【逆襲!鮮烈の日新斎】薩州島津家14・栞歴22

ギレン実久:奥州家は何故滅んだか?

シャア日新斎:勝久が坊やだからさ( ゚Д゚)y─┛~~~

記事作成出典元「島津歴代略記」「本藩人物誌」^^/

家督を巡って争う惣領五家~【(滅亡)総州家・奥州家】【(統合⇒)相州家&伊作家】VS【薩州家】

記事内呼称簡略ルール:家名+番号(〇代目)+名前(諱)
(例)相州家②運久⇒相州島津家の2代目当主で名前(諱)が運久


1536年(天文5)5月1日~薩州家6代目・義虎誕生~


え~~~義虎は後に島津義久の長女・御平と結婚するんですが(汗
義虎ママンと伊作⑩日新斎の妻・御東が実姉妹であるからして(大汗
義虎から見て、正室の御平は「従兄弟(貴久)の孫娘」になります~~~~ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚) ス、スゲー!

これだけ血族婚が重なると遺伝的にヤバいはずなんですが、島津に限っては「DNA良いとこどりに成功!」
「江戸期・島津暗君無し伝説」が出来るほど見事な「戦闘民族シーマンズ」を完成させました。
宗家8代目久豊か、伊作⑨久逸の遺伝ファクターが奇跡かもしれん~~~時々、家来筋妻が入るのが相乗効果なのかなぁ~


同年
3月~日新斎は伊集院を征伐し、一宇治城を落とす。
9月~大田原塁落ちる。
11月~長崎塁及び神殿塁落ちる。
12月~石谷伊賀守が日新公に降る。

1537年(天文6)
1月~竹山塁落ちる。
2月~福山・大迫の二塁も落ちたため伊集院は全て日新斎に属した。
   日新斎は続いて鹿児島に入り、犬迫に陣を布いた。
   薩州⑤実久が来て戦うと敗走して谷山に赴く。
4月~実久は加世田に在った。
   日新斎は領内での干戈が止む事無く、領民が兵役に苦しむ事を憂いて、
5月上旬に実久と会う。

日新斎「川辺・加世田を我に与えたまえば鹿児島・谷山・伊集院・吉田を実久に進上し、守護と仰いで以後は水魚の交わりなさん」と説いたが実久は聞かなかった。

同年7月10日~貴久の三男・歳久が産まれる


同年
12月?日~薩州⑤実久は自ら薩摩守護職にならん、とするが新納氏の反対にあい断念する。
同月19日~日新公加世田を攻めたが利はなく、
同付29日~夜陰に乗じて再び加世田を襲う。
     城兵は皆戦没して城は遂に落ちた。
     この際、川辺・山田の賊徒が来援していたが敗れて帰った。
     日新斎は遂に加世田五城を取った。

1538年(天文8)
3月13日~実久は貴久公と谷山紫原に戦って敗れた。
  14日~苦莘(くらら)城主・平田式部少輔宗秀が貴久公に降る。本城もまた落ちる。
24日~神前城が降ると実久の一党は皆、川辺に退去した。
  28日~日新斎公が川辺に入り故殿に陣を布く。
     高城城主・鎌田加賀守が降る。本城・平山は皆降った。
閏6月?日~貴久公は市来を征服される。
   17日~平城を落とす。
 8月28日~串木野城が降る。
 9月 1日~市来城が降り城兵らは出水に帰った。

この市来城は実久の弟・忠辰が城主でした。

市来城に篭城し貴久を迎え撃ったが、島津久定(薩州家分家・吉利)に(弓矢で)射殺されました。

どうやら、この頃になると薩州家の分家のなかには伊作サイドに走る者が出てたようです。

ちなみに、この島津久定の娘は後に伊集院忠棟に嫁ぎ、嫡男・忠真を産みます。

皆さん覚えてますか?島津編で紹介した「伊集院忠棟が島津忠恒に殺される事件」と「庄内の乱」。

久定娘は薩摩初代藩主によって、夫(伊集院忠棟)を殺され、息子(忠真)も謀殺され、自身も島津忠恒に殺されるんです(自害説あり)

華やかな表の系譜とは別の、島津暗黒面の悲しい系譜です・・・


1538年(天文8)閏6月?日~薩州⑤実久は日新斎と和睦し出水へ退く

同年7月1日~日新斎の養父で相州②運久が没する


本藩人物誌には実久が日新斎と和睦したのは不明だとしていますが、シオ検索では太文字の月日でした。

月日は多少前後するかもですが、弟の守る市来が制圧されたのが衝撃だったのではないでしょうか。


その後の実久は自ら庄内(日向)に至り、北郷・本田・豊州・肝付・禰寝らに会ってこれに応じると、

勝久公に属していた新納忠勝を山東(日向国の鰐塚山より東側の意。宮崎平野方面を指す)へ追いやってます。

そして1553年(天文22年)閏1月、実久は上洛して、将軍・義輝公に拝褐し、その帰国の途中で発病。

同7月7日に出水に帰ったのですが、22日に亡くなりました。

宗家に近かった分家・薩州家・・・その最盛期当主・実久、享年42。法名:昌岳源久大禅伯。

家督を継いだ義虎は18歳の若さだったのだが、それは・またの話 by^-^sio

参照サイト「戦国島津の女達」
http://shimadzuwomen.sengoku-jidai.com/index.html
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
104位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR