FC2ブログ

【鶴田氏~3・波多氏との対立】

兄・直が謀殺されたのを知った弟・鶴田前(すすむ)は、岸岳城を攻めたが要害堅固な岸岳城を落とす事は出来なかった。
が、この時の果敢な攻めにより、鶴田越前守前の武勇は一気に松浦党の知る所となり、御家騒動で衰退した波多氏に代わって頼みとされるようになる。
つまり平戸のドン・松浦隆信が、ダイレクトに鶴田氏に接触するような立ち位置になるんです^-^

鶴田宗家は、直と前の弟・勝が嗣子となって継いだ。
直には息子が二人いたのだが、直は若くして謀殺されてるので、未だ幼かったんでしょう。
鶴田氏の実質的な惣領は鶴田前だったらしく、鶴田勝は前回話した「直道=連絡ルート」を使い、大小何事も優れた兄と相談してたようだ。

1564年(永禄7)暮れに日高喜(このむ)が謀反を起こして岸岳城を奪い、波多未亡人・真芳と有馬から迎えた新当主・波多鎮をo( ̄Д ̄θ★ケリッ! と城から追い出した。
これは喜の父・日高大和守資(もとし)を未亡人・真芳が邪魔ものとして毒殺したからと言われてるんですが、詳細はハッキリしてないそうです(一次史料で検証するまでに至ってない)

未亡人・真芳と波多鎮は草野氏を頼って亡命しました。
で、波多氏リサーチでは武家家伝サイトに紹介された話に準拠したんですが、これ実は真偽ハッキリしてません。

通説だと日高&鶴田が岸岳城を占拠し、やりたい放題して義憤にかられた有浦が有志を集め波多鎮復帰運動した~
って流れになってます。
ただ仁徳を慕われた鶴田前(すすむ)の性格を考えると、弟(鶴田本家当主)勝が暴慢な振る舞いするのを看過するタイプじゃないんだよな~

鈴木先生の論文ですと、波多復帰運動してたと言われる有浦氏の「有浦文書」では、日高と鶴田が岸岳城を占拠してるような記述が見当たらず。
そもそも波多鎮が岸岳城に帰還するのを、日高と鶴田が反対してるような雰囲気もないらしい。

年不詳ですが有馬義純・義貞が連著で有浦に対し書状を送ってます。
ぶっちゃけた内容は「ゴルァ!!!(# ゚Д゚)・;'.波多鎮が岸岳に戻れるように取り成せ!」と圧力かけてるんです。

かつて有浦氏は未亡人・真芳の勘気を蒙り出入り禁止・所領没収されてた時期がありました。
それを獅子ヶ城・鶴田前(もしくは亡き鶴田直)が取り成し従前通りになるように計らったそうです。
ですが、波多と鶴田&日高が対立した時に、有浦は鶴田に味方せず騒動から距離を置きました。
このあたり有浦氏は心中モヤモヤがあったのかな~って推測してます。

鶴田氏から受けた厚意を公式に「御恩」としてしまうと、有浦氏は鶴田氏の下風にたつことになりかねません。
このあたりが同族による連合体の難しさでしょう。
有浦氏が今まで通りの立ち位置をキープするには、波多氏という総領を戴く必要があるんです。

そのあたりの空気を、有馬氏に見抜かれてしまい、書状で圧力かけられた。
それで有浦は波多鎮を迎えるべく働きかけた・・・てのが真相に近い気がします。

この波多氏のゴタゴタに、平戸・松浦隆信が大いなる関心を抱いたのは言うまでもないだろう。

人物・松浦隆信 松浦隆信イメージ画像

1570年(永禄13)3月24日、松浦道可(隆信)・鎮信親子が、鶴田因幡守勝(日在城・鶴田本家)宛に出した起請文がある。
1)後藤貴明に同心し、波多鎮については帰還なくば鶴田勝に今後無沙汰はしない事
2)波多鎮とは今後入魂にはならないと約す


反波多(=反有田)として、平戸・松浦と両鶴田が同盟関係となったんです。

1573年(元亀4)3月吉日、日高喜(このむ)が一族と連著し両鶴田氏宛に起請文を出す
両鶴田と日高間で友好関係を結ぶこと
両鶴田・日高氏、共に波多氏に与しないこと


鈴木先生は、もともと同盟関係だった両家が改めて起請文を出したのは、龍造寺による松浦地方侵攻が現実のものになってきたからと解釈してます。
自分も同感です。
日高喜は花押だけでなく血判もしてます( ̄ω ̄A;アセアセ

龍造寺のターゲットは今山合戦で大友方についた、波多・鶴田・草野の三氏。
波多と鶴田が対立せずに連携してたら、歴史は違ったでしょうか。
龍造寺の侵攻が本格化するにつれ、龍造寺に対抗する勢力間での起請文の数が急に増えだすのだが、それは・またの話 by^-^sio

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【鶴田氏~2・「両鶴田」誕生】

上松浦最大勢力である波多氏から派生した支族・鶴田氏。
松浦党なんで、もち一文字諱^^b

鎌倉時代、元寇での活躍により佐里・泊・牛牧などの所領を安堵される。
南北朝~室町期の動向はハッキリしておらず、松浦党一族として一緒に行動してたんじゃなかろうか~
と推測されてます。(松浦党そのものは北朝方)

1494年(明応3)、少弐政資が筑前高祖城を攻撃した時に、惣領家波多氏、相知・有浦らと共に、鶴田氏も少弐氏の求めに応じて出陣してたそうです。

記録としてハッキリしだすのが天文年間で、鶴田因幡守伝の代です。
ちなみに鶴田氏宗家が継ぐ官位は因幡守^^b
伝には5人の息子がいました。

で、日在(ひあり)城主・大川野氏に後継者が絶えて、伝の嫡男・直(ただす)が大川野氏姫と婚姻し日在城を継承した。
嫡男を婿養子?かと思いきや、そうではなくて鶴田氏は拠点そのものを日在城に移したんです。
どうやら大川野氏は鶴田氏に乗っ取・・・ゲフゴホ・・・吸収されたみたい^^;

松浦党では、少弐だったり千葉だったり龍造寺だったり、とにかく東肥前の勢力が度々侵攻してくるのを防ぐため、
協議した結果、廃城だった獅子ヶ城を防衛拠点として再構築する事になった。
これが後に「両鶴田」と呼ばれた日在城・鶴田(宗家)と獅子ヶ城・鶴田(分家)誕生の経緯です。

獅子ヶ城を再築城して入ったのは、「仁・智・武」の三徳を兼ね備え、龍造寺の侵攻を度々撃退した勇将・鶴田越前守前(すすむ)
(人´∀`).☆.。.:*・ (人´∀`).☆.。.:*・ (人´∀`).☆.。.:*・
これ依怙贔屓のオーバーな表現でなく、前(すすむ)の仁政を恋しがった領民が、彼の死後に鶴田氏を祀る鶴田神社を建立したほどです。

獅子ヶ城(唐津市厳木町浪瀬)は、標高193mの低い山に築城されてるんですが、周囲が物凄い断崖絶壁。
二の丸周囲なんかは「垂直に切り立った岩」に囲まれてました。( ̄ω ̄A;アセアセ
この天然の要害に龍造寺は剛忠(家兼)の代から、てこずってます。

人物・剛忠小 久々に出たけど負ける話に渋い顔な家兼

例の少弐の龍造寺抹殺計画で、少弐は偽りの有馬討伐(実は裏で有馬と組んでた)を剛忠(家兼)に命じます。
で獅子ヶ城が裏切ってるからと偽情報を流し、龍造寺勢に攻撃させました。
獅子ヶ城は、いったん落ちるけど、即・奪い返され~と、中々落とせないので、龍造寺勢は兵を分散し波多の岸岳城や鶴田の日在城を攻撃しようとします。
で、兵力分散したところを波多に前後を挟み撃ちされて、龍造寺は一族を多数討ち取られました。

とにかく少弐&有馬が「龍造寺の勢力を削ぐための囮城に使おう(・∀・)ピコーン★!」と思いつくほど、獅子ヶ城は要害だったんです~川* ̄д ̄*川ポッ 

ちなみに龍造寺では、獅子ヶ城の「一度は落ちるけど奪い返される」を隆信の代でもやられてます^^;
天然の要害だけに、獅子ヶ城には鶴田一族しか知らない秘密の抜け道があったんじゃないでしょうか。

秘密の道と言えば、鈴木敦子先生の論文によると、宗家鶴田の日在城と分家鶴田の獅子ヶ城には「直道」と呼ばれた連絡ルートがあったそうです。
「鶴田勝書状」には「平山(地名)まで遣い出すなら直道通すね~」てな感じで書かれてて、連絡ルートは日常的に使われてたそうです。

獅子ヶ城と日在城は直線距離で約7km離れてるんですが、この連絡ルートにより宗家と分家は「両鶴田」と称されるほどの緊密かつ一心同体として行動を共にしてました。

その「両鶴田」が盟主&総領家である波多氏と離れ、独自の外交路線を歩むキッカケが、
波多未亡人・真芳による鶴田宗家当主・直(ただす)謀殺だったのだが、それは・またの話 by^-^sio

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【鶴田氏~1・松浦(まつら)最前線】

ふんふんふん~♪浮かれてます。

今まで書いてなかったけど、実は松浦党のなかで自分が一番好きなのが鶴田氏なんです 川* ̄д ̄*川ポッ 
動機は例によって単純で「獅子ヶ城」のネーミングセンスが(・∀・)イイ!
そういう意味では草野氏の鬼ヶ城も悪くない・・・ゲフゴホ

とはいえWEB上では鶴田氏のデータが少なくリサーチを断念してたんですが、
伝手で論文~鈴木 敦子著「肥前東松浦地域における国人領主鶴田氏の動向」が入手できたの~(*´pq`)ウフフ
まだ脳に浸透しきってないですが、頑張ってまとめてみます。




さて松浦党が上と下に別れてるのは何度か書きました。
下松浦でブイブイいわせてるのが、交易でガッツリ&宗家を圧倒する実力の平戸・松浦氏。
上松浦で、衰退する松浦宗家を支え、交易でガッツリ~盟主として頭角を現したのが波多氏。

鶴田氏は波多氏から派生した一族で、波多氏重臣です。
ただし単なる家臣ではなく、自立した勢力として単独行動もします。

これは鶴田氏に限らず、国人領主の連合体としては全国どこでもある、ごく一般的な事です。
例えば、神代氏が盟主の山内26豪族で最大勢力である杠(ゆずりは)氏は、単独で少弐氏や肥前千葉氏から領地安堵を受けてます。

山内勢が26豪族なのに比して、松浦党は53氏と二倍の規模でして、シオが何処から手をつけたら良いのか涙目になったのは御理解いただけるかと思います。


話変わって龍造寺が西肥前を攻略する場合、初めに突破しなければならないのが六角川防衛ライン。
そこは馬渡氏と須古城・平井経治が護ってましたが、その平井経治と同盟してたのが、武雄の後藤貴明です。
その武雄・後藤貴明と同盟してたのが、平戸の松浦隆信でした。

防衛ラインの外交関係を簡単に書くと↓
馬渡氏←(偏諱)←平井経治←(政略結婚)←後藤貴明←(養子縁組)←平戸・松浦隆信

ここで話が複雑になるのは「馬渡~平井までが有馬サイド」で「後藤から平戸松浦が反有馬サイド」な点です。
これに松浦党の宗家と分家(平戸)の争いが絡み、有馬との複雑な縁戚関係により人間関係ドロ沼です^^;
そんな彼等を協力させていたのは、ひとえに「VS龍造寺」という共通項。

で、その龍造寺が六角川防衛ラインを突破し、松浦地方を攻略しようとすれば、最前線となるのが鶴田氏(と草野氏)でした。
平戸の松浦隆信は複雑な縁戚関係とは無関係で、かつ松浦党53氏全体にとって重要拠点の護りを担う鶴田氏に接触。
鶴田氏は平戸・松浦隆信と武雄・後藤貴明との仲介というキーパンソンの役割をしてます。

これは盟主である波多氏の頭越しに、鶴田氏が独自の判断でダイレクトに行ってる外交交渉でした。
波多氏と鶴田氏が揉めたのもあるんですが、それ以上に龍造寺隆信からの圧迫が強くなってたからです。

龍造寺の侵攻を度々防いでいたレオン・・・もとい獅子ヶ城は、実は鶴田分家^^b
鶴田宗家は日在(ひあり)城で、実は侠客元祖・幡随院長兵衛は鶴田宗家・家臣の子だったのだが、それは・またの話 by^-^sio

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【波多氏~陸(おか)の松浦党・後編】西肥前強化期間リサーチ9武家目

宗家に、有馬からの養子に、波多に・・・親(ちかし)多すぎ!!
これだから一文字諱ってやつは・・・・ブツブツ


実弟系譜に男子がありながら、未亡人のゴリ押しで有馬から養子を迎えた事で、波多氏は家中が二分する。
さらに上松浦一族全体が、有馬から養子を迎えた事に猛反発した。

1564年(永禄7)未亡人真芳は、反対派の中心は日高大和守資であろうとして、資を城中で毒殺。
実は松浦サイトによると1556年に平戸・松浦隆信が、波多の岸岳城を表敬訪問してるんです。
更に1559年にも松浦隆信が岸岳城に訪れ51日間滞在し、日高資と喜親子と交友してました。
未亡人真芳は、平戸・松浦が動いた事で日高が何事か企んだと思い、先手を打って日高を殺したんじゃないでしょうか。

案外、波多氏内部を更に揉めさせるのが目的で、平戸・松浦隆信は岸岳城に長期滞在したのかもだな~
松浦党最大の勢力だった波多氏が宗家サイドである限り、平戸は宗家攻撃に踏み切れなかったからです。

さらに未亡人真芳、家中を掌握するため、重臣から人望を集める鶴田直を取り除くことを企てた。
同年、今度は鶴田直を岸岳城に招きその帰途を急襲して殺害する。


くどいようですが、1562年(or1563年)に、有馬が龍造寺に敗れた事が各方面に影響したんです。
以前のように実家の勢力を背景にしづらくなって、未亡人真芳は焦ったのだと思います。

ですが、鶴田氏まで殺ったのは、やりすぎ・・・( ̄ω ̄A;アセアセ
もしくは禍根を断つために、いっそのこと日高息子・喜も殺るべきでしたな ( ゚Д゚)y─┛~~
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル・・・重臣の有浦氏は、この状況に耐えきれず岸岳城からトンズラ。
(有浦は未亡人から勘気を蒙り所領没収されたとか^^;)
(没収時期は鶴田殺害前だとか、史料によってゴニョゴニョ~)

一方、毒殺された日高の嫡男・喜は、以前と変わらぬ風情で出仕してたそうです。
で、未亡人真芳が油断した頃に、当主を殺された日高・鶴田がタッグを組んで反撃!
まだ若年だったらしい波多鎮(後の親)は、岸岳城を追放された^^;

人物・波多親2
(色々御苦労な人生の波多鎮(=親)家紋別バージョン)

日高喜は鶴田を上松浦の頭領として祭り上げ、勝手横暴専横の振る舞いをする。
鶴田は閑居してた有浦に「コッチに味方したら、有浦を≪安堵・して・あげる≫」よ~」と誘いをかけた。
頭領面して上から目線で言われた有浦は「わが家と鶴田は本来同格!カチーン★(-ω-#)ビキビキ」となった。
有浦大和守高は「事、ここに至っては下野守鎮(=親)を当主とするのが筋である(`・ω・´)キリッ」と値賀・青山らによびかけ、波多鎮復活運動を開始。

1569年、波多鎮(=親)は龍造寺&有馬の支援を受けて岸岳城に復帰する
武家家伝サイトでは「岸岳城を占拠していた日高喜を壱岐に追い出すことに成功したのである」とあるが、
シオは逆だと思う・・・日高を壱岐に逃がすべきじゃなかった。

1472年に波多氏が壱岐島を支配下に治めた時、初期の壱岐代官は日高一族だったからです。
地の利・人脈・胆力もある日高喜は、たちまちのうちに壱岐島における波多勢力を駆逐し占拠。
交友のあった平戸・松浦隆信配下となる。

波多鎮は、数年後に日高ら残党派と何とか和睦するんですけど、一連の騒動・戦で波多氏の勢力は大きく減退しました。
若年で御家騒動に巻き込まれた波多鎮(=親)には、本当に同情します(´;ω;`)ウッ
散々引っ掻き回した未亡人真芳の没年など、その後はシオレベルでは不明です。
まぁ波多鎮から見れば義母なので、最期まで粗略にはされてないでしょうね。

波多鎮は、岸岳城復帰に尽力してくれた一人である青山采女から妻を迎えていました。
ところが龍造寺隆信からの圧力で悲劇がおきるのですが、これは本編で紹介しますね^^

波多鎮は龍造寺隆信から偏諱を受けて、一時期「信時」と名乗ってて「親(ちかし)」に改名したのは、その後のようです。
従五位下三河守任官は秀吉から推挙された正式なものです(天正16年)。
もちろん波多一族の力を、来たるべき「唐入り」に利用する為だったんですが、波多親はイマイチ理解してなかったっぽい。
龍造寺との時も味方になったり敵対したりとフラフラで、どうも決断力に乏しい性格だったようです。

波多氏は上松浦衆の頭領・・・いわば山内の英雄・神代勝利の海バージョン。
こういう○○衆の頭領って、神代勝利公のように個人的カリスマがあるか、大きな後ろ盾があるかでないと纏めるのは並大抵の事ではありません。
ましては波多親は、他家からの養子なんです。

波多親のブレは、頭領として一族をまとめる事の困難さの表れでしょう。
波多氏の没落で上松浦衆諸氏も離散の憂き目となります。



さて、ほんとの事を言いますと、やりだせばキリがないのがリサーチです^^;
佐世保戦国史や隠岐島などなど多数あり、自分のリサーチは極一部なんです。
が、有馬と大村関連の欠落が多いだけでなく、各武家も不明な点が多いため全体の流れを掴む程度で留める事にしました。

一つ言えるのは、西と東の戦国が大きく交差し始めるのが、現在中断してる佐賀戦国史本編の1562年(or1563年)有馬VS龍造寺だと言う事です。
少弐氏が衰退した事により、東肥前で台頭したのが龍造寺で、西肥前で台頭したのが有馬氏です。
東西決着は「沖田畷の戦い」になるのですが、それは・またの話 by^-^sio




テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【波多氏~陸(おか)の松浦党・前篇】西肥前強化期間リサーチ9武家目

西肥前リサーチ一応これでラストぉ~~自分、ガン( ゜д゜)ガレ

まず松浦党(53家)のザックリとした区分け~
・上松浦~佐賀県側
・下松浦~長崎県側(一部佐賀県にまたがる)
(上下の区別基準は、京都に近い方が上、遠い方が下)

で、上松浦で松浦党最大の勢力だったのが、波多氏。
松浦党=水軍のイメージだが、実は波多氏エリアは海に面してない為、港がない。

本城:岸岳城(佐賀県唐津市北波多稗田)
・・・・実は、ここ・・・知る人は知る超心霊スポット・・・(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
遊び半分で遺構を訪問しないようにね!(-人-)☆彡

岸岳城は標高300mの岸岳山頂にある連結式山城。
岸岳は非常に峻厳な山ですが、現代では道路整備されてるので遺構まではスンナリ行けます。
で、日常の居城としは2kmほど離れた波多城を使ってました。

他の港を持つ松浦党が交易で利潤をあげてるのにひきかえ、
エリアが内陸の波多氏は、思うように分け前が手に入らなかった。

1472年(文明4)波多氏は隠岐島を襲って支配下に治め、隠岐島(←え?)を海外交易の拠点として・・・
データ見間違い壱岐島(長崎県)だ!,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
ゲホグホ・・壱岐島を海外交易の拠点として財をなし、上松浦地方の首領と仰がれるまでになる。

波多氏の系図は色々混乱してて、見れば見るほど判らなくなるという状態^^;
とにかく波多氏が最も勢力あったのが、下野守興の代。
1518年、宗家・松浦親は波多興の娘を正室に迎え同盟関係となる。

波多興の跡目は盛(さこう)が継ぎ、盛は後室に有馬晴純の娘(or孫)真芳を迎えていました。
つまり宗家・松浦は、有馬(養子縁組)波多(有馬の姫と婚姻関係)と二重三重に同盟関係を強化して、平戸・松浦に対抗してたんです^^b
この関係に綻びが出るのは波多氏からでした。

1547年(別説有り)実子がないまま波多盛が没した事から御家騒動となる
未亡人真芳押し~実家である有馬晴純の孫藤童丸(後の親)
波多一族~~~~亡き盛の弟・志摩守の息子3人のいずれか

1557年、未亡人強行突破~藤童丸を独断で後継として岸岳城に迎える。

人物・波多親(大人の波多親)

元服した藤童丸は大友義鎮から偏諱を受けて、「波多下野守鎮(しげし)」と称し家督を継いだのだ、それは・またの話 by^-^sio

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR