FC2ブログ

【大隅_蒲生(かもう)氏(戦国編_前編)】

前後編で終わるかシラン~~史料眺めつつなので配分は行き当たりばったり:゙;`゙;`;:゙;`;:゙`;:゙;`ヽ(゚∀゚ゞ)ブハッ
室町編から半年間があきましたが、区切りよく戦国編に入ります(。-_-。)vブイッ♪
一応おさらい~大隅国・蒲生氏は、GAMOUの方ではなく・・・・KAMOUと読みます^^/
出典:本藩人物誌(国賊伝)

奥州家が総領家となる覇業を支え戦国期も良き下位者として仕えて来た大隅・蒲生(かもう)氏。
それが怪しくなって、国賊認定にまでなるのは戦国期の顛末からです。

まず戦国期に入って15代目・蒲生充清には女子しかいませんでした。
なんか、ここら辺りで もうヤバイ臭いです。^^;

そこで種子島武蔵守忠時の次男を婿養子に迎え16代目当主としたのが、蒲生越前守茂清。
ちなみに島津義久の継室となる円信院は、12代目の曾孫にあたります。
つまり、この婿養子のあたりは戦国初期~中期の話なわけです。

で、この婿養子の代で島津氏に敵対することになります。
実のところ≪蒲生氏が【何故、島津に謀反したか?】は、明瞭ではない≫んです。

国賊伝は事実を淡々と記してますが、根っこの原因らしきものは書いていません。
緩い想像としては
「蒲生さんちは島津より先に大隅国蒲生に土着してたから、
分家筋からの当主である伊作の日新斎、貴久親子に従うのが嫌だったのかなぁ~」って程度^^;

あとキナ臭い要素としては、婿養子迎えた後に男子が生まれちゃったのよ~( ̄ko ̄)
奥さん聞いて聞いて~~な、よくある話よネー(*´・д・)(・д・`*)ネー
家督争いにはならなかったけど、婿養子がいなければ当主だったはずの15代目の子・清親。
彼は貴久に敵対した婿養子には与しないで、宗家・貴久サイドについたから、蒲生一族は分裂してたようです。

人物・島津貴久
(島津貴久イメージ画像:著作権・作成者は幸麿さまです)

とにかく婿養子・茂清は、毎度毎度マメに謀反してる渋谷ファミリアや菱刈と徒党を組んで、貴久公に敵対したそうな___φ(.. ) メモメモ
一度【守護職の権威】と言う枷が緩んでしまった薩摩・大隅・日向で、また元に嵌め直すのは容易なことではない。
「自由」を知ってしまった国衆にゃんこは、飼い猫から野に放たれた虎の如く逞しく成長してたんです。

三後(薩摩・大隅・日向)が下克上した肥前と違うのは、守護職・島津氏の実力による再統一という点に尽きます。
守護職から戦国大名化し更に近世大名へとスライドした、極めて稀な成功例です。(←個人的萌え要素)
戦闘民族シーマンズDNA改造が成功s・・・・・・(._+ )☆\(-.-メ)アホ

結果として弘治3(1557)年4月18日に、茂清の子で17代目・範清の時に降参したんだけど、彼ってば大人しくしてないで祁答院に出奔しちゃった( ゚д゚)ンマッ!!
んで、祁答院から更に入来院を頼ったため、蒲生氏の嫡流(家督的な意味)は断絶してしまう。

島津貴久は蒲生15代目の血を引く孫・・・つまり宗家サイドの蒲生清親の子・清綱に蒲生の家督を継ぐように命じました。
ぶっちゃけ、血が繋がってるのはコッチなんだから、家督の流れが元鞘に戻ったとも言える。

頼られた入来院氏も蒲生範清を無碍(むげ)には出来ず、隈之城の内、青木門を与えて食客にしました。
ここらあたりは島津宗家も「寝た子起こさず」で、大人しい分には放置してたんでしょう。
蒲生範清は、そこで没しました。

やらかしたのは蒲生範清の子・為清です。
彼は領地を取り戻そうと、島津義久の頭越しに秀吉に接触しようとしたのだが、それは またの話^-^
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR