FC2ブログ

【前篇・椎葉山事件】人吉藩初代藩主編4栞58

日向は宮崎県椎葉~~N〇Kで焼畑を紹介してました~~平家落人伝説の方で知られてます^^/
にほんブログ村 地方・郷土史

1612年(慶長17)2月~岡本大八事件が起きる

周り廻って相良にも関わるのだが、ザックリとウィキペディアです
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E5%85%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

賄賂を貰った岡本大八は火刑、賄賂を渡した有馬も切腹を命じられた。

(ただしキリシタンだったので切腹を拒み、家臣に首を落とさせた)

だが死んだ有馬の嫡男・正室が、徳川家康が溺愛する曾孫・国姫だった。

実は国姫の生母・熊姫も家康のお気に入りで、目に入れても・・・というデレデレぶり。

というのも熊姫(孫)国姫(曾孫)母娘は、非業に死んだ家康長男・信康の血を引く姫君だったからです。

ということで嫡男が一度家督を継ぐ、有馬嫡男は幕命でキリシタンを迫害した。

だが領民を迫害することに良心が咎め(←これが普通の感覚です)キリシタンと関わりない場所への転封を願うようになった。

国姫を妻に持てば怖いものなし~~

幕府は、有馬家が入るに適当な地を選定しはじめる。

1613年5月17日~大久保長安事件~

またまたウィキペディア~スルー可
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E9%95%B7%E5%AE%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6

この大久保長安事件で、連座として処分されたものは多いのだが、その中に日向・縣5万石の高橋元種がいる。

表向きの理由は、坂崎出羽守の訴状により改易となった。

坂崎は・・・なんというか、そのお騒がせ男です( ̄ω ̄A;アセアセ

有能なんだけど、性格がヤバい男で・・・危ない逸話があるけど、ここでは割愛。別の機会にやります。

有馬氏(の妻の可愛い曾孫国姫のための)新天地を物色してた幕府にとって、坂崎の訴訟は渡りに船。

高橋元種は「初めに改易ありき」で、裁定といいつつ坂崎とも対決することなく処断された。


相良家紋

高橋家の後に(予定?通り)有馬氏が入るのだが、相良家と米良山・椎葉山を巡る国境問題も持ちこされてしまったらしい^^;

有馬家によると「相良は米良・椎葉に執着してた」と勘繰っています。

このあたりは微妙です、結果だけみて言うのはカンタンですから^^;

ただ、有馬家所蔵の古文書の中に相良関連のものがあるんです。

専門研究家の裏付けがあるわけでなので、これは「子孫補正・年代の読み間違いがない」ものとしての話です


その古文書のなかに「高橋改易前の4か月前に、相良家で高橋改易に触れている文書がある」というのです。

(古文書の解読に間違いないものとして)考えられる理由は[幕府からの高橋家内定調査依頼が隣国で縁戚の相良家に来てた]です


幕府の隠密が、江戸初期から活躍してたとは、ちと考えずらい。

第一、余所者が来たら方言・習俗の違いで即バレるだろう。

その点、相良なら隣で、日向とは長年「草の根レベル」の交流があるので、内定調査にはもってこい。

相良頼房は国境問題を自分に有利とするために、幕府からのスパイ依頼を引き受けたのでは?

子孫HPでは「相良家には表と裏の顔がある」と記しています。

これはシオも感じているところです。

とはいえ、発想に飛躍がありすぎるような・・・・面白ければ面白いほど、うかつに飛びついたらイカーーンと己を戒めておりました( ̄ω ̄A;アセアセ

ところが、その後に起きる「椎葉山事件」を調べているうちに「やはり相良家では高橋家を潜入捜査してたのでは?」という疑念が再び起きたんです。

歯切れの悪い記事で申し訳ない( ̄ω ̄A;アセアセ

史料が少なく、想像で補う部分が、いつも以上の多いので慎重になってました。


高橋家紋

椎葉は那須十三人衆という国人たちが支配していました。

その中で代表格である那須弾正が、秀吉から御朱印状を貰ったことを良いことに、驕慢の振る舞い甚だしく年貢の取り立ても過酷だったそうなんです。

そのため不穏な状態になり、それを高橋元種が宥め慰撫し、とりあえずは治まった。

「相良は椎葉山・米良山が欲しかった」

リアルもののけ姫の世界で山ばっかの土地なんだが、両方合わせれば1万5千石くらい(無理矢理捻くり出して)か?

1603年の訴訟裁定では「米良山は相良預かり」と提案されている。残るは椎葉山のみ。

高橋元種の慰撫で椎葉が平穏無事のままでは、相良が食い込む余地がない。

幕府からの内偵依頼があったとすれば、相良にとって椎葉を手に入れるチャンスなんです。

高橋領内だけでなく、椎葉周辺も調査したかもしれません。

1619年・・・日向・椎葉で一揆が起きるのだが、それは・またの話 by^-^sio

ブログ用画像~南洲さま
http://blogs.yahoo.co.jp/yuewannwann
兜・人物画像~橘朝臣幸麿さま
http://blogs.yahoo.co.jp/cfmjs676
家紋画像~ロンさま
http://blogs.yahoo.co.jp/kabiningen
相互リンク~ばんない様HPアドレス(戦国島津女系図)
http://shimadzuwomen.sengoku-jidai.com
参照先
(しいまんづ雑記旧録←戦国島津女系図の別館です)(球磨の部屋)(田舎暮らし/古文書館)
URLが弾かれるので貼れません~興味ある方は検索してください^^;
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR