FC2ブログ

ゆるふわ考察⑤~宗教と政治

古来日本においては【祭祀を祀る事=政(まつりごと)】で《祭政一致》だった。
「祭=祖霊を祀る」「政=まつりごと」^^b
※「祭政一致」の体制の下では、政治的指導者=イコール宗教的指導者。

で、宗教史の流れを簡単にまとめると大きく三つに分類できる。
☆ファーストインパクト~仏教と合体!神仏習合さ!
☆セカンドインパクト~~寺請制度だ!神仏は習合のままだけとね!
☆サードインパクトが明治維新。幕府の宗教政策によって保護されてきた仏教界に廃仏毀釈という使徒が襲来する。

悪乗りはさておき、祭政一致というのは未分化な社会や古代国家に多く見られる政治形態です。
だから生まれたばかりの明治新政府が、日本伝統の習俗に倣い「祭政一致」を目指した事は強ち的ハズレではない。
だが社会が複雑化し様々な利害が絡むようになると、古代のままの祭政一致では時代の変化に対応しきれない。

飛鳥時代、国家鎮護のツールとして仏教を導入したのとは逆に、
明治新政府は王政復古・祭政一致のために【徳川幕府の宗教政策という不純物】を除けようとした。


初めは神仏分離だった・・・
実は神仏分離自体は地域限定で江戸時代もあった。
岡山藩や水戸藩、淀藩、会津藩等の儒教が興隆した藩を中心で、出雲大社でも17世紀に神仏分離が行われている。
明治政府は「王政復古」を旗印に、神道国教化の為に日本古来の姿である「祭政一致」に戻すべく、まずは習合状態の神仏を分離する【神仏分離令・1868年】を発した。
 ●神社に奉仕していた僧侶には還俗
 ●神道の神に仏具を供えることや、「御神体」を仏像とすることも禁止


明治政府には仏教界を弾圧する意図はなかったのだが、結果として行き過ぎた神仏分離が廃仏毀釈運動へと波及した。
寺宝は二束三文で売り飛ばされ、石仏や地蔵の顔や頭部は破壊さたり削られたりした。
廃寺になったり神塔を破壊されたりと、タイフーンが二つも三つも襲来したかのような凄まじさ。

生き残るために寺号を捨てて、神号・・・つまり神社になった元寺院もある。
鹿児島県で島津歳久を祭神とする平松神社は、その典型例でして元々は曹洞宗の心岳寺でした。
吹き荒れた廃仏毀釈運動の為に、神仏習合時代の記録は非常に調べづらくなってます。

各神社HP、各寺院HP。
それぞれ歴史コーナーはあれど江戸期以前に、どの寺院が習合してた別当寺なのかデータ公開してるところは殆どありません。
だから自分も、肥前国総鎮守にして一宮である川上社の別当寺が実相院であることを突き止めるまで、実は半年以上かかった^^;
(現在の呼称が与土日女神社で、記録上の呼称が河上社や川上社で、これらが同じ神社だって気づくのにも苦労を・・・)

・・・・・・・・てか、これって歴史好きの佐賀ブロガーに聞けば一発だったんじゃね?,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

でも地元の人には当たり前すぎて、他県人がピンと来ない事が不思議だから、なかなか話が噛み合わない部分はあるんだよなぁ ( ̄ω ̄A;アセアセ

更に明治政府は神道国教化の一環として、
「僧侶の肉食妻帯蓄髪は勝手たるべきこと(明治5)」と太政官布告。
それまで僧尼令(757年)に定められた僧侶の肉食妻帯の禁を解いた。

この僧侶も結婚していいよ~~~~
の前に明治政府は明治4年1月、社寺領土知令を発した。
御朱印や黒印によって保障されていた社寺領は、現在の境内地を除いて、ことごとく返上すべし!
さらに御朱印境内地も必要部分を除いて没収!


くりかえすが明治政府は神道国教化を目指してはいたけど、仏教弾圧までは考えていない。
が、あらゆる施策を実行する上に置いて、初期明治政府はあまりにもボンビー過ぎた。・゜・(PД`q。)・゜・

この社領を上知令(あげちくれぃ~じゃなくて「あげちれい」ね^^b)は、施行段階では仏教界への経済DVとなったのは言うまでもないのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: つねまる様

こんばんは。こちらこそ何時もお世話になっております。

> 日本の北と南なので、調べるのはとても大変でしょうね。

自分でも奇妙な情熱だと思います^^;

> 神社の名前がお寺のどこかに残っていればいいのになー。

ほんと、それだと助かるんですけど(´;ω;`)ウッ

> 旦那寺の集金システムは、なんだかなー。寺請制度、健在?

でも葬儀も簡素・簡略化が進んで、昔ほどじゃないのかな~って^^

時代に適応したものが残っていくんだと思います^^

コメントありがとうございました^-^

すごいすごい♪

こんばんは。いつもお世話になっております。
日本の北と南なので、調べるのはとても大変でしょうね。
地元の事は地元で聞こう、な、お気楽者なので気が遠くなります。すみませーん、★○神社の神宮寺はここですかぁ~?っと、ピンポン。
神社の名前がお寺のどこかに残っていればいいのになー。
しかし、昨今は神社よりもお寺の隆盛が顕著ですね。

やはり、先立つものを集めやすいというか。けほ。
旦那寺の集金システムは、なんだかなー。寺請制度、健在?
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR