FC2ブログ

【公家様文書_1宣旨(せんじ)】古文書学入門(改)

はじめに・・・この古文書学は理屈・・・もとい学術的な学問としての解説です。
何か(実技編)を期待した方にとっては「知りたいのは、この方向じゃない」かも、しれないことを予め御了承下さい。宣旨は蔵人所が設置されてから発生しました。

その発布の流れは下記のようになります。

内侍(ないじ)
職事(しきじ=蔵人頭)
上卿(政務担当公家・大臣)
内容によって外記局or内記局or弁官
発布

赤文字部分
内侍から蔵人頭に渡される文書は内侍宣(ないじせん)と呼ばれていました。
鎌倉時代以降に出る「女房奉書」は、この内侍宣の流れを組む文書です。
青文字部分
この伝達は口頭だったのですが、間違えたり忘れたりしないように覚書・手控えを用意してました。
この蔵人頭のカンペを口宣(くぜん)と呼びます。
このカンペは後に効力を持った文書となり口宣案(くぜん案)と呼ばれるようになります。
さて緑文字
大臣から弁官に通達された場合の発布方法がありました。
大臣
弁官
所属書記・史(さかん)←ここで草案_φ(.. ) カキカキ
発布
といった感じ^^b
その他に宣旨と同系統の文書があるのですが、それは番外編に続く(=^・ω・^=)v ブイ
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど、よくわかりました。

こういうとは、教えてもらわないとわからないですね。

ありがとうございました。

Re: しばやん様

こんにちは。

まず元々は口頭で伝えるものでしたので、
命令を出した帝の綸旨や院の院宣を添えて受任者(政務担当大臣)に渡していたので、宣旨が正式に発布される前の蔵人頭の口宣に対する仮の証文としていました。

口宣案(カンペ)そのものが直接受任者に渡されるようになると、命令を奉じた職事蔵人の署名の記載など、同人の真筆であることが必要要件とされました。

つまり「もし蔵人頭が偽勅を出した場合」、口宣案が蔵人頭直筆であることが予め証明されているので、すぐ誰が犯人かバレます^^
このように口宣案を扱う者の責任の所在を明瞭にすることで、偽勅や間違いが起きることを防いでいました。

初歩的な質問です

時乃★栞さん、こんにちは。
いつもお世話になっています。

初歩的な質問ですが、天皇が口頭で指示された内容が文書になって相手に届ける前に、事前に内容をチェックして公印を押されたのでしょうか。
そういう手続きを踏まずにカンペが横行すれば、偽勅が乱発されてしまう可能性を感じます。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
762位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
123位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR