FC2ブログ

【不本意な再婚】島津氏5・栞歴5

「暗君無し」と謳われた島津家だが、全ての当主がそうだったわけではありません。

ダメ当主として真っ先に名前があがるのが、14代当主・島津勝久です^^

そして島津宗家のピンチに現れるのが「島津中興の祖」と呼ばれる、島津忠良(隠居後は日新斎/じっしんさい)~~伊作島津家の当主です。 

日新斎が宗家を継ぐのではなく、息子・貴久が勝久の養子となって島津15代当主となります。

貴久の子供が高名な「島津4兄弟~義久(長兄・16代当主)義弘(次男・17代当主)歳久(三男)家久(末弟・庶子)です。

貴久の知名度は「中興の祖」と「4兄弟」に喰われてますが、彼も優れた武将ですよ^-^

とはいえ、15代貴久以降は分家筋から出た当主、一大血族である島津を束ねるのは容易ではありませんでした。



島津十字

義久(16代当主)が、長女と次女を島津の分家に嫁がせたのは、一族の繋がりを強くするため。

そして宗家の支配権を強化するために必要なことだったのです。

長女と次女が分家に嫁いだので、島津の相続権は義久の末娘・亀寿のものとなりました。

「ん?17代が義弘だから義弘の息子が相続1位じゃないの?」という疑問の方・・・当然です^^;

天正14年(1586年)の九州征伐で島津は降伏~~16代当主は隠居し、弟が家督を継ぎます。

・・・・が、それは天下人・秀吉・・つまり豊臣政権の意向です。

島津家中:秀吉の意向なんか知るか!長男・義久様の血筋こそ島津宗家本流だ!


とはいえ、次男で17代当主・義弘が、とっても魅力ある武将なのは、皆さん御存知です。

島津家は家中分裂し「義久・義弘の二頭体制」になってしまいます。

秀吉には、仲良し兄弟だった義久・義弘の仲を裂こうという意図もありました。

とはいえ家中が二つに割れたままじゃ、不味い^^;

義久の娘・亀寿と、義弘の息子・久保(ひさやす)が結婚します。

二人は仲睦まじく「朝鮮の役」さえ無ければ・・・夫婦には子宝が恵まれたかも・・・亀寿は幸福な生涯だったはずです。

で、島津4で記事にした通り、久保は朝鮮で病死してしまいます(_´Д`)アイーン

あ、久保は別に病弱じゃないです。

清正たちが無事帰還してるから、イメージが湧かないけど、「朝鮮の役」は慣れない海外での長期戦闘のためか、武将たちの病死が多いんです。

久保は父に似た猛将タイプで、朝鮮の戦地でも活躍してたの^^

久保の弟で、後の初代薩摩藩主となる忠恒(ただつね)は、このころまで優雅ニート生活してました。



島津忠恒(ただつね)イメージ画像

だってアニキいるんだよ。自分の順番来ないと思って、頑張るより趣味に生きることにしてた。

が、アニキの病死でラッキー自分のチャンス来た~~~

ってことで「朝鮮の役」で、さっそく武功を立てます(つまり本来は有能)

忠恒は秀吉に時期当主の指名を受けました。

ただし、条件付きで。



それが島津宗家の相続権を持つ、亀寿との結婚です。

秀吉の肝いりで結婚媒酌人は石田三成。忠恒に拒否権なしです。

さらに亀寿の意思も無視、亀寿の父・義久へも秀吉から打診は無く、一方的に決められた再婚でした。

豊臣政権は「嫡流(長男)ではない義弘の血筋から当主を選ぶ」という恩顧を与えることによって、島津をコントロールしようとしてました。

忠恒:なんで結婚しなきゃ家督継げないんだよ!オレ以外いないだろ!正室がアニキのお古!!6つも年上!ババァじゃねぇか!


亀寿には美人説と不美人説があって、不美人説が主流のようですが、別段、根拠はなさそうです。

プライドの高い忠恒は、自分より格上の妻が不満だったので、亀寿に指1本触れず顔すら合わせようとしませんでした。

もっとも亀寿のほうも、元から忠恒を好んではいなかったかもです。

何せ再婚は秀吉の命令で、当人同士の意思はガン無視なんです。

意に沿わぬ正妻でも「家督を継ぐ条件」では、離婚は絶対できない。

叔父にあたる義久(16代当主)が健在では、側室も持てない。 

ストレスたまりまくりの忠恒は、酒で紛らせてたようで、父・義弘(17代当主)に注意されてます。



秀吉の死後、忠恒が親豊臣派の筆頭家老・伊集院を惨殺したのも(結果として庄内の乱を引き起こす)

家康に積極的に近付こうとしたのも、豊臣に見切りをつけただけでなく、

そもそも亀寿との結婚を命じた豊臣政権に、好意を持てなかったのが遠因かもしれません。

義久(叔父で舅)と義弘(実父)の晩年の悩みとなった子供たち・・・

亀寿にとって悪夢の結婚生活が始まるのですが、それは またの話^-^

**********************************************

あ~~~~~~~なんちゅ~ザックリとした説明だぁ~~~~~オタ心がシャウトしそう~~

もっとコアでマニアックに書きたい~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

てことで書き足りなかった部分は「島津別伝・薩州家偏」で行きます~~~~~~~byシオ
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
94位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR