FC2ブログ

【出陣】石垣原の戦い/九州関ヶ原2栞38

「関が原の戦い」とは、本来は1600年9月15日に起きた戦の事を指す。

ところが、それに絡んで西軍・東軍の動きが全国各地で活発になり、それぞれの地で戦闘が勃発する。

そのため近年では関ヶ原本戦だけでなく、各地で起きた合戦・前哨戦を含めた全体で「関が原の戦い」と呼ぶ動きがあるそうです。

大友家の栄枯盛衰は一言で語りきれないので、ザックリ関が原当時の状況~~~

当主の義統(よしむね)は、元は豊後37万石の大名でしたが「朝鮮の役」で大失態を犯し、豊臣秀吉が怒って領地没収。

その後は各地の大名家に身柄を預けられ、あちこちを転々とする。

その預け先の一つに、西軍の総大将・毛利輝元がいたんです。

毛利は大友に資金を提供し、御家再興を条件に「西軍として挙兵」を唆した。

大友は息子の一人を徳川家に差し出しており、東軍寄りの態度もしてまして、西軍になったハッキリとした理由は謎です。

一説には庶子を毛利に人質にとられていたともあります。

如水が金で兵士を公募したとき、中津領内だけでなく、旧大友領地の豊後(現在の大分県)にも 声をかけてました(^^b

でも豊後には鎌倉以来の名門・大友ブランド力が残ってて、如水の誘いは振られて大友に兵が集まってしまったの。

大友義統の元に集まったのは、旧大友家臣や浪人・・・地元出身の国人衆たちで約3000人です。

つまり検索ぐぐ~る様の力を借りればHITできる、名のある武将が大友の旗の元に参集しており
、即席インスタント・混成軍の如水より遥かに(中身が)まともな陣容でした。

当初・戦未経験のド素人3500だった如水軍でしたが、ウワサを聞いた浪人たちがポツポツ応募しはじめました。

結果・最終的には9000ほど集まり、それを如水はハッタリ・・・もとい公称1万人と触れ込んでたのです。

9月9日に豊後へ出陣するという如水に、混成軍の内容に不安だった家老の母里(もり)が反対しました


如水&長政と祀る、光雲(てるも)神社の母里の銅像
(ふぅペディアより~母里の銅像は博多人形師だった子孫の制作~~拝殿と狛犬は福岡市内を守護し、母里は黒田の殿様を守護するために拝殿の方角に向いてます。)
・・・のはずなんだが、母里が長政を睨んでるように見えるシオは、黒田家譜の逸話に毒されてまする(爆

母里「まだ 早いです!もうちょい後!えっとそ~だ!9日は悪日(あくじつ)です!出撃には縁起悪いんです!(悪日の根拠出典ド忘れ^^;

如水「はぁ?ざけんな(←切れた軍師)!てか今までだって9日に出て勝ってただろ!もぉいいよ~ワシ一人で先に出るから!お前らは後から「いい日旅立ち」しろ!

母里「(ウルウル涙目)主君が先に出陣して家臣が後なんて話ありますか!殿に仕えて幾星霜~ワシは、そのような情なき戦をしたことはございませんぞ!!ワァァァン・゜・(PД`q。)・゜・号泣~

如水「ワシが言い過ぎた・・・母里、まずこれを飲んで少し落ち着け(。・ω・)_【酒】


大泣きして大興奮してた母里は、如水から酒を出されて飲んで仲直りしている内に、なんとはなしに丸め込まれ結局出撃することになった^^;



大友の旧領である豊後は、大友改易後は分割されてしまい豊臣直轄領or小大名が統治していました。

その中の一つに杵築6万石があります。

実は、ここ・・・丹後宮津(現京都府の北より)の細川忠興の飛び地(本領から離れた場所にある領地)

この領地は、1599年3月に起きた「三成襲撃事件」の後に、家康がコソーリ忠興にプレゼントした土地なんです(ただし家康・自腹は切らず、豊臣家直轄領から加増した)

シオ検索では加増(かぞう=ベースアップ)の名目が判らなかったです^^;;

ただ本音としては、細川家を家康の味方に引き入れるためにしたことでしょう。

細川忠興も「上杉征伐⇒関が原」のために動員をかけられてて、宮津の田辺城には 父・幽斎と わずかな兵しかいなかった。

本領ですらそうだから、飛び地の豊後・杵築城は留守番の家老と僅かな兵を残すのみ。

留守とはいえ不穏な九州の地ですから、半端なヤツは置いてないです。

細川家・筆頭家老の松井康之と重臣・有吉立行だ(`・ω・´)キリッ

有吉には、こんな逸話がある↓


(ゆるふわ戦国マンガ~ゲ!有吉の名前間違ってる~四郎右衛門が正解です^^;)

若年のころは「鈍き男にて・・・」とハッキリ書かれるほどパっとしない男だったらしい。

少年だった忠興クンの遊び相手をしてたそうな。

若君の命令とはいえ、馬鹿正直に突っ込み川で溺れかけるようなドジっ子有吉だが、酸欠が逆作用したのか、見違えるほど活躍する武将へと成長し、忠興を支える重臣の一人となったんです。

この有吉四郎右衛門立行、晩年の逸話にこんな話があります。

戦のない時代になってから、家臣たちの間で自分の手柄を家伝として書くのがブームになりました。

有吉の息子は、自分のとこもメモリアル残そうと思い、父に手柄を尋ねたそうです。

有吉は笑って答えました。

「細川家臣にワシの名があればそれで良い。手柄をワザワザ書き残すなぞ新参者のすることだ。そんなことを考えるより、しっかり奉公せよ!」

話は戻って、挙兵した大友軍に杵築城が包囲された!!


後に有吉は、この時の功績で細川忠興から3000石加増・忠興ブランド具足拝領・さらに「武蔵守」と名乗るのを許可されるのだが、それは・またの話 by^-^sio

ブログ用画像~南洲さま
http://blogs.yahoo.co.jp/yuewannwann
兜・人物画像~橘朝臣幸麿さま
http://blogs.yahoo.co.jp/cfmjs676
家紋画像~ロンさま
http://blogs.yahoo.co.jp/kabiningen
相互リンク~ばんない様HPアドレス(戦国島津女系図)
http://shimadzuwomen.sengoku-jidai.com
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
94位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR