FC2ブログ

龍造寺家文書_149_城親賢起請文

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代 ←クリックして頂けると励みになります^^

原文
読み下し(てるつもり)

○前書ヲ闕クモ、第130号文書ヲ承クルモノ、如シ
 梵天帝釈四大天王、賢窂地神、稲荷、祗蘭賀茂、春日大明神、

梵天帝釈四大天王、堅牢地神(けんろうちしん・大地を司る)、稲荷、祗蘭賀茂(大山祇神社・日本総鎮守)、春日大明神

殊者阿蘇大明神、藤崎八幡大菩薩、松尾大明神、
殊(こと=他)者(は) 阿蘇大明神(肥後国一宮)、藤崎八幡大菩薩(千栗八幡宮=肥前国一宮)、松尾大明神(鎮守)、

天満自在天神、惣而日本国中六十余州大小神祇冥道、神罰冥罰至身上可罷蒙者也、仍起請文如件、
天満自在天神(天神様です)、総而(そうじ)して日本国中六十余州大小の神様、身上(=自分の身)に神罰冥罰至り罷(まか)り蒙(こうむ)る可(べ)く者也、仍(よっ)て起請文 件(くだん)の如(ごと)し 

天正九年辛巳三月十七日           越前守親賢(花押)
龍造寺山城守殿←隆信
龍造寺民部大輔殿←政家

**********************************************************

起請文の何がメンドクサイって、この最後の神様パレードです^^;
原文は段落を分けてないで、ダーーーっと書き連ねてますが、こちらのほうで判りやすいように分けました。

一行目・・・日本全国の神様
二行目・・・それぞれの国の一宮で肥後国一宮は阿蘇神社、肥前国一宮は藤崎八幡=三養基郡にある千栗八幡宮。
で、その後に続く松尾大明神が城本人が大事にしてる御当地鎮守です。

このように起請文は日本国中の神様、起請する側とされる側の国の一宮(国の総鎮守)、起請する本人が大事にしてる御当地鎮守にと誓うわけです。
だから面倒ですが神様パレード(神文部分)を丹念に拾うと、武将が外護してた御当地鎮守が判るんです^^/
てことで自分も何処が武将にとっての御当地鎮守なのかは、必ず確認してます^-^

実は・・・・肥前国では川上社と千栗八幡宮が「一宮争い」してまして・・( ̄ko ̄)
で、江戸期に裁判?争論になったらしいんですが、まぁ結論を出さずに「大人の対応」で落ち着いたらしい^^;

どうも武将たちの起請文を見てると、戦国当時の認識では「千栗八幡宮が肥前国一宮」のようなんです。
ただ時の権力者が自己都合で川上社を一宮に格上げすべくプッシュしてたんで、歴史的にややこしいことに^^;
このあたり神社と武将の関係性は、非常に興味深いところです。

宛名は隆信と息子の政家ですね。
でも条件の中で「隆信に尽くす」とあるので、やはり実権は隆信にあったのでしょう。
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鍵コメさま

よかった~出過ぎてしまったかとドキドキしてました^^;
こちらこそ、ワクワクしながらでしたので大変どころか、楽しいひと時でした。
ありがとうございます^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 一宮

こんばんは

> 一宮相論、でしたっけ?どっちでもええやん、って思ってましたが、文献では時代によって別れるのかしら。

神社関係の文書は入手が難しくて、深いところまでは自分も調べられなかったです。
地元の方に聞いた話だと、まだ決着ついてないというか、つけてないというか、モヤンとしたままになってるそうです^^;


> ご当地鎮守、すごいなぁ。お社の由緒書きに○村○村と○村の鎮守である、ってさらっと書かれてる、あれですね。祭神のお名前見ても、あなたどなた?的な。

そうそう、それです。
戦国期と現代では呼称や祭神が変遷してる場合が多いので、あそことココは同じだったんか!ってことがショッチュウ~
神社には振り回されます,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

> お勉強になります。ありがとうございます♪

こちらこそマニアックな記事に目を通して頂きありがとうございます^-^

一宮

こんにちは。いつもお世話になっております。
一宮相論、でしたっけ?どっちでもええやん、って思ってましたが、文献では時代によって別れるのかしら。

ご当地鎮守、すごいなぁ。お社の由緒書きに○村○村と○村の鎮守である、ってさらっと書かれてる、あれですね。祭神のお名前見ても、あなたどなた?的な。

お勉強になります。ありがとうございます♪
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
660位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
105位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR