FC2ブログ

【父が東で子が西で~】佐賀藩初代藩主編2栞66

にほんブログ村 地方・郷土史
佐賀の名ばかり主君・竜造寺家~1600年度の早わかり超カンタン系図

19代・隆信(死亡)⇒20代・政家(隠居した病弱な40代)⇒21代・高房(現当主15歳)

佐賀の実権を握る男~鍋島直茂63歳

彼は19代当主・隆信の従弟です。(義理弟説は怪しいらしい)
中央の政情に敏感な直茂は、豊臣秀吉が死ぬと早い時期から徳川家康に接触していたらしい。

1600年(慶長5年)5月に家康が上杉征伐の動員命令を出すと、直茂はさっそく~~

鍋島直茂「徳川殿~~ワシも会津に連れてって」(-人-)☆彡オネガイアピール~

徳川家康「だぁめ~~直茂は佐賀で留守番ね。息子の勝茂を出兵させなさい」

という返事だった。家康の本音として、不穏な九州にはベテラン直茂にいてもらいたかったのだろう。

家康が勝つ!と見込んでヤル気満々だった鍋島家が、フタを開けると所属は西軍・三成の味方。

もちろん、それには訳がある。

結論から言うと勝茂は、西軍の道路封鎖にひっかかってしまったのだ~~←おバカさん・爆


鍋島家紋

はるか九州は佐賀から東北の会津へ行くぞ~と兵士の大動員をかけたので、まず準備に手間取った。

さらに肝心の軍を率いる大将の勝茂が、病に倒れてしまったんです。

それも「腫れ物が痛くて馬に乗れない」という現代人からみるとカッコ悪い理由だ^^;

いやいや腫れ物と侮るなかれ~後年、直茂が死んだ時も腫れ物の悪化のせいだし。

徳川家康だって、伊達政宗だって、腫れ物で死にかけた逸話があるんです~~~

抗菌剤はもちろん、まともな消毒薬もなく、薬といえば薬草だし(薬効は一応ある)

名医という触れ込みで来る医者が、なぜか坊主で祈祷を始める~それがこの時代の医療(てか呪いレベル)


ちなみに冒頭であげた竜造寺21代目・高房も出陣する。

この時に高房が抜け駆けして、家康の元へ馳せ参じていたら・・・・

あるいは佐賀の藩主は竜造寺だったかもしれない。

だが竜造寺の親族は頼りない本家に見切りをつけて、宗家を完全に飾り当主へとに棚上げしていた。

だから高房を担いで抜け駆けしよう~~などとする者がいなかった。

まだ15歳の高房は、状況がわからないまま大人しく勝茂の回復待ちをしてしまった。



鍋島直茂は、どういう訳か子宝になかなか恵まれず、一度離縁し再婚している。

で直茂が40済んでから、やっと生まれたのが勝茂クン・ただいま20歳~高房と5つしか違わない。

後年に高房が自分の将来に絶望して自殺するのも、勝茂と自分の運命を比較してしまったのだろう。

名目だけの主君・高房と、実権を持つ鍋島の息子・勝茂の近すぎる年齢に、とうの直茂も気を使った^^;

嫡男の勝茂を一時期、江上(亡き隆信の実子)へ養子に出したことがある。

ただし、勝茂の養子に関しては「父の直茂のトコにいた説」と「養子に行ってた説」の二説ある。

もちろん関が原の時期には勝茂養子話は解消になってて、鍋島家嫡男に戻ってます。

「鍋島の嫡男として頑張れ!だが竜造寺には遠慮しろ!」って複雑なプレッシャーがかかっていた勝茂。

彼の病が癒えて出陣したのが7月中旬~三成挙兵の時期とバッチリ、かぶっちゃった~~~ぇえ!(゚ロ゚屮)屮

勝茂が大坂に着いた時~もはや周辺は完全に西軍制圧下~~( ̄ω ̄A;アセアセ


石田家紋

石田三成( ̄□ ̄)<勝茂クン。。。キミの奥方は亡き太閤殿下の養女だから、もちろん西軍についてくれるよね。。。

鍋島勝茂・゜・(PД`q。)・゜・だ・・ダディが(ホントは東軍で)頑張れって送り出してくれましたぁぁ~~~~~


え~~実は前回、1605年に勝茂が家康の養女と結婚~って記事にしたが、それは再婚なんです。

最初の奥方は、秀吉の養女(戸田勝隆の娘)です^^;;二人には子供はいません。

戸田勝隆は、関が原本戦で大谷とともに活躍する戸田勝成の兄です。

戸田勝隆自身は四国は伊予の大洲7万石でしたが「朝鮮の役」で陣中で病没~男子いなくて改易。

勝茂の最初の奥方は、関が原の時点で既に実家を失っているんです。

関が原のあと・・・肩身せまかったろうなぁ・・・この奥方の最期がどうしてもわかんなかった^^;;

とにかく右も左も西軍だらけで見動きがとれなくなった勝茂は、不本意ながら西軍になった。

そして勝茂が西軍だったために、鍋島家はとんでもない苦労をする羽目になるのだが、それは・またの話 by^-^sio

次回~佐賀の神様~川* ̄д ̄*川ポッ 

ブログ用画像~南洲さま
http://blogs.yahoo.co.jp/yuewannwann
兜・人物画像~橘朝臣幸麿さま
http://blogs.yahoo.co.jp/cfmjs676
家紋画像~ロンさま
http://blogs.yahoo.co.jp/kabiningen
相互リンク~ばんない様HPアドレス(戦国島津女系図)
http://shimadzuwomen.sengoku-jidai.com
参照先
(しいまんづ雑記旧録←戦国島津女系図の別館です)
URLが弾かれるので貼れません~興味ある方は検索してください^^;
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR