FC2ブログ

深堀家文書45_豊臣秀吉朱印状

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代←くりっくプリーズなぅ

え~例によって専門外の鎌倉や、ちと関係あるけど調べるのがシンドイ室町はパスでwww
で、年欠文書のせいか、時系列に関係なく先にこれが出てきました^^;

原文
読み下し(てるつもり)
超意訳
※文節に関しては、読み下しの段階で判断しています。句読点は原文ママ。

太刀一腰、并段子拾端到来、悦思食候、
太刀一腰、併せて段子(どんす)拾端(反)到来、悦び思い食(しく)候

其方之儀、諸事肥前侍従次第相談、不可有油断候、
其の方の儀、諸事(しょじ)肥前侍従 次第相談 、油断有る可(べ)から不(ず)候、

猶増田豊田両人可申候、
猶(なお)増田(ました)豊田 両人申し可(べ)く候、

十一月十一日   (豊臣秀吉朱印)
       深堀中務少輔とのへ

********************************************************** 
段子(どんす)---練り絹で織った,厚地でつやのある紋織物
ほら、花嫁の唄で『金襴どんすの帯締めな~がら、花嫁御料は何故泣くの~』ってあるでしょ^^
歌詞の中にある「どんす」がコレで、献上したのは原反(製品化してない生地)です^^/
肥前侍従---龍造寺政家
増田-------たぶんだけど五奉行の増田長束、豊田は自分レベル(豊臣政権絡みの政治史は専門外)じゃ特定無理^^;
深堀中務少輔---深堀純賢
**********************************************************

深堀が献上した品への礼状とプチ連絡も兼ねているようです。
超意訳
(頂いた)太刀一腰(刀)と高級絹織物の原反10本、悦んでます ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
その方(深堀)の事は、諸事・しょじ・・・何事も、肥前侍従(龍造寺政家)に相談次第(しだい)ですので、油断しないように(`・ω・´)キリッ
なお、増田と豊田の両人に言っときます~(^ -)---☆Wink

ウィンクは余計でしたな・・・、そこまで愛想を振りまいてませんぞ!( ゚Д゚)y─┛~~
礼を言いつつ、シメるとこはシメてる印象を受けます。

あと、宛名ですが、日付の次行である名前が日付より下がった位置になってます。
つまり『奥「上書」』ではないんです。
敬称も『殿』ではなく「との」で平仮名で、秀吉が深堀を目下として扱ってるのがハッキリしてます。

深堀純賢は、龍造寺隆信が沖田畷の戦いで討たれた後も、島津に靡くことなく龍造寺サイドでいることに徹しました。
島津の勢力が北上しはじめた中で、ブレずにいるのは中々出来る事ではありません。

で、安閑としてられないはずの深堀が、島津に降伏しないと決断した理由が、自分には判らなかったんです。
この朱印状の内容からだと「深堀のことは龍造寺と相談」ってあるから「秀吉から龍造寺押しプッシュがあった」ってことかな?
年欠なので、断定はできないですけどネー(*´・д・)(・д・`*)ネー
この短い文章だけでは、当時の複雑な政治情勢の中から年代を特定するのは、ちと無理^^;
とにかくフラフラしなかったのが功を奏し、鍋島藩家老として家を残し本貫地も無事に守ることが出来ました。
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
660位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
105位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR