真田丸_最終回

はじめに、この記事は歴史的な検証など堅苦しいことはしません。
ただひたすら「萌えっぷり」を実況する真田○ワールドです。
史実検証に拘る方はスルーしてください^^/

尚、管理人本人の「大坂の陣」に関する知識は、司馬遼太郎作「城塞」だけです(爆



前回はきりさんの初恋成就回でしたね^^
大河は側室の存在をあまり描きたがらないですが、
きりさんをヒロインにするにあたり側室にはせず、初恋を引っ張る作戦?に出て見事成功した感があります。
さすが三谷脚本、ウザキャラを見事にドラマ必須のヒロインに成長させました。

それにしても料理人・・・豊臣のシェフは徳川のスパイとして超優秀でしたね。
あの時、てっきり死んだと思ったのは私だけではないはず,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

茶々と信繁の関係も良かったです^^

大蔵卿局は最後まで足を引っ張る役しかしなかったなぁ。
先日某国営テレビで見た彼女は意外と若かった^^

毛利勝永の活躍がクローズアップされたのは珍しいんじゃないだろうか。

家康が必死で逃げる姿がコミカルだった。

茶々と秀頼が自害するシーンはイメージさせるワンシーンで終わった。
ほんとに秀頼が出陣してたら勝てたかもしれないのになぁ。
一度流れが変わると兵力に劣る豊臣方は押し返せない。

一軍の大将である信繁が単身で駆け回るのは、これは有りかなと感じました。
物凄い乱戦になれば、大将がボッチになることはある^^;

家康と信繁が対峙する場面、実際の歴史にはなかっただろうけど、こういうシーンを見たかったという醍醐味がありました。
信繁の最期・・・佐助55歳が介錯したのね (゜-Å) ホロリ

きりさんは、どうしたんだろう・・・彼女の最期が描かれなかったので気になる~~

しばらく真田丸ロスになりそう。

来年は、どうしようかな~記事にするかは決めてません。
一応見る~今川家が気になるから(*´m`)
今週で完結・真田〇 (・∀・)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: つねまる様


明けましておめでとうございます。

こちらこそお世話になりました。

今年も宜しくお願いします^-^

No title

あけましておめでとうございます

旧年中はほんとにお世話になりました
心より御礼申し上げます

本年もよろしくお願い申し上げます

ぼちぼちいこー

Re:内緒さま

ありがとうございます。

御心配かけてすいません。

以前のペースでは無理だけど、時々遊びに行きますね。

コメントありがとうございます^-^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: つねまる様

こんばんは~

私もウルウルしながら見てました。

佐助が二人を薩摩に逃がしたんだ~
ってラストには流石に出来なかったけど、
きりさんの最期がなかったので視聴者の想像に任せるところが良かった~

コメントありがとうございます。

よかったねー♪

こんばんは。いつもお世話になっております。
昨夜は泣き通しの最終回でした。陣って、ああいう感じに点々としてたんだろうなーっと、面白かったです。
人混みを掻き分けてたどり着いたのかと思ってました。

佐助、55歳て。うふふ。

きっと55歳の佐助が幸村を薩摩へ逃したのよー。
そして、きりさんと、さつまいもを食べるのよー。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
75位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR