FC2ブログ

極基礎・・・古文書の名称

|壁|_ ̄)コソコソ・・・・

いまさらですが、ド忘れした時に本を探すのが面倒なんで(←ぉい)
恥を忍んで記事にします・・・・|壁|_ ̄)コソコソ

古文書


これは正式な書状である堅紙(かたがみ・今のA4サイズくらい)の時の話です。
昔なんで当然・紙は横使い。
で、文字は縦書きで右から左へと書き進めます__φ(.. ) カキカキ・・・

書状の上部を「天」
同じく下部を「地」と呼びます。
本文を書いてる方が「表」
反対に裏はマンマで「裏」

で、本文の右側の余白部分を「袖」
同じく左側の余白部分を「奥」と呼称します。

本文以外の余白部分に色々やることに意味があるのです。
「袖」にサインするから「袖判」
「奥」の上の方に書くから「奥上書」とか呼ぶわけです。

で、ちょっと上級~~~
鎌倉時代、安堵状は「下文(くだしふみ)※げぶん、じゃないよ~念のため」という形式でした。
中世・・・つまるところ室町期から「外題安堵」に変化します。

それは『下位者の(-人-)☆彡オネガイ申請書』に対し、
『上位者が承認・判決などの文言・署名を申請書の袖に書きつける』ことです。

袖へのサインで文書としての効力が発生するので、『外題安堵』は安堵状そのものを指します。
要するに「簡略・簡素化」したんですな ( ゚Д゚)y─┛~~

ほんとは、もっと初めに説明することだったんですが、独学なんで基礎的な用語を後から知った・・・
なんてことがザラなんで、今頃記事にしてました^^;
内容が過去記事と被ってる部分もありますが、まとめとくと自分が調べる時に楽・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

やっぱ、本当の意味で言葉の意味を理解するって、時間かかりますネー(*´・д・)(・д・`*)ネー
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
653位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
111位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR