FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【勃発】石垣原の戦い/九州関ヶ原3栞39

秀吉の死後、前田利長が徳川家康に謀反の疑いをかけられ糾弾された。

前田家のピンチに利長の生母・芳春院(おまつ)が、自ら人質として江戸に下向した話は有名だ。

が、実は同時期に細川忠興も地味?に謀反の疑いをかけられていたそうな^^;

忠興は家康の疑惑(罠とも言う)を晴らすため、三男の忠利を江戸へ人質に出した。

忠興の「誠意」に満足した家康は「故・太閤殿下の遺言」という名目で、豊後は杵築6万石を与えたのだった。


細川家の記録では杵築城を別名の木村城と書いてるんで、ちと解りづらいぉ


細川家筆頭家老・松井康之と重臣・有吉立行は、城受け取りの使者として豊後入りした。

さて、杵築城は筆頭家老が残るほどの要衝地だったのか?・・・んなことあるわけない、ない!

松井康之が「九州の関ヶ原」に巻き込まれたのは、主君・細川忠興にとって全くの想定外でした

1600年7月21日付の細川忠興の書状によると、「松井康之は豊後から丹後に戻り、有吉四郎右衛門(立行)には豊後木村(杵築)城を守るように。」とあり、
また、「九州の状況に応じては木村城を放棄し黒田家を頼れ。」とも伝えている。
(この頃は仲良しの黒田家と細川家^^/)

忠興はゲットしたばかりで勝手の解らない豊後の地で、籠城するつもりも、させるつもりも無かったんです。

忠興の命令1)筆頭家老・松井康之は丹後に戻りなさい~~

石田三成挙兵の余波で水夫が全く集まらない~~~丹後へ帰り損ねた筆頭家老Σ(´Д`;) うあ゙~

命令2)九州の状況に応じては城を放棄し⇒続く

大友義統が西軍だ~旧家臣を集めてる!Σ(´Д`;) うあ゙~

続き⇒黒田家を頼れ~

その黒田如水が兵を集めてる件~~Σ(´Д`;) うあ゙~


やばい・・・超やばい!もしかしなくても九州で最初に戦の火の手があがるのはブンブン豊後!!

松井康之と有吉立行は大急ぎで城の補修・防備を強化! アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ




挙兵した九州の西軍・大友義統は、旧領を奪回すべく杵築城を攻撃した。

あっと言う間に三の丸・二の丸が落とされる (゚ロ゚屮)屮ぇえ!

ですが城跡図を御覧あれ~~杵築城は海に突出する台地に築かれた為、天然の要害になってるんです。

そのため途中まで順調だった大友軍なのだが、本丸が何としても落とせない!

大友軍は夜襲を仕掛けるも、ベテラン有吉が o( ̄Д ̄θ★ケリッ!! っと見事・撃退。

粘ってる間に細川家の使者が如水の元へ走る。

1600年9月11日~「如水から援軍が来る」との知らせに囲みを解いた大友軍は、杵築城の西南24k先にある立石城に入った。

立石城は周囲を山・川・渓谷に囲まれた天然の要害の地であり、非常に攻撃しづらい城だった。

が、城の北側にある石垣原(いしがきばる)を押さえてしまえば、城方が袋のネズミになる・・・という場所でもありました。

如水は豊後の諸城を落とすべく行動中だったので、救援に来たのは母里率いる3000名。

松井・有吉・母里らの軍議の結果「如水本軍を待たずに攻撃し石垣原を押さえよう」という事になったのだが、それは・またの話 by^-^sio

今回の写真はブログ友・おしょう様から拝借しました。
おしょう様のブログはコチラ↓(元記事はトラバ先を参照してください)
http://blogs.yahoo.co.jp/shouta059

ブログ用画像~南洲さま
http://blogs.yahoo.co.jp/yuewannwann
兜・人物画像~橘朝臣幸麿さま
http://blogs.yahoo.co.jp/cfmjs676
家紋画像~ロンさま
http://blogs.yahoo.co.jp/kabiningen
相互リンク~ばんない様HPアドレス(戦国島津女系図)
http://shimadzuwomen.sengoku-jidai.com
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
86位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。