fc2ブログ

34【4激突!大内VS大友+少弐】

緑文字=北肥戦誌、自分で確認した史料
青文字=自分では未確認
黒文字=管理人の補足、所感


天文元年(1532年)10月
大友義鑑、大内任命の宇佐郡代、佐田朝景の菩提寺城を攻撃
(佐田朝景は妙見岳へ逃げる)


11月14日大友義鑑、妙見岳を攻撃するが失敗する

11月15日大内義隆、大友+少弐を倒すために陶興房を出兵させる。
陶興房、ずっと筑前にいたかと思ったら緒戦で敗退したので
一旦、周防に引き上げて大勢を整えてたようですね(ー・ー)
11月21日大内義隆、山口から防府まで出陣


12月、国東郡姫島沖に大内方の船が襲来
    大友義鑑、富来氏らに防衛を命じる。

富来氏は大友軍における水軍担当です^^

同じく12月大友方是松ら志摩郡衆が怡土郡へ向けて出陣
志摩郡の位置が分かんなかったけど筑前らしい。怡土郡が現在の福岡県糸島市。
旧暦の12月は現在の1月。
大友は真冬に兵を筑前に入れたようです。

天文2年(1533)1月5日
陶勢VS大友勢、筑前・志摩郡で戦う。

1月16日立花城で合戦
(立花城は4月11日に落城)
大友サイドの立花城粘ってたようですね。

1月、陶興房、星野への後詰を置き筑前から筑後に攻め入る

やっと本来の目的、大友に謀反を起こした星野氏の救援が出来ました。
星野氏が大内に救援を求めたのが、そもそもの発端だった。
大物同士の激突で筑後の様子が分からなくなりましたが、
享禄4年(1531)の時点で3年粘ってた星野氏。
天文2年(1533)の時点で未だ粘ってたようです。

混沌とする筑前・筑後の情勢に大友に加勢した少弐のために
肥前も巻き込まれて行くのだが、それはまたの話^ー^
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 清水しゅーまい様

真冬に戦するなんて昔の人は元気ですね^^;
星野氏は大物の動きに巻きこまれて動きが分からなくなりました。

No title

大友軍、
真冬に出陣・進軍したんですね、つらそう(笑)
そして立花城で合戦が…!

発端の星野、
ずいぶんがんばりましたね!
巻き返すのか、力尽きるのか。。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
545位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
112位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR