FC2ブログ

相良家文書533_毛利元就同輝元連著状

ブラザーズの次は祖父と孫SET行ってみる

(折封ウハ(上)書)
(封部分省略)
於豊筑、豊州及び干戈付而、近日我等事罷下候、連々承候、此時於預御入魂者、可申合候、委細小早川吉川申入候、恐々謹言
  (永禄十二年カ)六月七日      輝元(花押)
                          元就(花押)
                相良殿  御宿所

省略した封の差出人は毛利同右馬頭輝元で右馬頭が元就を指すようです。
輝元との連著なのは、隆元が既に死去しているから・・・・たぶん。
年度細くは編纂の方の付記で、元々の書状には年度が入っていません。
内容から推定したようです。

ちなみに元就ジーちゃん強気です

豊前・筑前に於いて、豊州と干戈及びに付きては、近日我等罷り下り候事、連々承り候、此時於いて御入魂(昵懇)預りは、申し可(べ)く申し合せ候、委細小早川吉川申し入れ候、恐々謹言

本文超意訳
豊前と筑前で豊後と戦やってます(。-_-。)vブイッ♪
(相良は)近日我等(毛利へ)来るとの事、諸々承りました。
この時期を於いて、昵懇(じっこん)な間柄になると、話は小早川吉川に伝えてます。恐々謹言なぅ


どうもストレートに言うと[被官になりなさいね^-^]と言ってるようです(@@)
隆元死去後の元就じーちゃん、対大友に関し未だこの時期は余裕かまして強気だったみたい。
両川の鼻息フガーから察せられます。
ていうのも、大友が尼子や大内輝弘を支援した反撃が始まるのは、この後からなんですよ( ̄ko ̄)

大友に勝って博多の利権ウマーの未来予想図が、元就ジーちゃん脳内にあったのは間違いないでしょう。
実際、このあたりまでは毛利の方が優勢でした。
でも圧倒的勝利・・・には至っておらず、相良にしても毛利と適当に距離をとってたんじゃないでしょうか。

にしても、相良に毛利の元へ来いとは、昵懇だなんて言ってるけど、要するに「毛利の被官になれ」ってことでしょう。
大友に勝つのが規定路線のつもりでいたからこそ、宗麟が尼子を動かしたことにビックリ仰天したんだろうなぁ。
全盛期の宗麟の外交感覚は流石キングオブ九州です。
また慎重に行動して様子見してた相良の判断もグッジョブ(。-_-。)vブイッ♪

ちょっと毛利への見方が変わってしまったっす( ̄ω ̄A;アセアセ

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

相良家文書532_吉川元春小早川隆景連著状

両川から手紙が来るなんて萌えるわ~・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・ウフフ

緑文字---原文(翻刻版)ママ
青文字---読み下し
赤文字---意訳
漢字だらけ~~゜ ゜( ∀ )ぅ!?って方は意訳の赤文字部分のみ読んでくださいませ~

(折封ウハ(上)書)
(封部分省略)
去年者、豊前表渡海付而申入候處、御懇報、畏悦之至候、其以後可企飛脚之處、依通路不輙、申後、心外候、仍去四月十六日、至立花取懸候之處、豊州衆爲後巻取出之条、及数度防戦、得大利、敵数百人討捕候、依之、立花要害之儀、去月三日落去候、然間、至豊後陣差寄、令対陣候、此表不抜足様可討留覚悟候、御国之儀、屋形可被達御本意事、不可過此節候歟、於御同意者、急度御行肝要候、猶使僧相含口上之条、不能詳候、恐々謹言
(永禄十二年)六月五日     (小早川)隆景(花押)
                 (吉川)  元春(花押)
          相良殿  御宿所

前言撤回!当主でもない毛利兄弟から上から目線の書状を貰う謂れは無い!!ヾ(*`Д´)ノケシカラン!!
宛名(相良)が日付より下だし、様じゃなくて殿じゃん!(様の方が丁寧)
「御宿所」ってあるから、毛利兄弟から出した書状です。
でも御宿所って、ちーと軽い普通の言い方なんだよ~(ノД`)・゜・。


ちなみに横書きだから判りづらいですが、差出人が複数の場合、左側の人物が上位者。
この場合も、次男の吉川が三男の小早川より上位です。


去る年は、豊前表渡海付き而(しこう)して申し入れ候(そうろう)處(ところ)、
御懇報、畏悦の至り候、其れ以って後(のち)飛脚企する可(べ)きの處(ところ)、通路依り輙(たやすから)不(ず)、申され後、心外候、
仍って去る四月十六日、立花に至り取り懸り候の處(ところ)、
豊州衆 後巻(うしろまき=後詰)取り出し爲すの条、防戦数度に及び、大利を得て、敵数百人討ち捕え候、
これ依り、立花要害の儀、去る月三日落去(らっきょ)候、
然る間、豊後至る陣差し寄り、対陣令(せ)しむ候、此の表 不抜足様(よう)討ち留める可(べ)く覚悟候、
御国の儀、屋形御本意の事、達せら可(べ)く、此の節過ぎ可(べ)からず候歟(そうろうか)、
御同意於いては、急度(きっと)御行肝要候、猶(なお)使僧 相含む口上の条 詳しく能わず候、恐々謹言、

要するに意訳~
豊前に毛利が渡海した時、こっちから言うべきでしたが、逆に丁寧な報せありがとうございます^-^ニコニコ
ほんじゃ、これから飛脚たてて遣り取りしましょ~ってすべきなのに「道が悪いから」って言い訳するって何ソレ!ヒドイ!

(いろいろ中略)
立花城はコッチが押さえてるんだからね!(`・ω・´)キリッ
その間に豊後も攻めちゃうんだからね!!(`・ω・´)キリッ
そちらの国については屋形の本意を報せるけど、これにケリついてからになるっぽい。
同意することが超大事なんだから、そこんとこ使僧に含めてるから、ここでは詳しくしないわ。恐々謹言なぅ


なんか鼻息荒いなぁ~すっごい強気な毛利次男と三男。
もう大友に勝ったような言い方してるけど、まだ完全決着してないですよ~( *´艸`)

毛利側では、大友サイドの相良を取り込もうとした(らしい)けど、相良からは通常の社交辞令しかもらえなくてカリカリしてるようです。
大友からは[じきに決着つく!こっちの思い通りになるから(`・ω・´)キリッ]と言われ、
毛利からは[勝ったのはコッチ!だから相良からコッチに挨拶すべきなの(`・ω・´)キリッ」と言われ、
全盛期の相良はモテ期ですな( ゚Д゚)y─┛~~

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

相良家文書530_田北宗印書状

緑文字---原文(翻刻版)ママ
青文字---読み下し
赤文字---意訳

漢字だらけ~~゜ ゜( ∀ )ぅ!?って方は意訳の赤文字部分のみ読んでくださいませ~

(折封ウハ(上)書)
「              田北兵庫入道
相良殿 
      貴報             宗印」
「- ーー」(端裏切封)
當年之御祝儀并御進発之儀、以御使僧被仰遣候、尤珍重候、先々薩州御干戈未明御隙之由、驚存候、弥無御油断御才覚、可目出候、以貴礼承候趣、具令披露候、祝着之段、被用直書候、遠方之条、幾日罷過候共、爰元御取合不可存疎略候、將亦此表之事、豊前肥前其外所々属御案中、諸勢當時吉川小早川対陣候、於于今者、両川落去不可有程候、爰御存知候、旁委細此御僧可有御達候、恐々謹言、
(永禄十二年)
      五月十四日          宗印(花押)
      相良殿 貴報




当年の御祝儀併せて御進発の儀、御使僧(しそう)を以って仰せ遣わされ候、尤も珍重候
当年の御祝儀と御進発(宗麟の出陣)に、使僧を派遣したことは尤も大切な事です。( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _ うんうん

先々薩州との干戈未明御隙の由、驚き存じ候、
先だって薩摩との戦は未明も閑(ひま)なようで驚きました(@@)

弥(いよいよ)御油断無く御才覚、目出(めで)可(べ)く候、
いよいよ油断なく、工夫されて、褒めてます

貴礼を以って承り候趣、具披露令(せ)しむ候、祝着の段、直書用いられ候、
貴方から承った事について、こちらも披露し祝着として直書(宗麟の書状)を用いました。

遠方の条、幾日罷り過ぎ候共、爰元(ここもと)御取合存じ疎略べからず候、
遠方のため幾日かかっても この所の取り合いを疎かにすることはありません。

將亦(はたまた)此の表の事、豊前肥前其の外(ほか)所々属御案中(あんちゅう)、

さて、こっちの方ですけど、豊前肥前とかとか、こっちの思い通りです(。-_-。)vブイッ♪


諸勢當時(当時)吉川小早川対陣候、于今(いまに)於(お)いて者(は)、両川(りょうせん)落去(らっきょ)程有る可(べ)から不(ず)候、
吉川小早川・両川との対陣は程なく決着がつくでしょう。( *´ー`)ノ

爰(ここ)御存知候、旁(かたがた)委細(いさい)此の御僧へ御達し有る可(べ)く候、恐々謹言、
ここ御存知ですよね(^ -)---☆Wink 詳しい話は使いの僧に伝えます。恐々謹言なぅ




えっと~まず、田北兵庫入道宗印=田北鑑栄が、どういう人物かワカランかった・・・il||li _| ̄|○ il||l
加判衆(かばんしゅう=老臣)か城督(じょうとく=守護代クラス)級の重臣だと思うけど(´・ω・`)

あと、ちょっと気になったのは、宗麟の事に触れてるのに他の重臣のように闕字(けつじ)をしてないところ
(※闕字=貴人への礼として一文字スペースをあけること)
冒頭の「貴報」は相良へ礼を払う表現
宛名も日付と同じ位置ですから、相良に対し丁重・・・・・・
     なんだけど、どうも文章が上から目線な表現をしてるんだよなぁ。
書いた人物の【身分のせい】なのか、【性格】なのか、【そういうパターンの書状】なのか・・・ワカランil||li _| ̄|○ il||l

マニア萌えとして『吉川と小早川を【両川】と表現した文書』を、自分が初めて見たってとこです・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・きゃ

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

相良家文書528&529_大友宗麟書状

緑文字---原文(翻刻版)ママ
青文字---読み下し
赤文字---意訳

さすがにキングOF九州からの書状(手紙)は日付より相良の宛名が下ですわ( *´艸`)
書状なので年度はありませんが、内容から永禄十二年として編纂の方で推定してます。
結論を先に知りたい方は赤文字部分まで飛んで下さい。

(折封ウハ(上)書)
「 相良殿 御報         宗麟」
「- ーー」(端裏切封)
就発足示預候、殊太刀一腰袷面二端送給候、御丁寧之儀、祝着候、猶吉弘左近大夫(鑑理)可申候、恐々謹言、
(永禄十二年)
   五月十四日        宗麟(花押)
     相良殿


発足に就いて預かり示し候、ことに太刀一腰併せて生地二反送り給い候、御丁寧の儀、祝着候、なお吉弘鑑理に申し可(べ)く候恐々謹言(以下日付等略)

(封部分同じ)
追而、
就発足、懇示給候、喜悦候、方々属案中候之条、可御安心候、然者、日州薩州堺目鉾楯之儀、堅固之覚悟簡要候、將亦、其国衆之事、當時在陳(陣)之条、雖無申迄候、弥毎事可被忝御心事、可爲祝着候、猶年寄共可申候、恐々謹言

(日付・宛名・差出人同じ)

追伸
発足に就いて、懇ろに示し給い候、喜悦候、方々案中(あんちゅう)属候の条、御安心可(べ)く候、
しかれば、日州薩州(日向・薩摩)堺目(国境)鉾楯の儀、堅固の覚悟が簡要(かんよう)候、
はたまた、その国衆の事、当時在陣の条、雖(いえど)も無く迄申し候、いよいよ毎事(まいじ)御心事忝(かたじけ)ら可(べ)く、祝着為す可(べ)く候、
なお年寄(としより=老臣)共申し可(べ)く候、恐々謹言


えっと・・・まずホントニ言いたい事は追伸の方
一通目は相良が宗麟出陣祝いに出した贈答品への礼状です。

同日に出した二通目追伸は、まず、
自分の出陣に対して色々と心遣いして頂いて嬉しいです~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
毛利との戦についてですが、案中(あんちゅう)・・・思い通りに進んでるから安心してね(^ -)---☆Wink
それと日向と薩摩の国境での戦いですが、堅い覚悟が簡要(肝要)かんよう・・・重要です(`・ω・´)キリッ
その国衆(菱刈か?)の事、在陣している事は 雖(いえど)も無く・・・こちらが申す迄もない事です。( ゚Д゚)y─┛~~
いよいよ、毎事(まいじ)=いつも(相良の)御心については 忝い・祝着=感謝してます^-^
なお年寄(としより=老臣)たちに伝えておきます、恐々謹言



ここからは想像ですので、違う解釈をする方もいるかもしれない事を予め御了承くださいませ。
相良義陽が欲しかったのは、大隅国大口の領有について島津とガチンコになった事に対する宗麟のOK返事だと思います。

そもそも国境問題に対し、九州探題職である大友宗麟は調停する裁量権があります。
だから、宗麟も老臣も「大丈夫」「思い通り」を連呼して、キングオブ九州の権威に揺るぎないことをアピールしているんです。
ただ、ちょーーーーっと毛利との戦で、ちぃーっとばかし相良の為には今すぐ動けないだけ( *´m`)クフフ

宗麟にとって優先順位は【北九州の覇権>>>超えられない壁>>>相良&菱刈】
ではありますが、ちゃんと筋を通してくれてる相良に、そんなこと言えない^^;
吉弘や宗麟が覚悟とか肝要とか言ってるけど、要するに相良に一任したって事です。
大口領有に関する正当性は相良にある・・・と言っているに等しい。

IFですが
大友が没落せずにキングがキングのままでいてくれたら(島津を退ければ)大口領有について、そのまま相良に認められたのではないでしょうか。
その後の歴史の流れを考えると、相良の動きは興味深いです。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

相良家文書527_吉弘鑑理書状

長文が億劫で
、、ゴホン、忙しくて後回しにしてたんですが、引越しが落ち着いたので、こちらも再開します( *´艸`)
緑文字---原文(翻刻版)ママ
青文字---読み下し
赤文字---意訳

はじめに・・・
漢字だらけで ゜ ゜( ∀ )ぅ!?目が滑るん~~という方は↓にある要約まで飛んで下さい^^b

(折封ウハ(上)書)
「           吉弘左近大夫
 相良殿 御報         鑑理」

「- ーー」(端裏切封)
爲 御進発御祝儀、被成言上候条、最専一存候、仍御懇書并両種被懸御意候、御丁寧之儀、畏存候、然者、御分国諸堺属 御案利候、然處、中国之者共筑前表迄浮出候間、各令対陣、此節不拔足討果、永々被明御隙候様、衆評半候、將亦、菱刈表干戈于今無止事候哉、弥御堅慮肝要相存候、就中、御先代己来毎事御忠意之続、倍無音相違之由、乍案中、専要候、寄々衆仰談、其堺之儀、深重可被成御入魂事、尤可目出候、諸慶期来喜、令省略候、恐々謹言、
(永禄十二年)
  五月十一日     鑑理(花押)
  相良殿 御報



ここまでで力尽きそう・・・il||li _| ̄|○ il||lゼーハーゼーハー
でも入力(or手書き)して漢字の意味を考えながらでないと読み下せないオバカなんで、お付き合いください(><;)

まず宛名が日付と同じ位置なので、大友家老として相良氏に敬意を払っているのが判ります。
文中にも敬語、丁寧語が相良に対して使われており、全体として丁重な書状です。

為(ここ)に(宗麟の)御進発(=出陣)御祝儀を、言上成され候条、最も専一(=第一である)存じ候、
宗麟の出陣に対して御祝儀を言上されたことは、最も第一の事と思います。

仍(よ)って御懇書(ごこんしょ)并(あわ)せて両種御意に懸(か)かられ候、御丁寧の儀、畏(かしこ)まり存じ候、
※御懇書(ごこんしょ)、相手を敬ってその手紙をいう時の言葉
それと(相良から)頂いた手紙と共に気に懸けて頂き、丁寧さには頭が下がりますm(__)m

然者(しかれば)御分国諸堺属(宗麟が)御案利(あんり)候、
※案利(あんり)、思いのままor勝利
それでしたら 御分国の堺のことは、宗麟の思いのままです^-^。

然處(さるところ)、中国の者共(ものども)筑前表迄 浮かれ出候間、各(おのおの)対陣令(せ)しむ、
そういえば、中国の連中が筑前表まで、ヒャッハーばりに浮かれ出てるので、おのおの陣を敷いております。

此の節 足抜からず討ち果たし、永々(えいえい)御隙(おんすき)明らか候様(そうろうさま)、衆評半(なか)ば候、
これらは残らず討ち果たし、それほど手間をとらないでしょうから、話し合い半ばといったところです。

將亦(はたまた)、菱刈表干戈(かんか)于今(いまだに)止む事無く候哉(かな)、弥(いよいよ)御堅慮(けんりょ)肝要(かんよう)相存(あいぞんじ)候、
はたまた菱刈表での戦が未だに止まないという事は、いよいよ賢明な判断が重要になると思います。

就中(なかんずく)、御先代己来(いらい)毎事(まいじ=いつも)御忠意(ちゅうい=誠意、真心)の続き、無音(ぶいん)倍して相違の由(よし)、案中乍(ながら)、専要(せんよう)候、
なかでも先代以来 常に忠の心が続き、今まで以上に報告する事は、当然ながら 大事です。

寄々衆(よりよりしゅう)仰(せ)談、其の堺の儀、深重(しんちょう)御入魂(ごじっこん)成さられ可(べ)く事、尤も目出(めで)可(べ)く候、
寄々衆=この場合は先に連著で書状を出した戸次、臼杵、吉弘を指すと思われる
みなが言うには、其の堺(菱刈表)のことは、重要で集中して取り組むべきことであり、尤も大事にすべきです。

諸慶期来喜、省略令(せ)しむ候、恐々謹言、
季節の挨拶など省略させてください。恐々謹言


丁寧すぎて、意図を読み取るのに時間かかっちまたぜ:゙;`゙;`;:゙;`;:゙`;:゙;`ヽ(゚∀゚ゞ)ブハッ

要約すると
いろいろ進物やら手紙やら細かい気遣いありがとねーーー
筑前のほうは大丈夫!大友だけで片をつけるぜ、もう楽勝だからさ!(^ -)---☆Wink
(ここは上位者として大見得きる場面です(* ̄・ ̄)b)
菱刈表は戦が続いてるみたいだから、皆とも話したけど、そっちはそっちで大事だからさ。
相良は菱刈表に方に集中して事にあたってくれ~~


って事を、ものすごく丁寧に言ってます・・・・il||li _| ̄|○ il||l疲れた・・・・
丁寧・丁重なのは、相良のほうで礼を尽くしてることと外交上の配慮から^^/
全盛期の相良は、同じく全盛期の大友家老が配慮して書状を出す相手だったのです^-^

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR