FC2ブログ

【新納忠元_ニャンコ睡る?_市山の合戦その弐_】

出典~近代デジタルライブラリからコピー「菱刈史:有川国千賀編、大正13」
(以下、緑太文字は原文)


さて、永禄11(1568)年2月28日、市山城にて大口攻略のための打ち合わせがあったそうな。
貴久公の命で新納の元へ来た肝付兼盛、島津忠長の忠元二人を小苗代原迄送りて別れ

この小苗代原という地名表記は現在では残ってないようです。
例によって伊佐市の下水道関係の記録ですと伊佐市菱刈花北・・・の一部でした。
市山城のあった伊佐市菱刈市山からみると西の方角です。
(城跡の正確な位置が判らないので、距離感も不明^^;)
凄いなぁ~御近所は忠元公園に忠元神社で、菱刈市山は新納カラーでいっぱい^^;

帰途小苗代薬師堂に詣でて「牡丹花下睡猫心在飛蝶」と壁間に題して居た。
新納さん、二人を送った帰りに薬師堂に参詣したようです。
えっと・・・・牡丹の花の下で・・・・・睡猫・・・気持ち良く寝てそうだwww
これ、もしかしたら『禅林集句 :牡丹花下睡猫児 正宗賛。方語云、心在舞蝶』をアレンジしようとしてたのかも。
(※禅林集句は室町期から編纂が始まった禅に関するアレコレ集めた本・・・らしい^^;ヨクワカラン)
新納忠元は教養人ですからネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

この小苗代薬師堂は三国名勝図会に載るほど古くからあり、島津氏も初代から大事にしてた由緒ある堂だったようです。
(※伝教大師一国一寺自作像薬師を祀る)
(三国名勝図会:江戸後期に薩摩藩が編纂した地誌)
明和六年(1769)、乙丑、二月廿一日、此堂火に罹て焼く。
同九年、壬辰、四月、邦君命あり、此堂を建つ


ということで江戸期に一度火災にあって、再建されてました。
そのために新納さんが題したという壁間は残っていません^^;
菱刈史には簡単に「其壁間は往年火災に逢て今無」とだけあります。
江戸期の明和年間が「往年」とは、壮大なロングパスですな ( ゚Д゚)y─┛~~
※日本語として間違いじゃないんだけど、現代と使い方のニュアンス違う感じかな?^^

位置は伊佐市菱刈市山2500で、小苗代薬師堂は現在、松原神社(通称:薬師サマ)となってます。
明治の神仏分離で難を逃れる為に松原神社に改称したんです( ̄ω ̄A;アセアセ
はぁ、神仏分離のせいで呼称が変わったり廃寺になったりで、現代人・・・まして他県人となると調べるのに難儀します(´・д・`)
薩摩藩に神仏分離については、しばやん様の記事が詳しいです^-^

睡る猫・・花札・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ
萌えて調べたら、いろいろ芋づる式に出てしまって、結果、長文になってしまうのは自分的に何時ものパターン,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

新納さんが苦吟?してる間に、戦が始まっていたのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: つねまる様

ほんと(*´pq`)

壁間は特殊なものじゃなくて、柱と柱の間の壁・・・つまりは壁面のことなんです。
そこに書いちゃうって忠元さまってば大胆^^

> さあ、一緒に神仏分離のでぃーぷな世界へ行きましょうねー。うふふ。

神仏分離、ドナドナがたまりません '`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`
記事についていけるように萌えさせて下さい^^

コメントありがとうございました(*´pq`)

Re: しばやん様

こんばんは^^

近代デジタルライブラリ、紹介ありがとうございます^^

> 目次が不親切なので、

そうですね。
風土記など地誌の編纂は基本、地名別に大別してるので、まず地名が判ってないと目次が目次の要を為さない^^;
自分も地理音痴なので全部は知らないんですが、郡名で何とか辿れそうです( ̄ω ̄A;アセアセ

ぜひ九州へ^^/
こちらの寺院や仏像、石佛など、門外漢から見ても素晴らしいです^^

お忙しい中、コメントありがとうございました。

ほんと?

こんにちは。何度もごめんなさい。

にゃんこ、落書きでいいんだー(≧∇≦)

壁間、という分野があるのかも?っとドキドキしてたのです。

さあ、一緒に神仏分離のでぃーぷな世界へ行きましょうねー。うふふ。

No title

おはようございます。

拙ブログを紹介いただき感謝です。
廃仏毀釈は、お寺に生まれた私が歴史に目覚めるきっかけになったテーマで、自分なりにいろいろ調べました。

「三国名勝図会」は明治になって出版された60巻20冊の和装本で、有難いことに『近代デジタルライブラリー』で公開されています。
http://kindai.ndl.go.jp/search/searchResult?searchWord=%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%90%8D%E5%8B%9D%E5%9B%B3%E4%BC%9A&tocItemId=info%3Andljp%2Fpid%2F992131

目次が不親切なので、私のように地名を知らない者が目的の記事を探すのは大変ですが、時乃★栞さんなら、大丈夫でしょう。明治初期になくなったお寺のことが詳しく書かれているはずです。

鹿児島県や宮崎県はまだ行ったことがありませんが、会社勤めをやめたら是非行って見たいところです。

Re: つねまる様

やっぱコレ、落書きしたってことですよね^^

江戸時代に火事になったのは惜しかったですが、廃寺ピンチから無事だっただけでも超ラッキーでした^^

コメントありがとうございました。

落書き?

こんばんは。いつもお世話になっております。
牡丹の下で、うにゃうにゃぐぅぐぅするニャンコと、舞うちょうちょ。のんびりですね。さすがのアレンジです、新納忠元さん。

新納親指さんの小咄が楽しくて好きなのですが、背景があやふやなもんで、惜しいことしてます。

打倒、神仏分離!がんばれ\(*⌒0⌒)b♪
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
551位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
95位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR