FC2ブログ

【伊作DE新納(にいろ)】

父を本家との戦で失い嫁ぎ先に従ったら、今度は夫と舅も失った。
かくして新納家庶流の姫だった美女・常盤は、完全に伊作家の人間となり細腕繁盛記よろしく伊作家を切り盛りをする。
美貌もさることながら、相当頭の切れる女傑だったのは想像に難くない。

そんな彼女の悩みは、我が子で伊作の大事な跡取りである菊三郎(=忠良の幼名)の養育だった。
子供は親の思い通りにならないとは言うが、菊三郎少年は思い通りにならなさすぎた。

とにかくクソガキ・・・ゲフゴホグホ
もとい、寺の柱に縛り付けられて折檻されるほど、元気な菊三郎少年の養育を任されたのが新納忠澄。
新納忠澄は、常盤からみて実の甥です。

新納是久には常盤の他に男子(つまり常盤の兄弟)がいまして、その息子の一人が忠澄なんです。
第二次飫肥役のあと、飫肥には島津分家の豊州家が入り、新納本家は元鞘で志布志に戻りました。
常盤の兄弟は、志布志に留まり新納本家の家臣として仕えていたんです。

おそらく・・・なんですが、志布志城の姫だった常盤から見れば、実家(是久系)が本家の家臣格に落ちた事に対し、忸怩(じくじ)たる想いがあったのでしょう(´・д・`)
実家の再興もあって、実甥の一人を伊作へ呼び寄せたわけです。

後の島津忠良の活躍を鑑みると、新納忠澄の養育は成功したようですな ( ゚Д゚)y─┛~~
で、この常盤の実甥・新納忠澄の孫こそ・・・
親指武蔵・・・ではなくて新納旅庵(にいろ りょあん)です^^/

同じ新納姓でも、旅庵は幼少期から三十代まで僧侶だったので、知名度が低いかも。
関ヶ原の合戦の後、徳川家康との間で折衝にあたった事で知られています。

常盤が呼び寄せた実甥・新納忠澄には兄(嫡男)がいて、それが新納忠祐。
新納忠祐は身軽に志布志を離れらない立場でした。
というのは、新納本家から正室を迎えてたから。

あぁ~なんだか段々ややこしくなってきた~~~つまり同族婚なんで島津アルアルのプチカオス系譜なのね^^;
常盤の実甥・新納忠祐の妻は新納本家6代目の娘で、常盤の従妹を妻にしてたんです。
新納忠祐から見ると妻は従姉叔母になります。
新納本家と分家は、敵味方で戦った過去があるので、一族融和のための婚姻だと思います。

あぁクラクラした・・・島津家臣として高名な新納氏を、これまで本格的に出してなかったのは、
日向戦後史も絡んで結構複雑でカテゴリが別に必要になる分量になるからなんです。

薩州家VS伊作家のころ、是久系当主は忠祐の子・祐久の代で、やっぱり新納本家に仕えてました。
で前回記事にしたように、薩州家サイドの島津分家たち+肝付連合にフルボッコにあって新納本家は一家離散で没落します。
新納祐久は嫡男を伴い田布施(たぶせ・南さつま市)へと逃れました。

で、島津忠良の養育係・新納忠澄の伝手で伊作家に仕えます。
その時に新納祐久が伴っていた嫡男こそ、親指武蔵の異名を持つ新納忠元、その人です
人物・新納忠元 晩年の新納忠元イメージ画像

新納忠元が初めて忠良にお目見えしたのは、天文(1538年)で13歳だったそうです。
以降、伊作島津、ひいては島津宗家の貴久、義久、義弘と仕えます。
ということで、新納忠元トリビア?は、新納本家6代目の曾孫ってことです^^/
で、前述した新納旅庵とは又従兄弟の関係になります^^b

ちなみに新納本家も、後に島津家臣として江戸期に続きます。
で、新納忠元が大隅~~~ってイメージになるのは、猛将・新納忠元の大口城攻略からが契機となるのだが、それは・またの話 by^-^sio

次回からは菱刈史出典『大隅DE新納』(^ -)---☆Wink





スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 朧豆腐さま

確かに、そういう想いはあったと思います。
分家とはいえ、没落した家を再興するのは自分の武功次第という気持ちが^^

コメントありがとうございます^-^

No title

親指武蔵の目覚ましい武功には「没落した新納をもう一度甦らせてみせる!」という思いがあったのかもしれませぬな~
息子より長生きしてがんばったのも「俺が倒れたら新納の家は今度こそ終わってしまうかもしれない!」という強迫観念があったのかも~

と影ながら妄想いたしました~
ではでは~
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR