FC2ブログ

田尻家文書6_大友親治継目安堵状

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代 ←クリックして頂けると励みになります(*´pq`)

原文
読み下し(てるつもり)
※文節、段落に関しては、読み下しの段階で判断しています。句読点は佐賀県史料集成原文ママ。

親父中務少輔種久一跡之事、任相続之旨、領掌不可有相違候、恐々謹言
親父 中務少輔種久 一跡之(の)事、相続之(の)旨(むね)任(まか)す、領掌(りょうしょう)相違有る可(べ)から不(ず)候、恐々謹言

 九月廿四日    親治(花押)
   田尻又三郎(治種)殿
      (切封)「(墨引)」

********************************************

大友親治---大友氏18代目当主
家督を継いだのが明応5年ですが、大内に相続に関して干渉された為に完全に掌握したのが明応7年。
てことで、年欠ながら明応5(1496)以降の文書と推測できます__φ(.. ) メモメモ
領掌---了承、OKってことです。
この場合の安堵は、文中にあるように「領掌=了承」の意の方です。
相続における具体的な中身・・つまり権利関係や偏諱などではないので年欠なんです。
年度よりも【上位者から相続の了解もらった~~~】って事の方が重要なのネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

~~いちおう・・・超意訳~~
パパの跡を継ぐって話、オッケーだよ~~恐々謹言なぅ by大友親治

ってことで・・・気になるのが「親父」の二文字・・・|PC|_ ̄)じぃー
これって、古文書的にも「おやじ」と読み下すのだろうか,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
「おや ちち」かなぁ~
こういう普遍的な言葉の方が、逆に読みが判んないんだよなぁ~(-ω-;)ウーン
とりあえず意味を汲むって事では、読みが判んなくても無問題なんで良しとします^^;
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: つねまる様

こんばんは~こちらこそ御愛顧感謝しております

ヒストリア~見ました^^
トンスラって必ずやってたとは限らないかも~~って面白かったですよね^^

おやちち・・・だと仮定して母親だと「親母・おやはは」になるのか?
色々疑念が・・・,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

コメントありがとうございます^-^

おやぢ

こんばんは。いつもお世話になっております。
昨日のヒストリアでザビエルのお話、面白かったです。ご覧になりました?まさかの「トンスラ」話まで出てました。爆笑。
親父、おやぢじゃないんだ。おやちち、って、なんかこう、牛乳的な映像が頭に浮かびます。すみません。

Re: 監修様

> 御親父(ごしんぷ)という言葉があるので、「しんぷ」かも知れませんね。

おお、そういう言葉があるんですか(@@)シランカッタ
それかなぁ~~
元々の読みは「おやちち」らしいので、余計に迷う^^;
読みや発音って、ほんと悩ましいですね^^

No title

御親父(ごしんぷ)という言葉があるので、「しんぷ」かも知れませんね。まぁ、私もよくわかりません・・・(^ ^;)
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
653位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
111位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR