FC2ブログ

衝撃!地元に相良家文書があった~~ぇえ!(゚ロ゚屮)屮

なんという灯台もと暗し( ゚д゚)ンマッ!!

先日、龍造寺家文書に北肥後国衆の小代(しょうだい)氏が登場しまして。
あれこれ調べていたら「小代文書」が熊本県史料_中世篇_第一巻に収蔵されているのが判りまして。
恙なく保護期間満了につき、近代デジタルライブラリ・提携図書館にて閲覧可能でして。

で連休初日に早速コピーしにレッツゴー~~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
龍造寺家文書に対応する書状は残ってなかったけど、龍造寺隆信や政家やら鍋島さまからの安堵状などがあったんでコピーしてきましたの (*´pq`)ウフフ

ついでに鹿子木文書の龍造寺からみもコピーしてきちゃった 川* ̄д ̄*川ポッ 

そこで閲覧制限タイムである2時間を使い切ったので、図書館内の喫茶店でランチして出直し~
ついでなんで「相良家文書」もコピーしましょ~と再度の閲覧。

実は「相良家文書」って熊本県でも人吉市でも所蔵してないんです。
閲覧時間の関係で飛ばし読みなんだけど、昭和?大正期?の相良家当主が保存に困って手放したんです。
当時の郷土史家の「恨み節」によると「慶大(慶応義塾?)が買い取った!奪われた!!」って書いてるんで、なんか大人の裏事情があったっぽい。
(当時の相良家が財政難だったのかな?^^;)

とにかく「持ち去られる」前に、せめてヒルム(=フィルム)で残そうと相良当主の了解を得て準備してたそうな。
でも、やんぬるかなで撮影前日に大学側が引き取っちゃって撮影できなかったそうなんです。
郷土史家が地元で何とか保管を~収蔵を~~と綿々と恨み節を綴っているのが涙ぐましい  (゜-Å) ホロリ

で、その後の経緯は閲覧時間がなくて読んでないけど、とにかく「東大帝国大学・大日本古文書家わけ五の一と二」の二冊に「相良家文書」は収蔵されています^^/

さてライブラリの方でコピーしてもらおうと番号を__φ(.. ) メモメモして提出したらば・・・
館員「あの・・・大日本古文書は当館で所蔵してて貸出可書籍なんですけど、借りますか?」
ぇえ!(゚ロ゚屮)屮

地元の図書館に大日本古文書があるとは(@▽@)シランカッタ
いままで、わざわざ近代デジタルライブラリで閲覧してた,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

てことで勿論借りました(=^・ω・^=)v ブイ
相良家文書を借りるのは自分くらいなものだろうから、期間延長を繰り替えせば、実質私物化・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

百合文書も気になるんだけど、専門外になるんでやめとく^^;
御機嫌な記事でした 川* ̄д ̄*川ポッ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: つねまる様

> 借りた本はどうするのですか?

読む下しが終わるまで、延長・延長で借り続けます,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
誰か他の人が借りるって連絡入ったら、コピーして返すかな^^

でもこっちでは他に借りる人はいないと思う~(*´pq`)

しつもーん

こんにちは。いつもお世話になっております。
こーふんが伝わってきますねー。よかったですねー。
借りた本はどうするのですか?

Re: 監修様

> 相良家文書を所蔵している図書館が近くにあるなんて羨ましい限りです。

大日本史古文書があるとは、自分も地元を見直したです^^ 

> それにしても、慶應大学にもってかれたというのは何なんでしょうかね。戦時下の特権を利用して強引な方法をとったとか・・そんな特権があったかは判りませんけど。(^ ^;)

時間なくて全文を読んでないから経緯が判らなかった^^
何せ2時間しか見れないので、あっという間で^^;
「買い取った」とか「奪われた」とか、すっごい怒ってました^^;

> 人吉藩家老の田代政鬴の、その孫である渋谷季五郎という人が史家で、

あ、なんか、その名前も出てたけど、恨み節書いた本人かはチラ見なんで未確認^^;
八代日記の原本も慶応にあったんですか?( ゚д゚)ンマッ!!

当時何があったか興味出て来たかも^^
閲覧時間が短くて出直しても4時間が限界だから、また連休とかまとまった休みのときにチャレンジします。

ちなみに、大日本古文書・・・ほぼ全巻あるらしく「島津家文書」も所蔵してます(*´ー`)
そっちもいずれ借りますわ~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ←浮かれ小僧

No title

相良家文書を所蔵している図書館が近くにあるなんて羨ましい限りです。 
それに引き換え、こちらの図書館の貧弱さときたら・・・
(ノД`)・゜・。

それにしても、慶應大学にもってかれたというのは何なんでしょうかね。戦時下の特権を利用して強引な方法をとったとか・・そんな特権があったかは判りませんけど。(^ ^;)

八代日記の原本も慶応大学で見つかってるようですから、殆どを慶應に持っていかれてるような気がします。
人吉藩家老の田代政鬴の、その孫である渋谷季五郎という人が史家で、おそらく慶應に譲渡される前でしょうが、秘匿されていた竹鉄砲事件を見付け出してくれているので、そういった人がいなければ一般には伝わらない話とかもっと多かったかも知れないですね。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR