑後衆が参陣するので、これより少ないってのはないかと。
上限は、過去の謀反鎮圧時における兵力を参照
補足として
・仮に1万以上~2万なら、謀反鎮圧は早期解決してるはず。
・田北の軍行動が兵力分散&多方面作戦をしていない。

後世の我々は諸史料&歴史の推移から、1559年に大友は最盛期を迎えた・・・と判断できます。
当時の人々にとっても、大友は仰ぎ見る巨木のような印象だったでしょう。
そんな大友に謀反しようなどという、ハイリスクを侵す国人は極々僅か。

旧領復活がかかってる筑紫惟門と、毛利の支援で御家再興果たし、このまま大友からの自立キープしたい秋月・・・くらいのものです。
特に秋月の「打倒大友」にかけての執念と情熱は生涯ブレることはありませんでした。(←そこに惚れた管理人)

1559年1月の秋月御家再興に反応したのは筑紫惟門だけだし、
筑紫惟門の旧領復活謀反に呼応したのも秋月種実だけ。

謀反飛び火の危険性が低いとなれば、田北は一辺に両方を相手にする必要はないんです。
どちらか片方を潰せば、片方は単独で謀反し続けるのは厳しく、いずれ立ち枯れる。

田北鑑生は、まず少年当主・秋月種実を擁する古処山城を包囲した。

秋月謀反1559年
題して「縮尺超テキトー、雰囲気伝われば(・∀・)イイ!」地図(爆

紫ラインが筑紫惟門の動きで、博多を襲い筑後で大友勢(筑後衆)を破ったとこまで記事にしました。
緑ラインがキング大友家臣・田北の動きで、今は古処山城を包囲なぅ~

筑紫惟門に呼応した秋月は「籠城」一択。秋月にしては芸がない。
それもそのはず、1548生年説を採択している本記事で、秋月種実は数えで12歳。
まだまだヒヨっ子で「学問ノススメ」ならぬ「謀反ノススメ」手習いちゅぅ~

よく秋月関連の話だと、毛利元就を参考にした(学んだ?)って感じの表現を目にします。
でも種実が周防にいたのは足かけ2年ほどしかありません。
むしろ、この1559年時における筑紫惟門の行動の方が、「生きた学問?」として、よほど参考になったんじゃないでしょうか^^

さて、当主は少年でも古処山城は要害です。
秋になっても落とすことが出来ず、さすがに豊後勢に疲れが出始めた。

そこへ筑後勢・田尻親種が陣替えを進言した。
おそらく「陣を移動する」という行動によって、局面が変化するのを期待したのだろう。
田北は進言を入れて「山隈(朝倉郡筑前町)」へ陣替えした。

局面は動いた。五箇山から筑紫が出撃してきたんです。
田代(朝倉市田代)で筑紫と豊後勢が交戦★★~だが決着がつかず、これまた不完全燃焼、要領を得ないまま筑紫は五箇山へ引き上げた。

モヤンとした状況に田北は「古処山城だけでなく、一気に肥前佐嘉まで攻めちゃえ!(・∀・)ピコーン★」
と思いつき畠山(場所特定困難)まで陣を進めたのだが、それは・またの話 by^-^sio

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

秋月種実14【討伐軍大将】謀反ノススメ・参【田北鑑生】

大友用語早わかり集
【同紋衆/どうもんしゅう】
大友家の一門&譜代家臣から構成されるエリート集団。
大友家の家紋使用を許可された事から「同紋」衆と呼ばれた。
ちなみに大友家の家紋を使用するって、当時は超ステイタスだったらしい。
【他姓衆/たじょうしゅう】
要するに外様で、国人領主たちです^^/
【加判衆/かばんしゅう】
大臣。江戸幕府風に言うと「老中」みたいなもん~但し大老のような非常時独裁権はないです。
【方分/ほうぶんorかたわけ】
研究者によって解釈が違うらしいが、ザックリだと「守護代」みたいなもん。


大友義鎮が討伐軍大将に選んだ同紋衆は、田北大和守鑑生。(※田北氏は譜代家臣)
1559年当時、田北は「筑後方分」の地位にある。
田北を選んだのは筑後衆を率いるのに都合が良い・・・だけでなくVS秋月のエキスパートだからです。

家紋・大友 大友家紋ロゴ

田北鑑生の生年が不明なのだが、推定で40代後半から50代前半。
諱に「鑑」の文字があることから判るように、大友義鎮の父・大友義鑑の代からの家臣だ。
単なる家臣ではなく、即金・・・もとい側近だったらしい。

「二階崩れの変(大友義鑑が襲われ、後に死亡)」による大友内部の政変を生き残るだけでなく、
大友義鎮の代で加判衆に任命され、さらには加判衆筆頭に位置するほど有能だったようだ。
その輝かしい職歴(戦績)で、最も光彩を放つのが「勢場ケ原の戦い(1534年4月6日)」における功績だ。

(諸情勢の経緯は相良編と龍造寺編で紹介してます)
亡き大内義隆が名将・陶興房に兵3000を託して、豊前から豊後に侵攻させた。
大友側総大将は、この時が初陣で血気に逸り先陣切って突撃し、陶勢に討たれてしまう。

総大将討死でパニックになった大友本陣を立て直したのが、田北鑑生(=^・ω・^=)v ブイ
田北は本陣の兵を自軍に回収するだけでなく「総大将の弔い合戦」と兵を鼓舞し、陶興房に決戦を挑んだ。
それが「勢場ケ原の戦い」です。
結果、陶勢の副将が討死、陶興房も負傷し周防への撤退を余儀なくされる。

筑後と肥後が不安定な上に、本国を脅かされた事で大友義鑑は北九州に介入するのを諦め、大内と和睦した。
この和睦で筑前の一部が大内から大友に割譲されまして、そこを足掛かりに大友は改めてジンワリ地道に勢力を広げるんです。

田北の活躍がなければ、大内と大友の和睦条件は相当不利に・・・
いや、それ以前に各地国人が大内に鞍替えて大友に反旗翻したかも( ̄ω ̄A;アセアセ

家紋・秋月 秋月家紋ロゴ

大友家臣でVS秋月というと、戸次道雪と高橋紹運が有名すぎて他が霞んでます^^;
その「霞んだ他」が、田北鑑生です^^;
1557年に秋月討伐で出陣した大友本軍は、道雪もいたけど田北鑑生もいました(臼杵も)
この秋月討伐時の功績で田北は「筑後方分」に任命されたの^^b

1559年の筑紫・秋月討伐で出陣した田北鑑生。
シオ的推定兵力は6千~1万、それは・またの話 by^-^sio

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
546位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
93位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR