FC2ブログ

基礎1【料紙---りょうし】古文書学入門(改)

え~~先だって迷子になりかけながら佐藤進一先生の「古文書学入門(改訂版)」を購入しましたので、
当ブログでも古文書学入門(改訂)として再スタートしたく存じます。

つまるところ「オバカな管理人が覚えるまで付き合って♪」というこです(*´pq`)
改訂版ですので、前回の如く付け焼刃ではなく基礎からマッタリまいります__φ(.. ) メモメモ
基礎すぎて先生の本にはないので、ウィキペディアやコトバンクから御知恵を拝借しております__φ(.. ) メモメモ

ということで紙の話からです。
文書を書くのに使う紙・・・・つまり和紙ですが、料紙(りょうし)と呼ばれていました^-^
料紙に使う和紙の種類を大別して斐紙(雁皮紙)と総称します。
木簡だった日本の文字文化が文書として残すようになるのは、中国から唐紙が輸入され、やがて国産化し流通するようになってからです。
これが平安期の頃なんだから、ある意味凄い^^;
日本って何でも「輸入すると、すぐ国産化」して「量産体制に入る」のよネー(*´・д・)(・д・`*)ネー
時代が下ると文書も公文書用、写経用、懐紙用、と目的別に種類が増え、和紙文化は襖紙や障子紙へと発達していき、現代では海外の美術工芸品修復に和紙が利用されほどのレベルに至るわけです(=^・ω・^=)v ブイ

さて武家の話です。
上質の料紙(=和紙)は貴重品で、公家に限らず武家社会でも贈答品として喜ばれておりました__φ(.. ) メモメモ
贈答の場合は2パターンあり、一束一本or一束一巻という形式です。
ちょっと管理人の脳みそ容量が・・・(;´Д`)

一束一本の場合
扇一本と杉原紙(壇紙・美濃紙・越前紙・甲斐田紙・修善寺紙)一束(10帖)

一束一巻の場合
は、緞子(小袖・絹布・縮緬・葛布)を一巻
※緞子⇒どんす、製品化前の生地の原反・・・反物(たんもの)です。

で、プレゼンですので日本の伝統的贈答用おリボン・・・水引で結びますキュキュっと~
一束(10帖)って単位ですが、贈る紙の厚さにより変化するそうで480枚か500枚だったそうな^^

武家の台頭とともに和紙の原産地を武家が握ることになるので、上質和紙である杉原紙は武家が独占します。
上位者が下位者に発行する公文書も杉原紙でした。

明治以降、杉原紙は贈答する慣習があった武家社会が無くなったために廃れ、現在流通している和紙の製法は美濃紙です。
杉原紙は伝統工芸、無形文化財として残っています。

日本の紙文化、舐めてました。
これだけなのに、まとめるのに意外と時間かかった・・・il||li _| ̄|○ il||l

ということで、試験じゃないから緑と黒の太文字部分さえ覚えていれば、とりあえず用は足りますぅ~(*´∀`)ノ
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: しばやん様

>昭和40年代に復興した和紙

それが杉原紙です。

自分も齧った程度ですので、詳しくは知らないのですが製法は違うと思います。
というのは使用目的が違うからです。

美濃紙は障子や包み紙や燈籠用など、現在でいうとろこの和室の内装・建具・家具などに使われます。
杉原紙は公文書用なんです。

製法も製造場所で使われる水の水質によって細部の手順が違うそうなので、一概に言えない世界のようです^^;
これ以上は、奥が深すぎて自分では無理だな~と思った^^;

No title

古文書を読めれば、いろんな史料館に行ってもっと楽しむことができるのにと思うことが良くあるのですが、時乃★栞さんがありがたい連載をはじめられたので、勉強させていただきます。

和紙の原産地を武士が押さえたというのは初めて知りましたが、面白いですね。

「杉原紙」で検索すると、兵庫県多可郡多可町加美区で生産されていて、昭和40年代に復興した和紙がヒットするのですが、本文中で書かれている「杉原紙」とは異なるものなのでしょうか。

「杉原紙(壇紙・美濃紙・越前紙・甲斐田紙・修善寺紙)」という表現だと「美濃紙」は、「杉原紙」の種類の一つと理解するのですが、そのあとで、「現在流通している和紙の製法は美濃紙」と書かれていて、「美濃紙」と「杉原紙」とは製法が異なるという意味にとれるのですが、そのような理解で正しいのでしょうか。

Re: つねまる様

和紙、最高ですよね^^

かのマッカーサーが日本の和紙を火をつけても、すぐに燃えないことに驚いたそうですよ。
(という話を最近聞いた^^)

料紙でも公家が使う料紙と武家が使う料紙は違ったそうなんです。
厚地で良質の杉原紙は武家が独占し、それがゆえに武家の歴史の終わりとともに廃れてしまったんです^^

ポチありがとうございます^-^

日本の紙は最高

こんばんは。いつもお世話になっております。
あ、雁皮紙だー。蜂須賀話の折りに、最澄だか誰だかが手土産に外国へ持参したとか、正倉院の宝物の中に和紙があるとか、感動したんでした。
あのときは紙の寸法を教えて下さってありがとうございました♪

諸外国の紙の質の悪さに驚くのは、日本の紙があまりにも良いからなのですよねぇ。本の薄さに驚かれますもの。

そうか。和紙は武家のものになったのですか。そういえば和紙の郷とか、名産はほにゃら和紙とか、各地にありますね。
面白いなー。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR