FC2ブログ

田尻家文書7_大友親治名字状

(折封上書)
「田尻又三郎殿     親治
(異筆)
「明応八年四月十日、此又三郎ハ遠江守はるたね前之名也、」
(端裏切封)
「(墨引)」
名字之事承候、以別紙、認進之候、恐々謹言
 四月十日         親治(花押)
  田尻又三郎殿


ん~~~これも複雑なものじゃないので意訳っていうより、むしろ語句解説のほうかな?

よく歴史ものの記事や小説とかで「主君から偏諱(へんき)を受けた」って書かれているでしょう?
偏諱とは、主君の諱(いみな)の一文字を拝領することで、別名で「一字拝領」「一字御免」「一字書出」とか言われます。

では具体的に、どんな書状ですか?というと記事タイトルのような「名字状」を発給します

偏諱した主君---大友親治(おおとも ちかはる・宗麟の曽祖父)
拝領した国衆---田尻又三郎が偏諱を受けて治種となった。

興味深いのは異筆の方で「はるたね」と平仮名で書いている事です。
この異筆(補足?)で「治種」を、「はるたね」と読んでいた事が判ります^-^

切封と墨引は古文書学入門で紹介したので割愛^-^
一応、読み下し~
異筆部分
明応8(1499)年4月10日、この又三郎は遠江守はるたね 前(さき)の名なり
本文
名字の事 承(うけたまわ)り候、別紙を以(もっ)て、認(したた)め進之候、恐々謹言
【進之候】も書止文言の定型文ですので、このまんまです。
ただ、礼としては「進之候」が一番薄礼。
宛名も敬称は「殿」って漢字だから、いっけん丁重そうですが、日付より宛名が下になっているのは薄礼なんです。

別紙に認め・・・というのは偏諱によって新たに名乗る諱【治種】と書いた紙を書きますよ~ってことです。
でも添付されてない処を見ると、残ってないみたいですね (*´p`)ホエ~

どうも田尻家で家督相続があったようで、このあとも安堵関係とか色々出てきます^-^
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: つねまる様

こんばんは~マニアブログへ訪問感謝です♪ヽ(*´∀`)ノ

「はるたね」そうそう^^
平仮名だと、なんだか可愛らしい感じがしますね^^

> 子供の命名のように紙にデカデカと「治種」って書いたものがあったのでしょうか。

大友家バージョンは見た事がないんですが、他の家の名字状では

「実名

 ○○治種←デカ文字、○○部分は本姓」

って書かれたものが渡されます。
まさに「子供の命名スタイル」で、面白いですよね^^

コメントありがとうございました^^

No title

こんばんは。いつもお世話になっております。
今日も勉強になりました♪面白いですねー。

諱をもらうって、御大層な事だったのでしょうね。はるたね、ひらがなで書くとなんかかわいい。晴れたね、うん、いい天気ね・・・すみません。

子供の命名のように紙にデカデカと「治種」って書いたものがあったのでしょうか。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR