FC2ブログ

基礎4【料紙の裏打と続紙】古文書学入門(改)

えっと~料紙(和紙)から脱出できません,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
いつになったら書状本文の解説になるのでせうか,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

さて、ブログ友さまから「折紙」を博物館で見たことないなぁ~とありまして、もう少し詳しい話を^^b
折紙は料紙(和紙)を半分に折って使うことから、礼として略式とされていますが、書状形態としては珍しいものではありません。
いつの時か忘れたけど某局ヒストリアでも、折紙を使用した書状が映像で紹介されてました^^

ただ、折紙は、折り目が多いだけに経年劣化による損傷が他の書状より多いのは確かです。
そのため原形が変化(=破損)してる場合があります。

書状を原状回復、あるいは補修のために行う作業を「裏打(うらうち)」と呼びます。
これは折紙に限らず、大事な書状(例:起請文、安堵状)が破損したら(or予防)行ってるので、博物館だけでなく江戸の昔からありました。
(ちなみに博物館によっては「裏打」作業のボランティア募集してることもあるようです^^/)
【裏打---紙・布・革などの裏にさらに和紙や布などを張って厚く丈夫にすること。】
でして、掛け軸なんかでも装丁しなおすさいには、必要に応じて裏打作業を施します。

てことで取扱いが慎重にならざるを得ません。
もしくは現在修復中などで内容の解読が終わっていても一般公開されてない場合があります^^;

それと他に原形を損なう理由の大きなものでは「書状を掛け軸仕様にしちゃた~~~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ」
・・・が、ある。。il||li _| ̄|○ il||l
昔、流行ったらしいんですよ~~~床の間・茶室インテリアとしての掛け軸需要^^;
戦国期から茶道が普及するとともに、有名な書家の書を掛け軸にしたりとか^^

あと和紙って江戸の昔から漉(す)き直して再利用するから、劣化の激しい折紙なんかはソッチ逝き^^;
大事なものであれば漉(す)き直す前に書写するけど、そこまでシッカリ管理するかは所有してる人の性格次第,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
某奥方のように亭主から貰った書状を障子や襖の下張に使っちゃったりとかネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

さて、料紙については他に「続(継ぎ)紙」があります。
続紙
イメージとしては、こんな感じ^^/

これは文字通り料紙を継ぎ足して使う事で、書状本文が長くて納まりきれない時に行います。
連判状や連著とかで宛名、もしくは差出人が多いとか、どことは言わないが『書状本文が長い』ときなんかに行います。

ん~~料紙・・・書状の形態については、基礎的なものはこのくらいかなぁ^^
他に派生バージョンがあれば、文書の解説の中に盛り込むか、出た時に考えます^^
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR