26・剛忠(龍造寺家兼)【前編:激突!大友+少弐VS大内】

長文が苦手な方は「三行まとめ」に飛んでください(^ -)---☆Wink
詳細出典史料「」内は自分で確認、( )内は参照文献より引用
基本ベースは北肥戦誌(九州治乱記)です^-^



田手畷での鮮やかな勝利は、否が応にも龍造寺の武名を高めた。
西(千葉)でもなければ、東(千葉)でもない。
肥前における「第三の勢力」として、龍造寺は台頭したのだった。

実兄・大友義鑑を嫌う肥後守護職・菊池義国が、
筑後で謀反中の星野に同心し、大内義隆に[星野への加勢]を依頼したのは、享禄4(1531)年春の事だった。
菊池義国が自分で動かなかったのは、まだ肥後における己の地盤が確かではなかったからだろう。

大内義隆は、大宰府駐在の杉興連(すぎ おきかず)を援軍として派兵した。

その頃、少弐資元は肥前・多久にいたのだが、
大内派兵の報告を聞くと大友へ与力する決意をする(`・ω・´)キリッ

資元は3月14日に多久を発って上筑前に入る頃になると、
龍造寺家兼、高木右京大夫、松浦の相知・広瀬らが駆けつけ合流し3,000騎に達した。

閏4月、軍勢は筑前の岩門~三笠郡を通って上筑後・生葉(星野エリア)に着陣。

同時期に事態を重く見た大友義鑑も本国・豊後から出陣し、筑後入りをしていた。
少弐資元は大友勢の陣所で義鑑と対面、敵征伐について評定した。

大友義鑑は、まず管領・細川高国、幕府引付方・大館晴光に、ご注進~緊急報告。
(ちなみに引付方って幕府の裁判担当の奉行のことです^^b)

「星野以下の逆徒追罰」を上意として賜れるよう将軍家に(-人-)☆彡オネガイ~
訴えた結果、めでたく御教書(公式文書)を賜った。

少弐&大友は「将軍が認めたんだぉ~こっちに大義があるぉ~!」
と周辺諸国に喧伝(アピール)した上で星野を攻囲した。

ちなみに少弐と大友が(-人-)☆彡オネガイした管領・細川高国は、
同年6月8日、裏切りにあい48歳で自害してます( ̄ω ̄A;アセアセ
中央政界はゴタゴタしてますが、先に発行された「御教書」は有効なんで問題なしですな( ゚Д゚)y─┛~~

で、この後の星野氏の細かい動向が、ちと解らなくなる( ̄ω ̄A;アセアセ
何せ大友・少弐VS大内勢という大物同士の激突に記録の主眼が移っちゃうからです(困っ!
しかも星野には「大友に滅ぼされた説」と「大内に滅ぼされた説」と2パターンあるらしい( ̄ω ̄A;アセアセ
ちなみに、どっちの説も天文年間初期のことで、今現在1531年は享禄4年で天文に改元するのは翌年。

そう・・・星野は、大友勢&少弐勢に囲まれながら、
落城してなかったんです!(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ
当代星野当主は親忠。星野氏歴代当主の中で最も知名度のある、郷土の星!(`・ω・´)キリッ

彼は、よほどの名将だったらしく、大内・少弐・大友の中で揉まれながら、なおも数年持ち堪え遂には力尽きて落城する。
(天文年間に謀反を起こしたとあるので、いったんは降伏したかもしれない)
星野親忠の最期は自害したとも、城を落ちた後は消息不明ともあり、ハッキリしていない。

大友では名族である星野氏を完全滅亡はさせず、星野一族から当主を選抜し家系を存続させている。
筑後は肥後同様に国人領主がひしめきあう土地なので、星野を潰しちゃったら後の筑後統治がやりづらくなるからだろう。

ちなみに歴代鎮西要略によると、大内義隆と大友義鑑が義絶したのは、同年8月とある。
それまだは双方、軍勢を出しつつもガチンコを避けて完全な断交はしてなかったのかも。

ここで話が複雑になるのだが、
閏5月に、龍造寺の本家・胤久が東千葉興常(大内サイド&千葉嫡流)より常日頃の覚悟を褒められているんです。
(龍造寺家文書102)

3月~4月にかけて龍造寺家兼は少弐に従軍してました。
でも龍造寺本家は大内サイドの東千葉に従属していたことになります。
龍造寺は本家と分家が別々の動きをしていました。


さて、星野が粘ったまま年越し明けて天文元年(1532)
大永4(1524)年に大内に寝返り、怒った少弐家臣・馬場にo( ̄Д ̄θ★ケリッ!と肥前を追い出された西千葉胤勝。

彼は大内勢で馳せ参じてたが、田手畷で少弐方が勝利すると、ちゃっかり少弐の陣営に潜り込み・・・ゲホゴホッ・・・
帰参し、元の鞘・・・晴気城に復活してたのだが、それは・またの話 by^-^sio

ここまでを三行でまとめる(`・ω・´)キリッ
少弐と大友が対面し、筑後星野討伐の兵を出す。
大友と大内が義絶
龍造寺は本家と分家が別々の動きをしていた。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
75位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR