FC2ブログ

薩州島津家_1【宗家になれなかった分家】

以前、2ちゃんの「オタとファンの違い」というスレに、何気なく投稿した。

「普通の島津ファンは4兄弟」
「オタは薩州家・相州・奥州・総州・豊州・北郷と分家を列記し、伊集院・川上は分家というより支族だな~と一人ナットク(ウロ覚えだから、もっと併記したかも)

そしたらレスが入って「それはオタじゃなくて研究者レベル」と書きこまれた。

・・・・・・そうなん?でも島津オタなら「惣領五家」くらいは知ってるもんじゃない?

う~~~ん、自分の中のオタレベルが進行しちゃったかなぁ~~~

初めは普通に島津4兄弟から入って、3男の祁答院・歳久ファン(←ここで既にマニア臭)だった。

で、ネットサーフィンしながら調べてるうちに、末弟の家久・豊久親子ファンに至る^^

前置き失礼。

島津家のことを、ちょいっと調べると必ず出てくるのが「宗家・当主の座を巡る御家騒動」だ

その争いは必ずと言って良いほど、分家・家臣・周辺国人を巻き込む大騒動グダグダドロドロになる

そしてその中心にいるのが俗にいう惣領五家「総州家・奥州家・相州家・伊作家・薩州家」です


ちなみに自分が好きな惣領家は薩州家~~~てことで島津別伝~薩州家特集行きます^^

まずはテンポ良く家系図逝ってみよう~~~~




この程度でビビっていては島津記事は書けないよ~~これに女系の系譜が入ると物凄いことになるからね!

といいつつ、遡ると名前(諱)が被ってくるから、自分も家系図見ながらでないと間違う・爆

島津の御家騒動で最大のものは「総州家VS奥州家」

この争いに関しては薩州家より遡ってしまうのと、鳳山様の記事が詳しいのでリンク貼ります。
(ちなみに家系図も鳳山様より拝借)
http://blogs.yahoo.co.jp/houzankai2006/50394283.html

壮絶な争いを制したのは「奥州家当主・島津久豊」

島津久豊の強引な宗家乗っ取り(実力でゲッツ)は、室町幕府も快く思ってなかったのですが、総州家が奥州家・島津久豊に滅ぼされてしまっては致し方ありません。

奥州家・島津久豊を島津当主として認めます。

奥州家の由来はというと~細かいの省いてザックリと「陸奥守」を名乗ってたから^^b

ちなみに陸奥守の官位名は島津家が引き継いで(他の武家が名乗ってた時もある)いた。

が、江戸時代に入り奥州の例の方が「陸奥といったらウチに決まってるだろう!!ゴルァ!!!(# ●Д゚)・;'」とクレーム出した。

それ以来は「●達家オンリーワン」の官位名になったという経緯があります。

そして奥州と総州の争いが、島津家の歴史の区切りになることには理由があります。

惣領五家のうち、総州家を除く他四家が「奥州家当主・島津久豊」の系譜から出ているからです。

ぶっちゃけ言うと島津久豊の息子たちが、それぞれ分家を立てたんです。

今も続く島津氏のDNA天辺~久豊の息子たち

忠国(陸奥守)~家督を継いで9代目当主・正室は伊作島津勝久娘
用久(薩摩守)~薩州家初代⇒7代目で豊臣秀吉によって改易
季久(豊後守)~豊州家初代
有久(出羽守)~羽州家初代⇒後に嫡流が絶えて大島島津家として存続
豊久(伯耆守)~伯州家初代⇒2代目が出奔し豊州家3代目の家臣となるので断絶

相州家は久豊の孫(忠国の子)が初代。
伊作家も久豊の孫(忠国の子)が継ぐ。

シオ萌えの薩州家は、島津宗家によって黒歴史扱いとなり、5代目実久に至っては「国賊」認定。

従って薩州家に関する文献は極めて少なく(分限帳はある)各家の中に出てくる記録や、領地である出水の郷土資料を掘り起こすしかない状態だ。

だから本記事も現在ネット上で調べられる範囲で抽出したデータを元に投稿しています。

まず、上記家系図にオタツッコミを入れると、忠国の息子・友久のとこに【相州家】の記述が抜けてます。
(たぶん元ソースが端折ってるんでしょう・鳳山様~借りといてすいません^^;)

それと忠国は嫡出子ですが、長男ではありません。

久豊の長男は島津用久・・・長男ですが庶子だったため家督から外れ、それが兄弟間の悲劇の遠因にもなります


薩州家初代となる島津用久は、1401年(応永8)に産まれました。

宗家9代目となる島津忠国は、1403年(応永10)5月2日に産まれました。

庶長子と嫡出子の差って大きいなぁ~誕生日は嫡男の方しか解らなかった^^;

年齢も近い・・・揉める要素大^^;

ちなみに4男以下は生年すら検索しても出て来ない件~~,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

応永32年(1425年)父・久豊の死亡で嫡男・忠国が家督を継いだ


弟・忠国は数え23歳、兄・用久は25歳だったのだが、それは・またの話^-^sio
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
94位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR