FC2ブログ

参照8・秀吉研究の最前線_第3部_秀吉の宗教・文化政策の実像

=== (後編)秀吉は、なぜキリスト教を「禁止」したのか 清水有子 ===
家紋・豊臣(ロン様作成:豊臣家紋ロゴ)

参照文献によると、秀吉の追放令の後、匿ってくれてた九州のキリシタン大名領で密かに布教を再開していたそうです。

イエズス会巡察師・ヴァリニャーノが来日(宣教師の日本残留許可願)した。
天正19(1591)7月25日「異国往復書簡集」収蔵の秀吉の外交文書によると
え~~~前略で中略で結論が『宣教は禁止!!(`・ω・´)キリッ』
『ただし同時に貿易は許す!(; ・`д・´)』
てことで人質名目で宣教師10名の長崎滞在を認めた。

貿易するなら布教しろ!ヾ(*`Д´)ノ
てなもんで、貿易のためにはイエズス会の介在を完全にゼロにはできず、
結果、秀吉の追放令(実質は禁教令)は骨抜きにされたんです( ̄ω ̄A;アセアセ

とはいえ、禁教令そのものは廃止になったわけじゃないから、制令としては現役続投なぅ~な訳^^b
慶長元年(1596)10月17日、スペインのサン・フェリペ号が土佐へ漂着すると、秀吉は積荷をボッシューとした。
12月19日には、宣教師・キリシタン含めて26名を長崎で処刑している。

慶長2(1597)7月27日「ルソン総督宛返書(「異国往復書簡集」収蔵)」
秀吉「本朝は神道をもって主となし伴天連が異国法を説くことは、国政を害するゆえ堅くこれを禁じ厳しく制している」

秀吉は宣教師たちが布教を再会していたのを禁令違反として処断したことを公式に回答した。
つまり追放令は空文ではなく、法として効力をもっていると内外に示していたんです。

秀吉は死後神となり、秀吉版祭政一致(祭祀⇒秀吉、政治⇒豊臣政権)を目指していた。
地上の権威よりゼウスを上とするキリシタンは絶対に認められない。

秀吉の法を家康は継承しました。
慶長7(1602)国内宣教を禁止。
同18(1613)12月「伴天連追放令」発布
秀吉の伴天連追放令は、江戸幕府の禁教令の原型の感があります。

家紋_徳川(ロン様作成:徳川家紋ロゴ)

参照文献では、山本博文氏の言葉を引用し【「江戸幕府が禁教令のために貿易体制を変更し鎖国体制をつくりあげた」と指摘している】と述べています。

この「貿易体制を変更」を更にKwsk・・・もとい詳しく言うと、奉書船制度を指します。
寛永8年(1631)に、奉書船制度が始まり、
寛永10年に(1633)には、奉書船以外の渡航が禁じられ、これが第一次鎖国令です。


奉書(ほうしょ)・・・古文書学入門で出た言葉ですが覚えて頂けてますでしょうか?(; ・`д・´)
今風に言うと業務執行のための公式文書で、これが発給されないと事務・庶務・手続き全般が執行されません。

前段階として朱印船があるわけです。
天下御免の「権現様の朱印がある朱印状」・・・これを外国船が所持している限り、彼らの入国は拒めない。
(船内にいるキリシタンも入国してしまう)
そこで幕府は、武家様文書の古式に則り、朱印状のほかに奉書も添付しないと駄目だじょーとすることで、外国勢力が入ってくるのを幕府のコントロール下にしたんです。

朱印or黒印が押された印判状には、武家様文書の慣習で効力発生の時期である年月日が記載されていません。
効力が発生するのは「奉書が書かれたの年月日から」です。

ちなみに朱印は権現様だけでなく、モンキーマジックな秀吉の朱印でも認められます。
朱印状そのものの権威キープのため、秀吉の朱印だから駄目っていう制限は出来ないんです。

布教と貿易と侵略フルコンポSETのスペインを排除するには、天下御免スペックの朱印状の効力を実質無効化する外交の離れ業が必要です。
朱印状を貰った外国勢力は「ヒャッホーイ♪ヽ(*´∀`)ノ」と喜ぶが、実際は待てど暮らせど奉書が来ないので「履行されない空証文」
武家の文書様式を知らなければ「朱印状さえあれば何時でも履行されると錯覚した」でしょうから時間稼ぎできます。
江戸幕府は戦をすることなくスペインを退けた・・・まさに神対応です!!(・∀・)グッジョブ

奉書の署名花押する責任者は、事務官レベルの奉行衆ではなく、閣僚クラスの老中。
宗教統制といい、奉書船制度から鎖国への流れといい、江戸幕府が260年続いたのは伊達じゃないのだ ・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・

あり?秀吉の最前線から飛び出しちまったい:゙;`゙;`;:゙;`;:゙`;:゙;`ヽ(゚∀゚ゞ)ブハッ
さて、次はニッポン♪チャチャチャ (/\) チャチャチャ \(`∀´)/ ハッ!
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: しばやん様

こんばんは。

> 半年ほど前に、時乃★栞さんから「奉書」のことでコメントを頂いたときは目からうろこでした。

聞けば単純な話なんですけど「奉書」って呼称が一般的じゃないのかもしれません。


> 江戸幕府も初期にはなかなかの知恵者がいたのですね。

武家様文書の書式だから、ごく当たり前の事務手続き。
それだけにスペインもゴネることが出来なかったのだと思います。
「特別なことじゃない」ってのが、一番の撃退法なのかもですね(^ -)---☆Wink

コメントありがとうございました^-^

奉書

こんばんは。

半年ほど前に、時乃★栞さんから「奉書」のことでコメントを頂いたときは目からうろこでした。

「江戸幕府は戦をすることなくスペインを退けた」
江戸幕府も初期にはなかなかの知恵者がいたのですね。

Re: 内緒さま~~

ありがとうございますゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

もうちょっと下調べしてから記事にしますね~( *´艸`)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: つねまる様~~

関西の紅葉は、まだこれからなんですね^^
こっちは冬タイヤにお着替えしました^^

こちらこそありがとうございます。
ちょっとオネガイがあるので、そちらに再訪させて下さいませ^^

No title

こんばんは。うおおおおー!?っとびっくりしました。
すごいねー。投稿時間の短さに、またびっくり。一気に書けるほどのネタ(?)だったのですね。
重ね重ねありがとうございました。

皆様のおかげで、本文よりコメントが充実しておりまして、それが私の自慢です。

三井寺が戦国好きな方の間でも人気なのは、建物の由来があるからで、なかなか仏像の素晴らしさまで伝えられないのが寂しいです。

連休なので、んもお、すごい混雑です。関西、紅葉はまだです。

Re: つねまる様

こんばんは。

お邪魔でなければ続きも書きたいくらいなんです。

まだ本来の研究に戻れるほど回復はしてないので、遊びに行かせてください(=人=)☆彡

優しいお言葉、本当にありがとうございます^^

No title

こんばんは。
三井寺記事に専門的なコメントをありがとうございました。
力が入りすぎて研究のお邪魔になってなかったらいいのですが、大丈夫?

時乃★栞様さえ大丈夫なら、またいろいろ教えてくださいね。
今夜は大阪も少し冷えてきたので、そちらはさぞかし・・・あ、室内は暖かいんでしたね。へへへ。

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR