FC2ブログ

【相良頼房6_豊後侵攻前篇】

天正13(1585)年10月2日~豊臣秀吉から島津へ戦を止めるよう書状が届く。
同年10月?日~大友義統が日向表へ出陣~島津に撃退される o( ̄ー ̄θ★ケリッ~
阿蘇氏~島津へ降伏、
日向、高千穂の三田井氏~4兄弟末弟・島津家久に降伏~
同年11月18日~4兄弟次男~足利義昭から義の字を拝領~島津義弘と名乗る(途中の改名略~
同年12月~高千穂の三田井氏~国境の大友派遣軍を o( ̄ー ̄θ★ケリッ撃退~
同年12月25日日~豊臣秀吉~太政大臣拝命~
あぁ忙しい~アタ九州~ヘ( ̄△ ̄:)ノミヽ(: ̄▽ ̄)ノ中央~~フタ

天正14(1586)年1月11日~島津義久⇒⇒雅友・細川幽斎へ「大意:島津は豊薩(ぶんさつ)同盟を守っているのだから改易しないで」と秀吉への取り成しを頼む
(某サイトより抽出~出典:島津家文書)

豊(大友)薩(島津)同盟~名前だけで殆ど機能してないので、知名度は低いです。

本願寺と和睦&武田家を滅亡させた絶頂期の織田信長に、大友宗麟が泣きついて介入してもらって、島津と大友が和睦してました。(けど、どっちも守ってない( ̄ー ̄A 汗フキフキ)

秀吉は帝の権威を利用して信長の指向した惣無事という状態を受け継ごうとしていた。
九州における信長が残した惣無事の状態が「豊薩同盟」だ。

だから秀吉の権威に島津が従うということは、島津が大友との戦を止めるということになる。
だが今更止めたところで島津は無傷で残りはしないだろう。
とりあえず仲介頼まれた幽斎さんは困っただろうなぁ( ̄ー ̄A 汗フキフキ

正直なところ、義久の意図がイマイチ解らない。単に時間稼ぎのようにも思える。
ただハッキリしてるのは、島津義久は「豊臣政権を胡散臭い |_ ̄)じー」と思ってました。
鎌倉以来の守護職の家柄、というだけでなく島津義久の性格も厳格・謹厳でして、「ノーブル(高貴)」って単語がピッタリの紳士です。
「豊臣政権を認めたくない」って気持ちが、どうしても先に出ちゃうってのは、あったと思います。

同年1月23日~抵抗を続けていた阿蘇家臣・高森城が遂に落城~島津氏・肥後平定!
同年2月?日~豊臣秀吉の肝いりで大友と毛利が(やっと)和睦
まだ、してなかったんかい,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!!

まぁ、あれだ、だらだらと交戦状態で決着つかないままで、
毛利は秀吉(織田家臣時代)とガチンコ突入・大友は耳川で島津に敗れて衰退しちゃったんでつ ポリポリ(6 ̄・ ̄)

で、大友が豊臣政権の庇護下に入ったのを知り、筑前国人の筑紫氏が島津サイドから大友サイドに寝返った。
で、寝返った筑紫氏討伐の為に、島津義久が弟・義弘に出陣準備命令を出した。
これが島津軍北上のキッカケです^-^

同年7月に島津軍10万が筑後へ進軍~さらに筑前へGO!
岩屋城玉砕(大友家臣・高橋紹運以下、全員討死)は初代藩主柳川藩主編「名将の父・序の巻、破の巻、哀の巻」見てね

結果からいうと、島津「何のために北上したやら~とにかく疲れた_| ̄|○ il||li がくぅ」って感じ^^
岩屋城は落としたものの、粘られて物凄い損害を出すし、若き鎮西無双(&立花四天王)には振り回され立花城も落とせず、筑後の問註所にも粘られ城を落とせず、
一応、立花宗茂の弟夫婦と筑紫氏を人質にとったどぉ~~かえって秀吉の心象を悪くしたんじゃ・・・ゴニョゴニョ

同年8月14日~豊臣秀吉の命で黒田官兵衛、安国寺恵瓊、宮城豊盛、毛利家臣・神田元忠が援軍として豊前に到着
同年8月24日~援軍の知らせに島津軍 ((((((((((っ´・`)っ 退却

家紋・島津
ロン様作成:島津家紋ロゴ

島津軍北上は、言い訳も誤魔化しもできない「惣無事違反」⇒⇒⇒島津は討伐の対象認定。
島津義久は暗愚ではない、惣無事違反になるのは解っていたはずです。
でも北上しないわけには行かなかった。

古くからの家臣・新たに帰参した国人・分家たち・・・
彼らの功名心を満たさなければ、島津宗家は惣領家たる資格を失う。
野生の草食動物が、地面に身体を横たえて寝ることが無いように、戦国大名も、足を止めて休むことは許されない。

同年7月?日~九州征伐・先発軍に出陣命令が下る
同年9月?日~先発軍・四国勢(大将は仙石・十河・香西・寒川・安富・長宗我部)が大友家、首都・府内へ着陣
いよいよ本格化する「九州の役」

その歴史のうねりに相良家も巻き込まれて行くのだが、それは またの話
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【相良頼房5_斜陽のキング】

大友家には映画タイタニックのテーマソングが良く似合う・・・
耳川の戦いで島津に敗北して以降、衰退が止まらない大友家を底支えしていたのが、
戸次(べっき・別姓は立花)道雪を初めとする、忠義の家臣たちだった。

大友家衰退の要因は複合的で一口では語れない。
その一つにあるのが「大友宗麟の病的なまでの謀反への警戒心」だ。

家臣を信じきれない宗麟は「家臣同士の連携した軍事行動を禁止」した。
必要な時は同紋衆(譜代家臣・一門から構成される家臣団)全員の同意が無ければならない~としている。

さらに家臣に権力が集中しないように、城督と加判衆(大友家における老中のようなもので、同紋衆とは構成メンバーが一部重複するもののイコールではない)も兼務させなかった。
(戸次道雪は立花城督になる際、加判衆メンバーから外されている)

用心堅固なのは結構なのだが、戦国時代にこれでは緊急時に即応できない。

「同紋衆全員の同意」⇒「会議が踊る」⇒「島津が迫ってるのに援軍が来ない」⇒「孤城じゃ無理」

~~という悪い流れが連想できるが、現実はそんな手順?を踏むことなく、
あっという間に国人たちは大友から島津(沖田畷前なら龍造寺も選択肢)に乗り換えた( ̄ー ̄A 汗フキフキ

家紋・大友
(ロン様作成:大友家紋ロゴ)

沈没船からネズミが ((((((((((っ´・`)っ 逃げ出すような勢いで衰退するキング・大友。
そんな中、ともすれば乱れがちの大友家臣団を鼓舞叱咤激励~<( ̄^ ̄)/ビシ★
しつこく食い下がる秋月種実を o( ̄ー ̄θ★ケリッ 撃退。
さらに筑後奪還のために ((((((((((っ´▽`)っ しばしば遠征。

と縦横無尽・八面六臂の活躍する70代の雷神こと鬼道雪。
まるで影武者が10人いそうな道雪の軍事行動をフォローしていたのが高橋紹運だ。

立花~高橋の軍事防衛シフトが無ければ、道雪は立花領維持だけで手一杯だったろう。
てことで管理人は、鬼道雪よりも高橋紹運の方を能力値あり~と思ってます^^b紹運スキ~

え?家臣同士の軍事連携を禁じてたって話はどうしたって?^-^
そんな建前論は途中から吹っ飛んでます,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
てか軍事連携どころか、通常の援軍する余力もないほど没落してます,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

さて、紹運+道雪の黄金コンビがいるのは筑前(お蔭で秋月種実は遂に筑前一国を統一できなかった残念!)
筑前では秋月以外の国人・原田氏・宗像氏が島津サイドで筑紫氏が島津サイドから大友サイドへ乗り換え。

豊前では長野氏・高橋氏(高橋紹運とは別系統)が秋月サイド(大枠で島津サイド)城井氏が秋月と同盟+島津サイド。
豊前で残る大友勢力は、宗麟の義兄(正室・奈多の実兄)田原氏の龍王館。

肥前は竜造寺+鍋島が島津サイド。
実は鍋島直茂の処世術が見事過ぎるせいで、「沖田畷の戦い」の後に「龍造寺が島津に降伏した」のを忘れてる人が多い^^;

で、筑後のほとんどが島津サイドで、そんな中を大友家臣で孤軍奮闘してるのが問註所統景。
問註所氏は管理人好みの国人領主上がり~( ̄∀ ̄*)ポワ~ン

問註所統景は立花誾千代の従兄弟^-^統景の叔母上が道雪の二度目の妻で誾千代の生母^ー^
国人が誰かの家臣になる・・・というのはあくまでも一部の特殊例。

問註所氏が孤軍・・・・と言っても、道雪が存命中は、まだ良かった。
主君・大友の意向を受けて、道雪は筑後奪還のために出兵し、黒木氏(地図参照)を倒している。
さらに肥後の阿蘇氏が大友には見切りをつけたとはいえ、島津に降るのを拒んで抵抗を続けていた。
そのため問註所は直接の圧力を、ここまでは回避できた。

だが老齢を押して出陣していた道雪が遂に力尽きて病没。
さらに防波堤だった肥後・阿蘇氏も降伏。

問註所は、全身が総毛立つような恐怖と興奮を覚えただろう・・・島津軍北上の日が現実の話になったのだ
道雪亡き後も崩れなかった高橋紹運と若き鎮西無双・立花宗茂も見事だが、ほんとに凄いのは問註所統景。

肥前は既に白旗を上げている・・・島津が肥後の次に来るのは筑後なのだ

相良の水俣城攻撃で動員された島津軍は約5万。
島津軍が長途、北上するとなれば、それと同じか少なくとも万単位の兵力になる。
見慣れた山河が島津の兵馬で埋まる。

天正14(1586)年1月23日、阿蘇家臣で抵抗を続けていた高森城へ島津勢が派兵~ついに落城
ここにおいて島津氏の肥後平定が完成する

トンネルを抜けると雪国だが、肥後を抜けると、そこには大友家臣がいる。

筑後の問注所、
筑前で、かろうじて機能している軍事シフト立花~高橋+筑紫氏含、
豊前の宇佐にポツン龍王館・田原氏。

点在する大友家臣を潰せば「キング大友」は、本貫地・豊後を残すのみとなる。

街灯に蛾が集まるように、島津は吸い寄せられ北上を開始する・・それは・またの話 by^-^sio

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
383位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
79位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR