FC2ブログ

田尻家文書21_大友親安(義鑑)知行預ケ状

緑文字---原文(翻刻版)ママ
青文字---読み下し
赤文字---意訳
漢字だらけ~~゜ ゜( ∀ )ぅ!?って方は意訳・赤文字部分のみ読んでくださいませ~


(包紙上書)
 「田尻右京亮殿        親安」
(異筆)「永正十五年三月八日加領 遠江守はるたね」
去年十一月、朽網兵庫頭、黒木筑後守、河崎刑部大輔以下之族、以同意、當国忩劇之砌、為忠賞、上妻群之内、薬丸拾弐町之事、預置候、可有知行候、恐々謹言、
 三月六日      親安(花押)
  田尻右京亮殿

去年十一月、朽網兵庫頭、黒木筑後守、河崎刑部大輔以下の賊、同意を以て、當(当)国忩劇(そうげき)の砌(みぎり)、
忠為すを賞し、上妻群の内、薬丸12町の事、預け置き候、知行有るべく候、恐々謹言、

去年の11月、朽網親満、黒木、河崎以下の連中が組んで筑後がアタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタした時、
頑張ってくれた事を賞して、上妻群薬丸12町を預け置きますので、知行するように^-^


永正14年11月に朽網親満の謀反に加担した黒木、河崎、が蜂起しました。
その時に大友サイドで活動した田尻氏への恩賞です。
年度がないのに特定できたのは、上妻郡代あての大友家臣の業務執行のための奉書が発行されているから。
奉書によって権利の効力が発生するので年月日は必ず記入されています。
異筆に書かれた年月日は奉書の発行年月日です^-^

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

田尻家文書20_大友親安(義鑑)書状

緑文字---原文(翻刻版)ママ
青文字---読み下し
赤文字---意訳
漢字だらけ~~゜ ゜( ∀ )ぅ!?って方は意訳・赤文字部分のみ読んでくださいませ~

(包紙上書)
 「田尻中務大輔殿        親安」
(端裏切封)「墨引」
朽網兵庫頭并蒲池民部少輔、石泉庵計策状則預披見候、誠喜悦之至候、毎々如此謀略、不可有盡期候、諸事、不被入敵案覚悟、肝要候、必々、追而一段賀可申候、弥方角之時宜、可被忝心之事、憑存候、恐々謹言、
 正月廿五日         親安(花押)
 田尻中務少輔殿

封が大輔で書状の宛名が少輔になってる理由はシオレベルでは判りませんでした^^;
宛名と日付が同じ位置で丁重な扱いになってます。

朽網兵庫頭并(あわ)せて蒲池民部少輔、石泉庵計策状則(じょうそく)預り披見(ひけん)候、
朽網兵庫頭、蒲池民部少輔、石泉庵の計略を読ませて頂きました。

誠に喜悦の至り候、
こんなに嬉しいことはありません~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

毎々此の謀略の如く、盡(尽)期(じんご)有る可(べ)から不(ず)候、
この謀略のように物事に終わりがないものはありません(`・ω・´)キリッ

諸事(しょじ)、敵に入らせ不(ず)覚悟案ずる、肝要(かんよう)候、必々、
常に敵に付け入られないよう覚悟することが大事です(。-_-。)

追而(ついじ)一段と賀す可(べ)く申し候、弥(いよいよ)方角の時宜(じぎ)、心の事忝らせ可く、憑き存じ候、恐々謹言、
追伸、さらに喜ばしい事だと言わせてもらいますね(^ -)---☆Wink
いよいよ方角も丁度良いし、御心の事は本当に感謝してます。恐々謹言なぅ

じゃっかん読み下しが怪しいんですが、意訳としては赤文字のような感じです。
書状なので年度記載がないんですが、朽網親満の謀反のことを記しているのが内容で判ります。
で、この時に蒲池民部少輔が謀反サイドだということを、田尻氏が大友にリークしてるんですね。
それで大友側が当主自ら書状を出すほど田尻氏に感謝してるわけです^-^

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

田尻家文書16_大友義長知行預ヶ状

緑文字---原文(翻刻版)ママ
青文字---読み下し
赤文字---意訳

(折封上書)
 「田尻中務大輔殿        義長」
異筆(表記不可のため略)
筑後国之内所々坪付別紙在之事、預置候、可有知行候、恐々謹言、
(異筆・永正五年)
 十一月三日       義長(花押)
   田尻中務大輔殿

筑後国の所々(坪付別紙これ在り)事、預かり置き候、知行有る可(べ)く候、恐々謹言

定型文なので意訳は省略で語句解説
・永正五年=1508年
・田尻中務大輔=田尻種久
・坪付(つぼつけ)=大名が家臣に与えた知行目録


別紙にある坪付にあった領地
田尻  12町
梅津  66町
竹井  33町
波江   6町
岩津  27町

預け状には後から書き加えた年度があましたが、元は月日のみでした。
大友義長の袖判のある坪付の方に年度があるので、年度批准確定です^-^

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

田尻家文書14_大友親匡(ちかまさorちかただ=義長)書下

年度が特定できないのは、逆に自分が混乱するので飛ばします( ̄ω ̄A;アセアセ

緑文字---原文(翻刻版)ママ
青文字---読み下し
赤文字---意訳

(折封上書)
 「田尻又三郎殿        親匡」
(異筆)
「文亀二年十二月十一日 親種」
御領地之事、御安堵、任判形之旨、知行不可有相違候、有若子細地候者、入国之時、以糺明、可申合之状如件、
 文亀弐年十二月十一日     親匡(花押)
    田尻又三郎殿



丁寧な文書は読んでて気持ちいいですね( *´艸`)

御領地の事、安堵、判形(はんぎょう)に之(これ)任す旨、知行相違有る可(べ)から不(ず)候、若し仔細有る地候者(そうらわば)、入国の時、糾明以(も)って、申し合わせ可(べ)くの状 件(くだん)の如し、
※之---読みは「これ」「の」と二通り、読みの区別は不自然ないように前後の文脈で判断します。
※者---読みは「人物の者」と助詞(てにをは)の「は」と二通り。読みの区別は(以下同文)
※判形(はんぎょう)---書き判(この場合は安堵状を指します)
※如件(くだんの_ごとし)書き止め文言の決め台詞

上記踏まえて超意訳すると
領地のことですが、安堵状の通り知行を認めます。
もし疑問がある土地があれば、入国の時にちゃんととします(。-_-。)vブイッ♪


書下=かきくだし
この文書様式最大の特徴は、上位者自らのALL直筆である点です。
安堵状の他に、更に直筆文書を出しているので、大友家では田尻氏を丁重に扱っています。
御領地、御安堵と全体に丁寧だし、宛名の敬称も漢字で「殿」ですしネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

田尻又三郎は田尻治種のことです。
文亀2年は1502年。
前年の1501年に大友氏は筑後に出兵しているので、筑後・田尻氏に細やかな配慮をしていたのでしょう。

大蔵系氏族に対して個人的萌えしてるので、大友が気を遣ってるのが嬉しい ・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

(参考)田尻家文書10_大友義長知行預ヶ状

緑文字---原文(翻刻版)ママ
青文字---読み下し
赤文字---意訳

(折封上書)
 「田尻中務少輔殿     義長」
筑後国山門郡之内大塚拾弐町、預置候、可有知行候、恐々謹言、
  四月十七日     義長(花押)
    田尻中務少輔殿
     (切封)
      「(墨引)」


定型文なので特に意訳なし
預け・・・つまり安堵状なんだけど年月日なし。
通常だと、このあとに老臣から奉書がきて、事務執行されるのね。
でも奉書がないから、この安堵状が実行されたのかは判らない。

義長からだから永正年間くらいかな~とは推測できるけどネー(*´・д・)(・д・`*)ネー
これも柳川市史年表に盛り込まれて無いので、参考に載せるだけにします~

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR