FC2ブログ

【喜入肝付氏__肝付三郎五郎兼三】

兼寛養子。実は伊集院幸侃(忠棟)の三男なり。

文禄4年、加治木・溝辺・三台堂を召し上げ、薩州喜入ならびに阿辺郡のうち宮清を下される。
同年10月26日、加治木より喜入へ罷り移り候。
慶長2年、兼三、300余人召し連れ、高麗へ罷り渡り、加徳島御陣に罷り在り候。
同年5月、兼三、幼稚にて帰朝仰せ付かり、家老・前田久右衛門盛張が軍代官勤め候。
慶長4年、父・幸侃の隠謀露見し伏誅ゆえに、兼三、肝付家を去り阿多に移り、後に誅され候。

出典:本藩人物志
************************************************

シオ補足
本藩人物志に幼稚とあるのは、おそらく元服前だったのではないかと思われる。
肝付兼寛には実弟がいたにも関わらず、伊集院が筆頭家老の権勢でもって己の三男を肝付家の養子に捻じ込んだのだろう。
兼三が去った後は、肝付兼寛弟が家督を継いでいます。
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: つねまる様

> 肝付というと。どうしてもスネ夫。ご、ごめんねー。

昔はトリビアっぽい扱いでしたけど、いまは割と知られてるような気がします^^


> 蟻さんのコメント、ありがとうございました。すごくありがたくて嬉しくて、連続コメしたー。

いえいえ~でも本当に驚きました。
あの手の奇譚・由来って殆どが誇張されるのに、リアルに近い状態のままで(と思われる)伝承がされるって珍しい

> 連休は母の遺品整理です。四年目にしてやっと。もう、いいよね?って思って。

「気持ち」ですから何年目ってことじゃなく、ふっと「いいかな?」と思った時がタイミングだと思います。
そういう気持ちになるときって、お母様が「もういいよ」ってサインを送ってくれてるんですよ^-^

コメントありがとうございます^-^

No title

肝付というと。どうしてもスネ夫。ご、ごめんねー。前に時乃★栞様が教えてくれたお話が印象的で。
蟻さんのコメント、ありがとうございました。すごくありがたくて嬉しくて、連続コメしたー。

北の大地にも、蟻さんいたのですね。牧場に行くと訳のわからんムッシーがいるから、やはりいるのかな。ヤチボウズが好物なんですが、これは湿原限定なのかな。

連休は母の遺品整理です。四年目にしてやっと。もう、いいよね?って思って。

Re: No title

御教示ありがとうございます^^
ウィキペディア参照部分は消した方がいいですね^^;
記事修正します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR