FC2ブログ

【真・戦国時代到来?!】薩州島津家8・栞歴16

家督を巡って争う惣領五家~総州家(滅亡)・奥州家(=宗家)・相州家・伊作家・薩州家

記事内呼称簡略ルール::家名+番号(〇代目)+名前(諱)

例)相州家②運久⇒相州島津家の2代目当主で名前(諱)が運久
早わかり家系図(主要メンバーのみ抽出)◆別記系図~★現当主

島津奥州家=宗家⑧久豊の子供たち
 長男(庶子)用久(薩州①)⇒国久(薩州②)⇒重久(薩州③)⇒★忠興(薩州④)
◆嫡男・忠国(宗家⑨)
 3男・季久(豊州①)⇒忠廉(豊州②)⇒★忠朝(豊州③)⇒忠広(豊州④)⇒忠親(豊州⑤養子)
 4男・有久(羽州①)⇒★忠福(羽州②)
 5男・豊久(伯州①)⇒忠常(伯州②)

◆島津宗家⑨忠国⇒長男(庶子)友久(相州①)⇒運久(相州②)⇒★忠良(相州③伊作と統合)
        ⇒嫡男・立久(宗家⑩)⇒忠昌(宗家⑪)⇒★忠治(⑫嫡男)忠隆(次男)勝久(三男)
        ⇒3男・久逸(伊作⑧)⇒善久(伊作⑨)⇒★忠良(伊作⑩)

1501年(明応10)2月29日~文亀へ改元

同年?月?日~伊作女当主(善久の未亡人)と相州②運久が再婚する

1503年(文亀3)8月18日~宗家⑪忠昌の三男・勝久(初名は忠兼)が産まれる。生母は兄たちと同母で忠昌正室の天真夫人~


このあと当主がパタパタ亡くなる島津家で、三男の勝久が家督を継げたのは、生母が正室というのがあったからだと思います。(庶子なら相続時に揉めてるはず)




1504年(文亀4)2月30日~永正へ改元~肥後でも色々あるが割愛

1506年(永正3)?月?日~島津忠良が元服し伊作城主となる


「息子へ相州家の家督を譲る」を条件に、相州②運久を再婚した美女・常盤。

ですが、忠良は元服して即・相州の家督を譲られたわけではありません。

相州家を継ぐまでは6年の間隔があるので、その間に常盤が運久にハニートラップ・・・もとい内助の功を尽くして働きかけていたと思われます。

同年?月?日~大隅国高山の肝付兼久が謀反を起こす~忠昌が出陣するが鎮圧出来ず


忠昌は疲れてました・・・・当主になって数年間は文明大噴火で桜島が御機嫌斜めだった。

「第一次飫肥の役(分家の謀反含む)」に「第二次飫肥の役」に「分家で御家騒動」で骨肉の争いの連続。

家老が同じ年に二人も謀反し、さらに国人(肝付)が謀反・・・

忠昌は20代の頃に大病を得て以来、多病だったようで(養生しないで第二次飫肥の役に出陣してます)その後も病身に鞭打って政務や戦にと頑張ってたんです。

忠昌は庶子(生母は家臣格)で嫡出子ではありませんでした。父が亡くなり男子が忠昌一人だったので家督を継いだんです。

庶子の身で当主になったという、一種の負い目・プレッシャーは常にあったでしょう。

頑張って、頑張って、頑張って・・・・ついに心が折れた・・・

1508年(永正5)2月15日・・・宗家11代目島津忠昌・・・突如として自殺。享年46歳


死に臨み忠昌は、西行法師の歌を吟じた。
”願はくは 花のもとにて春死なむ 其きさらぎの 望月のころ”

旧暦の2月は現代の3月・・・忠昌は桜を見ることが出来たでしょうか・・・涙ドバーッ(┬┬_┬┬)

さて「戦国時代は何時から?」というのは研究者によってバラバラで、最近では「明応の政変から」が有力になりつつあるそうです。

そしてサイト・武家家伝には「薩摩の戦国時代は忠昌の自殺からスタート(出典元不明」という記述があり、「なるほど~」と妙に納得しました。

島津家の家督争いは室町時代からガチだし、「応仁の乱には名簿記載のみで不参戦」だし、伊東家との抗争激化は忠昌の代からだしなぁ。

忠昌の死後・島津内部が混迷したのは史実ですので、なかなか説得力ある説です^^

宗家家督は忠昌の嫡男・忠治が12代目当主となりました。

忠治の正室は伊東尹祐の娘で玉蓮夫人~忠昌と伊東尹祐は一度和睦しているので、その固めとしての婚姻と思われます。

1512年(永正9)?月?日~薩州家5代目となる島津実久が産まれる

同年?月?日~島津忠良が相州家の家督を継ぐ!ここに相州家と伊作家が一つに統合されました!


小ネタで伊東義祐が産まれたのもこの年^^
おまけで島津忠親が産まれたのもこの年~~この人は北郷家から豊州家へ入る方で、島津義弘の養父になる人です。

島津中興の祖・島津忠良が、薩州③重久の娘と結婚したのは、1510年(永正7)です。

1514年(永正11)5月5日~男の子らしい日に4兄弟の父・島津貴久が誕生!父は島津忠良・生母は薩州重久娘


さぁ~~役者が揃ったぞ~~~~~宗家の座を巡り、伊作と薩州が大激突!それは・またの話^-^sio
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
94位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR