FC2ブログ

参照文献_城館と中世史料

相変わらず多読です。
要するにアッチ読んでは半端、コッチ読んでは半端で、つまるところ新しいものに目移りしては飽きっぽいんですな( ゚Д゚)y─┛~~
冗談は置いておいて、読み散らすのとは関係なく、読むのが遅い^^;
で、読んだ部分から参照用の記録として残します^^/



第一部_中世城館の史料論
「戦功覚書」と城郭研究_竹井英文
興味のあるのから先に読んでた_φ(.. ) メモメモ
読んで一番に感じたのは「ここまで書くのに、調べるの大変だっただろうなぁ」です^^;

通史や軍記物と違い、戦功覚書は客観的に書いているので、事実関係を掌握するにはバッチリ。
通史とかだと主家に遠慮して敗北してるのに負けたって書かないように記述したりしてるから、判り辛いのなんのって^^;
だから軍功覚書にある城郭関連を抽出し、実際の発掘した城郭データを照合すると当時の城郭の姿が明瞭になる。
それと地名とか当時の呼称で書かれているので、地理的な変遷も検証できる。
論を簡単にまとめると、そういう感じ^^

戦功覚書には大きく二つに分類されます。
一つは、主家・藩などに提出する上申文書に分類されるもの
もう一つは、子孫に向けて書いたものです。
子孫向けだと誇張が入るかもですが、主家へ提出だと他も出すから矛盾するような事は書けません。
だから江戸期成立であっても戦功覚書は比較的精度が高い史料といえます。

他に主君に出す戦功記録としては軍忠状があります。
これは『提出した文書に、証判をもらう』ので、軍功に対する何よりの証拠になります。
他に功績に対して主君が出す感状とか。
「戦功覚書」が軍忠状や感状を元に書いたものなら、完璧です・・・・が現実問題なにもかも揃ってるのって滅多にない^^;
そもそも戦功覚書もあんまり残ってないのよネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

更にネックになるのは覚書が『大きな戦の記録に集中しちゃう』ってことです。
佐賀藩で言えば「沖田畷」と「島原の乱」です。
諸地方の記録になると、各市町村によってバラバラに収蔵された覚書を拾い出し、該当部分を探さなきゃならないので、凄い地道な作業になる^^;
竹井氏が参照した覚書は、まだ全文が翻刻(ほんこく=現代漢字に起こすこと)されてないのも相当数あるみたい。
だから読み終わった時の初めに感じたのが「大変だったろうなぁ」なんです^^;
参照資料に野口先生の論文(佐賀関連)があったのが個人的に嬉しかった(*´pq`)
末尾に「今後も検討を積み重ねていきたい」とあったので、これからの研究成果を楽しみに待ってます^^/


スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR