【相良義陽69_大口落城】

大口落城に関しては戦況の詳細は残っていない。

「菱刈史」によると島津軍の攻撃は、永禄12(1569)年8月18日とある。
現代の論文や論考じゃないから、何を参照したか書いてないんだよ~il||li _| ̄|○ il||l

ん~~時代を感じさせる勇ましい熟語が連なってるが、要するに相良&菱刈は大口城で籠城戦になったようだ。
相良が大口に援軍を送らなかった理由は分からない。
とにかく援軍のないまま籠城すれば心も折れるし、矢玉も糧秣も尽きる。

9月20日(菱刈史では9月2日)相良&菱刈は島津に降伏開城する。
どっちが正解かは相良家文書にも残ってないので分からん(==;)
だからウィキペディアにも落城した年度しか記載がない(*´pq`)

9月18日、降伏した菱刈隆秋は甥で16代当主の鶴千代(重広)を島津へ人質として差出し,自身は相良家臣となった。
日付が前後してるから菱刈史の方が正解かな?
でも人質出すまで間が空きすぎてる気もするし~分からんわ・・・ポリポリ(6 ̄_ ̄)

改めて、菱刈隆秋は菱刈15代当主の兄弟です。
家督を継いだ重広が幼少だったために、後見人として采配を振るってました。

「菱刈史」では大口城側からの人質として相良帯刀(誰?^^;)と深水太郎左衛尉(誰なの?^^;)を、
島津側の人質として鎌田刑部左衛門(政年の子)と本田新助(氏名以外不明)を出して大口城は島津に明け渡された。
この時点では16代・菱刈鶴千代(重広)の動向は分からないが、最終的には身柄は島津へ引き渡されている。

実は「菱刈史」では、菱刈隆秋と相良義陽が大口城から出た。
って書いてるけど相良義陽とあるのは激しく間違ってる,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

秀吉の「九州の役」で新納忠元が降伏を拒み粘ることで知られる大口城ですが、新納が城主となるのは相良と菱刈が降伏した後から^^b
菱刈氏が降伏したので「島津の前⇒菱刈の城」とあるのが多いですが、大口城は相良領~*人 ̄▽)♪
ただ大口城の来歴は複雑でして、菱刈と相良の両属する側面もあったようだ。
とにかく、この降伏で相良家は大隅における所領を失った~><;アウチ☆

菱刈家は相良家臣系と島津家臣系に分裂するのだが「菱刈史」では(おそらく島津家臣であろう)菱刈太良が湯之尾田中に灌漑工事を施し新田開発に尽力したそうだ。

永禄12(1570)年1月5日、国衆の渋谷一族降伏。
ついに島津家が薩摩を統一する


日本の戦は将棋に似てる。
敵BOSSを倒した後に、生き残った家臣・兵卒は自分の駒として使うからです。

薩摩・大隅の国人領主を次々倒した島津宗家。
主を失った豪族たちは島津宗家に帰属し、結果として島津宗家の動員兵力がアップする。

敵の抵抗が激しいと逆に損耗するけど、国衆の場合は玉砕するまで戦うって稀でして、
たいていは適当なとこで妥協して降伏します^^b生き残り優先ネ

4月23日に元気・・・もとい元亀に改元。
同年6月?日~関ヶ原で名を残すイケメン・島津豊久が生まれる~ヾ( ̄・ ̄*)))チュ♪

同じく6月24日、相良家と島津家が、加久藤と大畑の国境で和睦の起請文を交わす。
これは義陽⇒島津への起請文だったらしい。
相良家文書によると義陽の起請文に対し、島津は7月6日に起請文を出している。
ちなみに島津義久の起請文は永禄13年になっており、まだ島津には改元の話が伝わってないのが興味深い(・∀・)ニヤニヤ

元亀元年(1570)年7月~8月にかけて、島津~相良間の往来があったらしく複数の書状が相良家文書に残っている。
3度目の正直の和睦なだけに、両家は未だ緊張状態にあったのだろう。
まだ読み下してない(´;ω;`)ウッ

とにかく伊東義祐が凹んで浮上してこないんで、相良としてもどうしようもない^^;;
戦国は元亀・天正年間が大きな分岐点となるのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【相良義陽68_伊東家の落陽】

永禄年間(1560年代)後半・・・日向の伊東家は全盛期だった・・・( ̄  ̄)トオイメ。。

永禄12(1569)年、日向・伊東義祐は、傀儡当主(義祐の娘婿)を擁立した北原家の本貫地・真幸院に対し、自らが領地宛行状の発給を始める。
この公儀権確立を持って、日向国の殆どは伊東義祐の手中になったと言える。 

相良+伊東VS未だ力が分散してる島津。

この状態のままであれば、島津は力尽きてしまうか、そこまで至らずとも、後年の飛躍は無かったかもしれない。
だが、運命の歯車は島津のために動き出した。

永禄12(1569)年7月11日、伊東義祐の嫡男・義益(よします)が病のため亡くなる。
伊東義祐の傲慢・奢侈な生活は家臣も眉を顰め、領内でも袖を引き合い笑っていたのだが、
にもかかわらず内部がまとまってたのは、死んだ義益の存在が大きかった。

穏やかで家中から慕われる期待の後継者・義益。
義祐と義益の親子二頭政治でとれていた家中のバランスが崩れ、それはそのまま伊東家繁栄の崩壊となる。

実は伊東義益は次男です。

長男は天文17(1548)年に僅か9歳で夭折してるんです。
義祐は哀しみのあまり出家し(在俗のまま法体姿になる)「三位入道」と名乗ってたの。
日向編でも相良編でも便宜上「義祐」で通してたんだけどね^^;

9歳の子供が死ぬのも辛い・・・だが立派に育った後継者を失うのも比較出来ないほど辛い・・・

伊東義祐の精神(こころ)は二度目の不幸に耐えられなかった・・・
もともと禅宗にハマってたのだが、息子の死で増々のめりこむようになり、
諫言する家臣は遠ざけ、周囲をイエスマンで固めて「裸の王様」になる。

同年8月20日、政(まつりごと)への情熱を失い傷心の伊東義祐はVS島津用の桶平城を撤収してしまう。
ミリタリーバランスが崩れ伊東からの圧力が減った分、島津が息を吹き返した!

家紋・島津
ロン様作成:島津家紋ロゴ

同年9月20日、島津軍の攻撃に大口城が落城するのだが、それは・またの話 by^-^sio

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【相良義陽67_激突・相良VS島津】

自分が大正時代に書かれた「菱刈史」を史料とするのは、地元の郷土史家が著者だからだ。
まだ地形が変化してない現地の様子、子孫を探しての取材、そこには相良側にないデータがある。
無論、間違いもあるが、それは相良側のデータを用いることで十分補正可能だ。

さて「菱刈史」によると、島津義虎が退去した羽月城に、市山城にいた新納忠元(&肝属弾正)を入れた。
そして城主がいなくなった市山城には、島津四兄弟末弟にして天才の呼び名が高い島津家久が入ったそうだ。

和睦も整い島津が安心したところで相良が島津を裏切った。


そもそも日向で戦線膠着状態、大隅では手打ちしましょー、っていう二重状態が変だったのだ。
裏切ることで相良は島津を敵とする外交方針一本に絞ったとも言える。
やられる島津は堪ったもんじゃないけど^^;

永禄12年5月~大友軍は毛利軍とガチンコ~半年以上のロングラン対峙戦(内、一番激しいのが多々良浜の戦い)に突入
(肥後守護職なんだが、それどころではない大友宗麟)

同年5月6日~大口城在番の相良軍が島津家久軍に敗れる

相良家臣には変わり種というか兵法者(剣術)がいまして、知名度がイマイチ不安な丸目蔵人さん。

タイ捨流剣術の創始者でして、後年の弟子には立花宗茂いるし、やっぱ後年ですが島津も示現流に替える前はタイ捨流剣術が御家流だったんです。

色々面白逸話がある人でして「相良忍軍を作って活躍した」という荒唐無稽な話も家伝にあるらしい。

その丸目さんが若い頃、京都で修業して兵法者として名を上げて相良へ帰還~意気揚々と大口城に後詰めとして入った。

だが対するは島津四兄弟の末弟島津家久。

家久勢1000は菱刈から落とした10の城の交替要員 & 荷駄隊を装い、丸目らは偽装に気づかぬまま荷駄を奪わんとした。

だが赤池長任家臣の小田八郎右衛門が丸目を制した。

小田「あれは囮ではないか?城を出るのは控えた方が良いのでは?!」

だが自信満々の丸目は聞く耳をもたない「御主は生き延びて奉行にでもなるが良い。我らは死など恐れぬ!」

丸目さんはアレだな。
名選手、名監督にならず・・・タイプなんですな( ゚Д゚)y─┛~~

出撃は重臣の深水頼金も制止したのだが、丸目はそれさえも振り切った。

こうして丸目蔵人の指揮の下、城外へと誘き出された相良勢は、島津家久の伏兵に取り囲まれ全滅の危機に瀕する。

そんな丸目の危機を救ったのは、最初に引き留めた小田八郎右衛門。

敵軍に突撃し丸目達が逃げる時間を稼ぐが、そこで討ち死にしてしまった。



家久に敗退したとの報告が人吉に届いた際、小田八郎右衛門の生死をその父・小田加賀守が義陽に問いました。

急報の戦死者の中に八郎右衛門の名はなかったのですが、

小田加賀守は「これ程の大崩れならば恐らく生きておりますまい。・・・されど、我が子とはいえ八郎は武辺の者なれば、敵陣近くまで攻め入り討ち死にを遂げておりましょう」と述べます。

後日、八郎右衛門が実際にそのように討死していると判り、義陽はここまで理解し合える親子愛を羨ましく思い涙を流したそうだ・・・ダディ晴広を想ったのかもです。。(ω・`))シンミリ

命からがら人吉に逃げ帰った丸目蔵人だが、相良義陽は大敗の責任として蟄居3年を命じるのだった。

よく蟄居で済んだな( ̄ω ̄A;アセアセ

「菱刈史」によると家久と戦ったのは菱刈隆秋になっている。相良側のデータが入手できなかったのだろう。
家久側の兵力の記載がないが、荷駄の移動を囮にしたのは同じ。
ただし・・・・作戦実行は家久単独ではなく羽月城の新納忠元と協力したもの。
合図の法螺と共に菱刈(ホントは相良の丸目さん)は、新納と家久に前後から挟撃されフルボッコ!
そりゃ全滅するわ(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

菱刈史著者には史料として複数の底本があったらしく、戦死者は136人とも300余人ともある。
実数としては「菱刈史」の方が近いのではないだろうか。
地名が文字が潰れて判読不能il||li _| ̄|○ il||l

とにかく判読不能現地には戦没者の首塚があり、著者の生きた大正時代までは盆になると僧侶が鎮魂の読経をしていた。
首塚に近い土地に、耳切り又は鼻切りと呼ばれた村があったと言う。


島津に大敗し旗色が悪くなってきた相良と菱刈。
徐々に盛り返した島津は遂に大口城を落とすのだが,それは・またの話 by^-^sio

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【相良義陽66_和睦or交戦?二転三転】

永禄11(1568)年家臣(前立花・一万田系高橋)と、国衆(秋月・城井・宗像・長野・千手)の謀反で大わらわの大友家ですが、伊東と島津もヒートアップっぷ~~

同年8月中旬~相良と伊東とで「島津を挟み撃ちする作戦」を決行。

だが猛将・島津義弘に見破られ
(情報のリークがあった。参照;日向:大河平編
伊東軍と島津軍は睨み合い~| 本陣 |_ ̄)じー

相良軍も大明寺塁(北原家の城⇒相良軍が落とす⇒島津奪い返した「らしい」~詳細資料無し)にて阻まれた。

伊東義祐は止む無く桶平城を築いて島津軍に備える。

この前後に島津から奪った飫肥城に、伊東祐兵(義祐3男)が城主として入ってます。

永禄11(1568)年12月31日~島津日新斎ジーちゃんが77歳で死亡
永禄12(1569)年1月20日~島津家が相良家&菱刈家に講和を求める

実は講和を奨めたのは、亡き島津日新斎で、もしかしたらの遺言?

ジーちゃんは「島津側は大口攻めでの痛手があり、相良側も長陣に依る疲労と倦怠感があるだろうと」と提案した(らしい)。

そこで野田感応寺の和尚を相良側に派遣し、山野という地域を割譲するとしました。これに相良も喜び和談となった。

「菱刈史」によると、永禄11年5月の段階で、
島津貴久が相良義陽に対し、山野を譲渡するのを条件に菱刈への加勢を止める旨の約定を交わしたとあります。

大口で山野というと伊佐市大口山野。
これまた「菱刈史」によると島津が分家筆頭の島津義虎に与えていた土地だったそうです。

ただ義陽は、その後も島津に反抗する菱刈を支援しており、この「菱刈史」にある和睦話は一旦は白紙になったんじゃないでしょうか?
もしくは島津義虎が和睦条件の土地割譲にゴネたとか?( ̄ω ̄)b

大口城そのものが相良の在番兵が常駐しており、そこに逃げ込んだ菱刈と相良は国衆と上位者の関係。

分かりやすく今年の大河で言うと、井伊が菱刈で、今川が相良みたいな関係^^

頼れる上位者・相良としては、あからさまに菱刈を見捨てるのも(-ω-;)ウーン・・・
でも、このままだと島津と相良の全面戦争(-ω-;)ウーン

日向(ひゅうが=宮崎県)では島津を裏切り伊東と共闘したまま膠着状態。
この上、大隅(おおすみ=鹿児島県)と二つの戦線で島津とガチンコになるのは・・・(-ω-;)ウーン

それで義陽の外交姿勢がブレまくったとも言えます。
でも、それは島津も同じで、日向では伊東と。大隅では菱刈や国衆の謀反と複数の戦線を抱えている。
共通項は支援者が相良!

で、永禄12年に戻る。
同年1月24日~島津と相良が正式に和睦した
さらに1月末に和睦が整ったのを祝し、馬越城(菱刈家の城を島津が落とした)で祝宴が開かれた。

歓待を受けたのが、深水頼金・東長兄・犬童頼安~と相良家の重臣たち。

接待したのが知ってる人は知ってる島津家臣の鎌田政年です^^



島津が胸を撫で下ろしたのも束の間・・・「事件」が起きた。

同年の3月~島津義久(16代目当主)は使者として、蒲池越中守に十七人の従者をつけ平泉の城へ向かわせた。

(※15代目島津貴久は隠居して家督を長男の義久に譲ってます^^)

ところが相良義陽の家臣、深水頼兼が兵百を引き連れ、使者を襲い討つ。

これに激怒した島津義久であるが、菱刈氏と相良氏の連合軍は既に、大口城に集結して島津軍を待ちうけていた。

そのうえ、羽月城に詰めていた島津義虎(分家筆頭で義久の娘婿)は単独で相良・菱刈連合軍を相手にするリスクを恐れ、病気を理由に羽月城を退去し、本拠地の出水に帰陣しちゃったの。_| ̄|○ il||li がくぅ

菱刈史の通り山野が島津義虎の領地だったなら、
割譲されたのが面白くなかったかもだし、
実は薩州家は義虎の父・実久が相良へ起請文出してるのね( ̄ko ̄)
相良家文書
(天草との揉め事の仲裁を相良が取り持った)
だから、最前線から撤退することで先代が相良から受けた恩義の義理を果たしたのかもなんだ。

義久「あの分家は勝手すぎるだろ!!」
「もぉいいよ!アテにしないから!」ってことで、すぐに肝属弾正と新納忠元を羽月城に入れた。
忙しいな新納さん^^;

本格的交戦状態に突入の相良と島津。
てか、伊東の次は菱刈。
と二度の盟約破りで島津義久の相良義陽への心象が『極最悪』になった^^;

相良は外交方針がブレて信用ならない!

これが巡り巡って義陽自身を追い詰めて行く。
和睦・交戦と二転三転する義陽のブレは、家臣の勝手を招くことになるのだが、それは・またの話 by^-^sio

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【相良義陽65_起請文(後編)】

東郷の一族代表起請文に対し、義陽は返事として自分も起請を交したようです。
相良家文書523_相良頼房(義陽)起請文案(御返事まて候)
渋谷一族へ送った起請文の案です。
起請文案の日付が永禄11年4月4日・・・なので、東郷からの起請は それ以前。

それ以前・・・なのだけれど、3月28日の曾木城攻撃で島津に撃退された前なのか、後なのかは判りません。
面白いのは義陽の起請文案で
自嶋津殿何条御懇望之儀候共、信用申間敷候、
嶋津殿より どんな懇望(こんもう)・・誘いがあっても信用しない=応じない

義陽の本心だったのか、これだけでは判らないけれど、義陽の島津外交がブレまくってたのは確かです。
個人的な意見としては、義陽自身のメンヘラ的なブレというよりは、家臣の意見が統一できず その場その場で動いた結果のような印象を受けてました。
家紋・相良

菱刈史によると、同年5月 島津貴久が相良義陽に対し、山野を譲渡するのを条件に菱刈の加勢を止める旨の約定と交わしたとあります。
大口で山野というと伊佐市大口山野で、現代でもドストレートな地名です^^
山野は島津貴久が薩州家義虎に与えていた領地だったと菱刈史にありました。
島津は相良のOKを貰った事で早速に大口攻めをしたのですが、相良は速攻で菱刈支援の球磨勢を堂崎に出して菱刈隆秋を援けたそうな。
堂崎は伊佐市大口堂崎で川内川支流である羽月川周辺ね^^。

というか、そもそも大口には相良兵が在番しているので、大口に関しては相良と菱刈は運命共同体状態だったんじゃないでしょうか。
そういう状態で、相良のみを一本釣りするのは、かなり離れ業の外交テクになります。
相良側にも記録が見つからず、正直(-ω-;)ウーン?な記述の菱刈史です。
あぁ~山野を譲渡って話は何処かで見た気がするんだが、思い出せん,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

永禄12年の大口攻めと混同されてるのかな?
菱刈史の記述が数行だけなのもあって、信憑性の判断するのが難しい^^;

それと島津側の記録(本藩人物史、諸県興亡など)によると、同年8月に日向の伊東と相良が組んで、島津義弘公を挟撃して撃つという作戦がありました。
これは相良の大河平ナミが軍事情報を事前リークしたために、伊東&相良の作戦は失敗に終わってます。
(カテゴリ:日向_大河平氏「御家再興編」を参照ください^^)

渋谷一族、菱刈氏と島津へ抵抗を続ける勢力を支援し、意気盛んな状況に見えますが、菱刈は奪われた(退避の為に捨てた)城を一つも奪い返せてはいません。
それに小勢でチャレンジした島津義弘公を破ったけど、義弘公は討ちとれなかった。
新納忠元が小勢で参詣した時も、結構洒落にならない負傷はさせたけど、討ち取れず市山城も落とせなかった。
日向における伊東勢も、真幸院飯野の島津義弘公を討ち取れず捗々しくありません。

状況は徐々に徐々に島津氏へと傾きつつあったのだが、それは・またの話 by^-^sio

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
77位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR