FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【筆頭家老の死】島津氏1・栞歴1

慶長4年(1599年)3月9日~京都・伏見の島津邸で殺人事件発生!!

被害者は島津家・筆頭家老の伊集院忠棟(いじゅういん ただむね)氏・年齢不明!

加害者は島津家・跡取りの島津忠恒(ただつね)23歳!

命を受けて家臣が犯行を行う上意討ちではありません!御曹司自らの御手討ちです!!





そもそも揉めたのは検地のトラブルが原因だった。

検地は物凄~く簡単に言うと、土地台帳の実態調査・それにより米の収穫高を決め、租税額を決定する。

島津の検地は文禄3年(1594年)です


地元の反対・反抗に困った17代目当主・島津義弘(しまづ よしひろ)は、

検地の実施を【三成お任せコース☆】にしてもらった。

この時に三成が数字マジックで、わざと多く見積もり重税になるようにしたとかウワサもあるが、

とにかく終わって領地を家臣に配分する段になって、その役目を島津家筆頭家老の伊集院に命じた。

島津は秀吉に負けるまで、九州統一まで後一歩だったのだが、

敗れたことで「薩摩・大隈・日向一部」に押し込められてしまったので、改めて家臣の領地を決めなきゃだったの。



島津十字

伊集院は、その再配分を「朝鮮の役」で皆が出兵してる間にやってしまった(いる間じゃ揉める)

今で言うと、土地登記簿謄本を総入れ替えで「太郎所有の甲町⇒⇒一郎所有の乙町」になるって感じ。

で、島津家臣らが朝鮮から帰ってみると・・・「先祖代々の オイの土地が無かっ!!ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!」という事態になり、島津家中は大混乱~~


困った島津忠恒(ただつね)は、奉行に(三成以外の人だったみたい)オネガイ~~

「朝鮮の役」で活躍した家臣に加増(かぞう・領地をあげて所得アップ)する許可ください~っと申請。

奉行:え~~おたくは検地の処理で揉めてるじゃん。そんなのにクビ突っ込むのヤダ。

と、渋る奉行を説得し「島津が個人的にやるなら~」って、やっとOKもらったのだが・・・

家臣:じゃっどん、所得増やすっとは どげんすっつもいごわんそか?

忠恒:財政のムダを無くして・・・

家臣:こん薩摩で、ムダぁ忠恒サァの蹴鞠フィールドじゃっど!(c=(c=(c=(c=(゚ロ゚;c=アチャチャチャチャチャ-!!~


実現性の薄いマニフェストでは、家臣の不満は誤魔化せなかったil||li _| ̄|○ il||l



18代目となる島津忠恒

豊臣政権は空気読まないのか、揉めさせるためにワザとなのか「検地の功績(?)だ」と伊集院に領地を与えた。

が・・・これが、マジ本当に不味かった(_´Д`)アイーン

豊臣政権が伊集院に与えた土地は、島津家の分家にして重臣・北郷(ほんごう)家が代々治める土地だったからだ。

かつて日向の伊東家との争いの中で、死にもの狂いで死守してきた本貫地を、一片の通知で奪われた。
(島津家では北郷を宥めるために、代替え地として宗家領地を削って与えてます)

さらにトドメのように宗教問題までが絡む。

一揆を恐れた島津では、一向宗を禁じてたのだが、熱心な一向宗信者だった伊集院は禁令を無視。

多額の献金を続けたため、島津当主の義弘・前当主の義久・次期当主の忠恒のイライラも募って来たのだ。

いつしか豊臣への不満が、伊集院への不満に変わり、島津家中に不穏なウワサが飛び交った。

ウワサ1:伊集院な怪しっちゃ~あんワロが貰っさ北郷サァん土地な日向じゃ~肥後とン国境やぃぞ。肥後にゃ秀吉子飼いン加藤清正がおっど。もへ豊臣ん犬に成い下がっちょとじゃなかか?

ウワサ2:伏見の伊集院の屋敷は、殿サァお屋敷よりデカかそうじゃ!伏見じゃ宴で、毎日米ば食うちょったげなぞ





伊集院は豊臣政権に近付きすぎたのだろう・・・

島津が秀吉の降伏したばかりの時は、伊集院の政治力は必要だったのだが、

三成とも個人的にも親しくなりすぎて、癒着(ゆちゃく)してるように思われた。

不満が頂点に達し、秀吉が死んだことで統制がゆるんだところに事件が起きたのだ。

実はこの事件・・加害者と被害者だけは明快だが、真相(背後関係)はいまだ解明されてない。

江戸期の説には、伊集院忠棟が石田三成(徳川家康説もあり)と忠恒(ただつね)暗殺を企んでいるのを、
当の忠恒(ただつね)が立ち聞きしたのが発端だという、ウソっぽい話がある。

で、肝心の殺す時も「忠恒(ただつね)単独説」「義久OK+忠恒(ただつね)実行説」「義弘OK+忠恒(ただつね)犯行説」「義久+義弘OKで。。。きりないわぃ!!(/--)/ ┷┷ちゃぶ台返し

とにかく伊集院の死によって、薩摩に再び不穏な風が巻き起こり、 

島津の関が原に大きく影響するのだが、それは・・・またの話^-^

画像は持ち帰り不可です
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
86位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。