FC2ブログ

【公家様文書_2官宣旨(かんせんじ)】古文書学入門(改)

はじめに・・・この古文書学は理屈・・・もとい学術的な学問としての解説です。
何か(実技編)を期待した方にとっては「知りたいのは、この方向じゃない」かも、しれないことを予め御了承下さい。
参照:佐藤進一著「新版 古文書学入門」


宣旨の発布方法で更に別ルートがありました。



内侍(ないじ)---ここで内侍宣(ないじせん)=文書で伝える⇒女房奉書が派生

職事(しきじ=蔵人頭)---ここで口宣(くぜん)=口頭で伝える⇒口宣案が派生

上卿(政務担当公家・大臣)

内容によって外記局or内記局or弁官

ここから弁官の部下・書記に渡さず、弁官が署名して発布する様式がありました。

この様式を官宣旨(かんせんじ)と呼びます。
書き方が「左(または右)弁官下(くだす)」で始まるので「弁官(べんかんの)下文(くだしふみ)」とも呼ばれていました。

これまでの律令制のもとでは対象によって「符」だの「牒」のと文書をわけたり手続きも煩瑣でしたが、
一律に下文ですませるという簡便さがありました。
そのため次第に官宣旨が広く用いられるようになります。

官宣旨という様式は、「某下す某」と誰が誰に出すか端的に表すという点で、公式令(くしきれい)の規定以外の新様式文書です。
この官宣旨の様式は各所で広く用いられ一般に下文(くだしふみ)と呼ばれました。

例えば
・蔵人所下文
・検非違使下文
・院(上皇)下文
・女院庁下文
などで、さらには公家の家政処理にも用いられました。

摂政・関白はじめ公卿らは、各自家政機関である政所(まんどころ)から下文を出しました。
政所は平安後期になると三位(さんみ)以上の公卿が特権として設けることを許されるようになります。
この公家政所下文の流れを組むのが、鎌倉武士の下文です。

要約すると
宣旨⇒官宣旨(帝の下文)⇒各所(上皇・女院・蔵人所・検非違使庁)下文⇒公家政所下文
という流れで派生し、そこから武家様文書の下文となります^-^
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: しばやん様

こんばんは^^

専門家は自分の論文などを元に著作されるので、おのずと表現なども専門的になるんだと思います。

自分は未だ駆け出しの素人ですが、お役に立てれば光栄です。

しばやん様に質問されることで自分も勉強になるので有り難く思います。

コメントありがとうございました。

ありがとうございます

こんばんは。

早速ご回答いただきありがとうございます。

専門家の方の文章はわかりにくいので、時乃★栞のコメントは有難いです。

古文書が「名家の証で一種の権威」というコメントはわかりやすいです。また「庶民の生活が判るようなものが残るのが珍し」い理由が良く分かりました。

こういうコメントが書けるのは、かなり勉強された証ですね。これからもいろいろ教えてください。

Re: しばやん様

> こんばんは。

> 相手に出された文書の控えは必ず作られるものなのでしょうか。

武家の場合しか判らないんですが、基本、相手に送る以外に自分用に「写し」として残します。
相手に送る前の「案」だけが残る場合もありますね。

> また作成された文書について、保存のルール(分類方法、期間など)は定められているのでしょうか。

起請文、安堵状など権利関係は累代残しますので期限はないのではないでしょうか。
例えば鎌倉期や室町期の安堵状など、政権が滅びても拝領した武家が残っていれば保存しています(例:島津家)

文書が残るということは、それだけ古い名家の証で一種の権威にもなりえます。
島津家では、当主の証として古文書類を歴代当主が受け継いできました。

分類方法やルールとなると、そこまで専門的な知識がなくてすいません^^;

>役所や企業では文書番号がありますが、番号を振るようになったのはいつの時代なのでしょうか。

すいません^^;それは判らないです。ごめんなさい。

> 博物館などで、よくこんな文書が残っていたなと感心することが多いのですが、コピーやPCのない時代にどんな文書管理をしていたのかと気になります。

文書の長期保存の補強用として「料紙の裏打ち」があります。
記事にしてますので参考までにhttp://siori20120901.blog.fc2.com/blog-entry-1091.html

逆に権利関係以外の文書は、古くなると反故にして再生紙として使いまわしちゃいます。
裏面を使ったりとか。
だから庶民の生活が判るようなものが残るのは珍しく、史学以外にも民俗学などで貴重な場合があります。

自分も独学なものですから、ざっくりとしか説明ができなくてすいません。

また初歩的な質問です

こんばんは。
また初歩的な質問させていただきます。

相手に出された文書の控えは必ず作られるものなのでしょうか。
また作成された文書について、保存のルール(分類方法、期間など)は定められているのでしょうか。役所や企業では文書番号がありますが、番号を振るようになったのはいつの時代なのでしょうか。

博物館などで、よくこんな文書が残っていたなと感心することが多いのですが、コピーやPCのない時代にどんな文書管理をしていたのかと気になります。

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
762位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
123位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR