【迷走政権・奥州家】薩州島津家9・栞歴17

出典元「島津歴代略記」「本藩人物誌」^^/

家督を巡って争う惣領五家~総州家(滅亡)・奥州家(=宗家)・薩州家・相州と伊作家が一つに統合~

記事内呼称簡略ルール:家名+番号(〇代目)+名前(諱)
(例)相州家②運久⇒相州島津家の2代目当主で名前(諱)が運久
早わかり家系図(主要メンバーのみ抽出)◆印・別記系図、★印・現当主

島津奥州家=宗家⑧久豊の子供たち
 長男・用久(薩州①)⇒国久(薩州②)⇒重久(薩州③)⇒★忠興(薩州④)
◆嫡男・忠国(宗家⑨)
 3男・季久(豊州①)⇒忠廉(豊州②)⇒忠朝(豊州③)⇒★忠広(豊州④)⇒忠親(豊州⑤養子)
 4男・有久(羽州①)⇒★忠福(羽州②)
 5男・豊久(伯州①)⇒忠常(伯州②)

◆島津宗家⑨忠国⇒相州・友久(①)⇒運久(②)⇒★忠良(③)
        ⇒宗家・立久(⑩)⇒忠昌(⑪)⇒忠治(⑫)忠隆(⑬)勝久(⑭)
        ⇒伊作・久逸(⑧)⇒善久(⑨)⇒★忠良(⑩)⇒貴久

1508年2月15日・・・望月の日・・・心身共に疲れ果てた島津11代目忠昌が自害した。

家督を継いで12代目当主となった、嫡男・忠治は数えで二十の若者だった。

ウィキペディアには「突如として自殺」とあるが、身近にいる人たちには「忠昌が思いつめてて危ない感」は伝わってたんじゃないだろうか。

父の自殺が子供のメンタル面に与える影響は計り知れない。

忠治が「戦国の世と合わないことを多く行なった」というのは、その現れではないだろうか。




忠治の学問好きは、ガチ父親の薫育・影響の賜物だろう。

当時の薩摩は国一揆(国人の謀反)が頻発しており、忠治は鎮圧に追われていた。

その傍らで学問も怠らず『識鷹秘訣集』という著作があるらしい(コア過ぎて情報入手不可)

さらに先君(⑨忠国)が誅殺した足利義昭尊宥のために鹿児島に大興寺を建てている。

え~と、この義昭は「最後の室町将軍ではなくて」「6代義教の弟・大覚寺義昭のこと」です。

日向に亡命してたところを「万人(が)恐怖(した)義教」が、宗家⑨忠国をせっついて殺させたの。

忠治は戦国に不向きの温厚な性格だった、というから島津に起きる不幸を「故なく殺された義昭の祟り」と思ったんじゃないかしら。

曽祖父・忠国が在位46年(享年は68歳)
 祖父・立久が享年43歳
  父・忠昌が享年46歳

40代で「何か」が起きる?!(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル「寺じゃ、寺を建てて長生きするぉ!」

1515年(永正12)10月2日~宗家⑫忠治~吉田位清(のりきよ)攻略中に死去。享年27歳


吉田氏は大和武尊の後裔で(マジ?)大隅国正八幡宮の別当(べっとう)を代々務める家柄で、宗家⑧久豊の時には家老を輩出した有力家です。

さらに伊作・島津忠良(中興の祖)の姉が吉田位清に嫁いでいます^-^

謀反の理由はイマイチ解りません^^;

兄・忠治の死で弟・忠隆19歳で家督を継ぎ13代目となる~

1516年(永正13)?月?日~⑬忠隆は琉球侵略を狙った備前国の海賊で商人・三宅国秀を討つ~


え~~~と「琉球侵略」は島津側の言い分でして、どうも三宅は室町幕府の許可を得て琉球と貿易しようとしてたらしいんです。

が、交易の旨味を独占したい島津家は、とっとと三宅を始末しちゃったの^^

1517年(永正14)?月?日~兄・忠治が攻略できなかった吉田城を⑬忠隆がリベンジ落城させる~


吉田位清は薩州④忠興を頼って落ち延びたのですが、捕えられ討たれたそうです。

ちなみに吉田城(別名:松尾城)は、後に島津4兄弟の3男・歳久が、蒲生氏に対する押さえとして城主となります。

歳久が祁答院(けどういん)を拝領すると、吉田城は宗家直轄領となります^-^

と、ここまでなら⑬忠隆は「なかなか頑張ってる」んですが、学問好きの父・兄と違い弟は「文学青年」だった,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ

和歌にハマって(まぁ基礎素養ではあるんですが)「古今伝授」受けるほどの熱心さ。
(真面目に勤しむのは父・兄と似てるような)

結局、国内が不安定なのは変わらないままでした。

1519年(永正16)5月12日~島津忠隆が子供のないまま(結婚も未だっぽい)死亡・享年23歳


あぁ~この混迷と目まぐるしさは某政権のような~~~(涙

不安定な国内を炎上させる男・島津忠兼(勝久)が、兄の死で14代目当主となる


なにせ3男ですから、最初は頴娃(えい)氏(肝付分家)に養子に入ってたんです。

だが父・兄と相次いで亡くなり「まさかの宗家相続」です。

極マイナーな頴娃氏ですが、好きな国人の一つです^^

だって~~~義虎の息子(5男)が家督を継ぐんだもん(*´pq`)クスッ それは・またの話・・byシオ
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
104位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR