FC2ブログ

【公式(くしき)文書_五・諜(ちょう)】古文書学入門(改)

「符」の上の役所から下の役所へ出す文書に対応して
下から上の役所に出す文書を三種類規定した。

一つが「解・げ」これは次の六で説明します。
一つが「辞・じ」これは下級官吏が役所に申達する。
一つが「諜・ちょう」で四等官以上の官吏が役所に申達する。
諜は他に僧綱(全国寺院の統括機関)&三綱(各寺院の中枢機関)が役所と文書を交す場合にも用いられた。

が、これはあんまり守られなかったらしい。
諜はサブ機能だった僧綱&三綱の応答に用いられ、そのうち上下関係のハッキリしない役所間に用いられるようになった。

その点、前回記事にした移(い)に似ています。
「移」が平安期に入ると使われなくなるにつれ、「諜・ちょう」は時代が下るにつれ用途が広くなる。

現在残る公式(くしき)令は、養老年間(717年~724年)までに制定された養老令です。
この後に新設された役所は「令外官(りょうげのかん)」と呼ばれました。

たとえば蔵人所、検非違使庁、記録所、武者所など律令制度からはみ出した部署は上下関係がつけられません。
そこで「諜・ちょう」が用いられ、ついで発生した新様式の下文(くだしふみ)と併用されるようになります。




やっと武家様文書に関係する「下文」の言葉が出てきた・・・il||li _| ̄|○ il||l
次ぎの「解・げ」で公式文書から脱出(←?)できる~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR