【公家様文書_2官宣旨(かんせんじ)】古文書学入門(改)

はじめに・・・この古文書学は理屈・・・もとい学術的な学問としての解説です。
何か(実技編)を期待した方にとっては「知りたいのは、この方向じゃない」かも、しれないことを予め御了承下さい。
参照:佐藤進一著「新版 古文書学入門」


宣旨の発布方法で更に別ルートがありました。



内侍(ないじ)---ここで内侍宣(ないじせん)=文書で伝える⇒女房奉書が派生

職事(しきじ=蔵人頭)---ここで口宣(くぜん)=口頭で伝える⇒口宣案が派生

上卿(政務担当公家・大臣)

内容によって外記局or内記局or弁官

ここから弁官の部下・書記に渡さず、弁官が署名して発布する様式がありました。

この様式を官宣旨(かんせんじ)と呼びます。
書き方が「左(または右)弁官下(くだす)」で始まるので「弁官(べんかんの)下文(くだしふみ)」とも呼ばれていました。

これまでの律令制のもとでは対象によって「符」だの「牒」のと文書をわけたり手続きも煩瑣でしたが、
一律に下文ですませるという簡便さがありました。
そのため次第に官宣旨が広く用いられるようになります。

官宣旨という様式は、「某下す某」と誰が誰に出すか端的に表すという点で、公式令(くしきれい)の規定以外の新様式文書です。
この官宣旨の様式は各所で広く用いられ一般に下文(くだしふみ)と呼ばれました。

例えば
・蔵人所下文
・検非違使下文
・院(上皇)下文
・女院庁下文
などで、さらには公家の家政処理にも用いられました。

摂政・関白はじめ公卿らは、各自家政機関である政所(まんどころ)から下文を出しました。
政所は平安後期になると三位(さんみ)以上の公卿が特権として設けることを許されるようになります。
この公家政所下文の流れを組むのが、鎌倉武士の下文です。

要約すると
宣旨⇒官宣旨(帝の下文)⇒各所(上皇・女院・蔵人所・検非違使庁)下文⇒公家政所下文
という流れで派生し、そこから武家様文書の下文となります^-^
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【公家様文書_1宣旨(せんじ)番外編】古文書学入門(改)

はじめに・・・この古文書学は理屈・・・もとい学術的な学問としての解説です。
何か(実技編)を期待した方にとっては「知りたいのは、この方向じゃない」かも、しれないことを予め御了承下さい。



宣旨と同系統の文書として検非違使(けびいし)別当宣(べっとうせん)がある。
(※手っ取り早く、結論を知りたい方は下記の赤文字部分に飛んで下さい)

つまり朝廷の役所として二大柱が蔵人所と検非違使庁なんです。

まず【別当】というのは検非違使庁の長官です。
【別当宣】とは別当(=長官)の命令を被官が承って宣するもの。

簡単に言うと【検非違使庁長官が出す命令】です^^/

別当宣は勅宣(=帝の宣旨)に準ずるものとされていました。
従って、別当宣に従わない事は【違勅・いちょく=帝の命に逆らうこと】と同様の罪とされました。


ちなみに公家様文書は、その4までだけど一つ一つの章が濃い^^;
公式(くしき)文書で習ったことが零れ落ちる予感・・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【公家様文書_1宣旨(せんじ)】古文書学入門(改)

はじめに・・・この古文書学は理屈・・・もとい学術的な学問としての解説です。
何か(実技編)を期待した方にとっては「知りたいのは、この方向じゃない」かも、しれないことを予め御了承下さい。宣旨は蔵人所が設置されてから発生しました。

その発布の流れは下記のようになります。

内侍(ないじ)
職事(しきじ=蔵人頭)
上卿(政務担当公家・大臣)
内容によって外記局or内記局or弁官
発布

赤文字部分
内侍から蔵人頭に渡される文書は内侍宣(ないじせん)と呼ばれていました。
鎌倉時代以降に出る「女房奉書」は、この内侍宣の流れを組む文書です。
青文字部分
この伝達は口頭だったのですが、間違えたり忘れたりしないように覚書・手控えを用意してました。
この蔵人頭のカンペを口宣(くぜん)と呼びます。
このカンペは後に効力を持った文書となり口宣案(くぜん案)と呼ばれるようになります。
さて緑文字
大臣から弁官に通達された場合の発布方法がありました。
大臣
弁官
所属書記・史(さかん)←ここで草案_φ(.. ) カキカキ
発布
といった感じ^^b
その他に宣旨と同系統の文書があるのですが、それは番外編に続く(=^・ω・^=)v ブイ

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【公家様文書_プロローグ】古文書学入門(改)

参照:佐藤進一著「新版 古文書学入門」

律令制度は奈良時代が頂点で、平安時代に入ると破綻しはじめます。

律令官制移行に設置された新官制(令外官・りょうげのかん)の新設で大きな改変を迎えます。

それは「蔵人所」「検非違使庁」です。

朝廷政治の中心は太政官から蔵人所に移りました。

「蔵人所」「検非違使庁」の地位強化に伴い、新様式の文書が生まれ効力も大きくなっていきます。

平安朝政治の展開と共に発生・発達した文書を公家様文書と呼びます。




やはりプロローグから入らないと気分が出ませんな ( ゚Д゚)y─┛~~
(※実は飛ばすと脳に浸透しないからwww)

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【公式(くしき)文書_六・解(げ)】古文書学入門(改)

解(げ)は「下から上の役所に出す文書」の様式として規定されていました。
実際には運用が拡大され、個人が役所に出す場合も適用され、
やがて諜や辞の機能も果たすようになり、
個人対個人、下位者から上位者・貴人に対しても用いられました。

文書の形式としては宛名は書かない。
差出人も書かず文中で自然に判る様に盛り込むというメンドクサイことしてます^^;

個人の役所あてのものとしては、今日で言うところの「欠勤届」「休暇願」などがあります。
それで段々と役所に出す願・届・訴の類は解(げ)の様式をとります。
そこから更に訴状関係、個人間の金銭貸借、売買、質入なども含まれ、それらの起源となっていきます。

律令時代のもので尤もドストレートに起源になったものは、この解(げ)です。




やったー公式文書終わった~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
次からは公家様文書に入ります(。-_-。)vブイッ♪
脳に浸透するまで、ちょっと間あきます:゙;`゙;`;:゙;`;:゙`;:゙;`ヽ(゚∀゚ゞ)ブハッ

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
495位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
79位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR