FC2ブログ

参照4・秀吉研究の最前線(日本史史料研究会編)【専門書】織豊政権と東国社会

===第2部_誰もが知っている秀吉が命じた政策===
===秀吉が命じた惣無事令とは何だったのか 竹井英文===

現在、秀吉の「惣無事令」に対する再検証が活発化してます。
で、参照4というより竹井氏の著書である「織豊政権と東国社会」を紹介したほうが早いので、過去記事を再編集しました。

父の影響(時代小説ファン)で子供の頃からの歴史好き、10代20代は熱烈な司馬作品ファン。
父と司馬作品を「シオが先に読む~」「司馬歴はワシが先輩、まず親に読ませろ(大人買いしたのはシオ)」などとケンカしたのは懐かしい思い出^^
三十路を過ぎると、ネットで自分なりに調べるようになり、俗にいう司馬史観から卒業。
司馬作品では殆ど描かれない国人領主に興味を持ち、特に九州戦国史にハマって早〇年。

いや、国人・郷土史にハマった時点で既に普通のレキジョ枠からハミ出て。。。ゲホグホゴホ

とにかく、ついに「禁断の領域(専門書を購入する段階)」に入りました(大爆


著者は城郭ブログの管理人・竹さん~著書が「織豊政権と東国社会」サブタイ「惣無事令」論を超えて

竹さんのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu


竹井英文著 吉川弘文館\9975

教科書にも記載されている「秀吉の惣無事令」を根底から覆す画期的な研究書です(=^・ω・^=)v ブイ

内容は「豊臣政権の法令とされていた「惣無事令」は存在しない」と、従来の通説をヒックリ返し検証されています~


中身を全部バラしたら、本を読まずにここで済ませてしまうとマズイので、シオの読後感想です~~

とにかくメチャクチャ面白くて、さくさく読み進んで1週間かからず読み終わったです^^

東国戦国史に予備知識が薄いシオが読んでワクワクするんだから、詳しい人なら'`ァ'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ 心臓バクバクかも。

自分としては後に小倉に入る小笠原氏を以前からマークしてたんで、信濃情報が嬉しかった。

それと各地(信濃・沼田など)の詳しい年表も嬉しい!


惣無事令が再検証されれば、必然的に秀吉の九州征伐も再検証になります^^;
戦国初期から永禄年間をウロウロしてる自分の脳みそでは未だ追い付いていないのですが、いずれは自分なりの考えをまとめられたらな~って思ってます^-^
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: つねまる様

こんばんは。


> あー、これ、専門の研究をされてる時乃★栞様なら、さくさくなのですね。

この本を読んだ時は、さくさくだったんです。
でも今はドンドン遅くなってます。
考えながら読むようになったのは、良いのか悪いのか^^

つねまる様のほうが、読書家だと思う^^
コメントありがとうございます

素敵♪

こんばんは。いつもお世話になっております。
帰宅して寝て起きた・・・。8時間睡眠です。
あー、これ、専門の研究をされてる時乃★栞様なら、さくさくなのですね。
本を読まずに知ろうとしたお馬鹿です。そうかー、面白いのかー。
私のようなド素人は、通説で充分なのですが、興味津々。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR