真田丸_籠城33日目

はじめに、この記事は歴史的な検証など堅苦しいことはしません。
ただひたすら「萌えっぷり」を実況する真田○ワールドです。
史実検証に拘る方はスルーしてください^^/

尚、管理人本人の「大坂の陣」に関する知識は、司馬遼太郎作「城塞」だけです(爆



しばらくネットから離れてました^^;
さぼり癖がついちゃってすいません。

今日は不発に終わった石田三成の徳川屋敷襲撃。
それが逆に家康に自信をつけさせ、天下取りへと動き出す契機になったという皮肉な展開でした。

小早川金吾君は従来のイメージ通りだな~
福島正則は個別のキャラとしてはチョコチョコ出てる割に空気^^;

加藤清正が「友人」石田三成を心配するっていうのは新しい観せ方だと思う。
清正と三成の関係は朝鮮の陣より前は不仲じゃなかったので、個人的にはシックリ来る流れ。

にしても石田三成の嫌われっぷりが半端なくて笑うしかない。
大谷刑部は三成を止めるために敢えて家康についた。
これも友情の形 (゜-Å) ホロリ

細川忠興、前回はキャラがイマイチと思ったけど、今回のキレキレっぷりはイメージそのもの(=^・ω・^=)v ブイ
ここで干し柿ネタを使ったか(*´pq`)ぷぷぷ
といいつつ、元の逸話の詳細を忘れてしまった・・・・il||li _| ̄|○ il||l

宇喜多も三成にイライラすると言ってたけど、石田が社交的だったら歴史が変わってたのだろうか・・・(;´・ω・)
ついに家康を倒す決意をした上杉景勝。
直江が言ってるし史実もあるし、今度こそ口だけじゃない本気の決意。
渋いわぁ~(人´∀`).☆.。.:*・

雰囲気的に来週こそ前田利家が死ぬかな(;´・ω・)
実は、きりさんのウザ言動がなくて物足りなかった(爆

来週も楽しみ真田○ (・∀・)  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: らんまる先生

こんばんは^^

お返事遅れてすいません。

真田○の三成像は今までのような嫌味なキャラから、人間味のあるキャラを描いていると思います。
孤立していく様子に納得したり、もの悲しく感じたり、ドラマに感情移入しますね^^

上杉景勝・・・残念ですね^^
コメントありがとうございます^-^

愛すべき三成像

こんばんは。

「豊臣政権の有能な官房長官」という触書だった石田三成は、秀吉の忠実な政務次官を兼務して誰もその領域には入れませんでした。が、秀吉の死後、実直で真面目な堅物という側面が露見してしまい、経験値では太刀打ちできない百戦錬磨の家康が、底意地の悪さで三成を徐々に悪人に仕立てていきます。

三谷ワールドの真田丸を酷評する記事もみかけますが、これほど愚直で人間味を持った三成は、後にも先にも山本耕史というイメージが固定されたと思います。

遠藤景勝が本気になったのなら、江戸に戻る家康本隊を急襲し返す刀で伊達政宗を討ち果たして欲しかった・・・。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
75位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR