FC2ブログ

【大隅_蒲生(かもう)氏(戦国編_後編)】

出典:本藩人物誌(国賊伝)
赤文字はシオ補足

島津貴久・義久親子に背き入来院の食客で亡くなった父・蒲生範清(17代目)
順当というか祖父(婿養子・茂清)・父(範清)が宗家に謀反しなければ18代目は為清だった。

が、敗れて実質御家断絶、蒲生の家督は15代目の孫が貴久の命で継いだので、蒲生為清の処遇は宙ぶらりんだったことになる。
時の流れに身を任せていれば、入来院の家臣か、上手く島津家臣に滑り込めたかも?かもう?
朝鮮の陣、庄内の乱、関が原、大坂の陣(夏冬)と軍功のチャンスはあったから。
未来を見通せたとしても結果は同じになったかもしれない。
蒲生為清の目指している御家再興は、島津家臣としてのソレでなく、自立した国衆としての御家再興だったからです。

本藩人物誌では、十郎三郎為清 天正十五年 太閤西征ノ時 殿下ノヲ願フとある。

具体的に、どう昵懇になろうとしたのか伝手はあったのかとか、詳細は書いていない。
が、その計画は島津義久にバレた。

龍伯(島津義久)公怒テ 於国分脇坂誅為清
意訳すると、『激怒した島津義久は国分脇坂(霧島市国分)という土地で始末させた。』です。
国分には城があって、国分衆は義久公忠義の者たちでした。

本藩人物誌・国賊伝の記述ですと自害ヲ賜フとあるので、おそらく詰腹(つめばら)切らされたんでしょう。
詰腹(つめばら)は、強制的に自害させることなんですけど、切腹だから武士としてはマシな死に方なんです。
斬首(ざんしゅ)は、ガチ罪人扱いで多くは武士身分も剥奪されますから。

「昵懇情報リーク~成敗」の流れは、秀吉の意向も絡んでたかも。
領内でのトラブルは島津にとって立場上不味いので、やったのもあるでしょう。

また、朝鮮の陣(明国制覇)を目論んでた秀吉は、島津が分裂して島津の軍役(出兵する兵力)が減るのを嫌がってました。
ましてや国衆の自立など秀吉の統治構想にはゼロだったでしょう。
でなければ、あちこちの国衆を潰したり、本貫地から離したりしません。

家紋・豊臣
(豊臣家紋ロゴ:著作権&作成者はロン様)

為清には二人男子がいました。
父・為清が成敗されたのを知ると、母が二人の子を連れ京へと奔った・・・・
必死に逃げたんでしょうねぇ・・・・母がってことは子供は当時、幼かったんでしょう・・・( ◢д◣)

で、一人は松平加賀(前田利常)、一人は永井信濃守(永井尚政)に仕えたそうです。
島津からの安全地帯ったら、江戸幕府絡みか島津以上の大藩の懐(ふところ)しかないもんネー(*´・д・)(・д・`*)ネー

貴久の命で18代目となった清綱(実は15代目の孫)は、形式上は婿養子16代目・茂清の養子という形をとりました。
家督相続ってのは、手続きが面倒くさいもんなんですわ。( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _ うんうん

蒲生氏バナ~あとちょっとだけ続くんですが、それは またの話^-^
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 内緒さま

> 松平加賀っておそらく、松平姓を貰った加賀・・・つまり前田利常ではないかと。

あ!
それは思いつかなかった!!

永井尚政のほうは自信なくて書かなかったんです。
ありがとうございます。
さっそく修正します^^/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
563位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
103位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR