FC2ブログ

【相良頼房2_戦の前には和睦ありき 】

天正10(1582)年6月2日、本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれる
同年6月13日、山崎の戦いで明智光秀が羽柴秀吉に敗れる

同年11月20日、甲斐宗運が島津に和睦を申し入れる。

上記の島津に対する甲斐の和睦申し入れだが、甲斐は本気で和睦するつもりじゃなかったらしい。

甲斐宗運は11月20日に島津家久(4兄弟末弟)に和睦を申し入れ、承諾されます。

すると甲斐は22日に「旧領(おそらく宇土半島)を返して( ̄∀ ̄)テヘ」と求めます。

島津諸将は家久に
「普通ならば領地を献じて降伏を乞うべきを、逆に土地を求めるなど無礼なるかな。これを許してはなりません(怒」
と述べ、家久も当然承服しません。

さらに甲斐は使者を出し「敢えて土地は求めません。願わくは宇土に庇せん*人 ̄▽)♪(宇土を格護したいの意か?)」と伝えてきます。

家久は「汝の子を必ず人質に出し、隈部氏を討つべし」と返しますが、

甲斐は「願わくば(島津が)隈部氏を討って下さい(ソッチデヤッテ)」

とまぁ、こんな感じで、のらりくらりと相手を食ったような返事をし時間稼ぎをしていた。


時間稼ぎには2つのパターンがある。

1・歯医者の予約のように嫌なことを先延ばしたいだけ
2・いま粘れば援軍(この場合は龍造寺)が来る
主君・阿蘇氏の縁戚だった大友家に見切りを付けて、龍造寺家に友誼を通じた甲斐宗運。

龍造寺氏が自前の水軍で、海路やってくるのを知ってたんじゃないだろうか。
(有明海は台風時期でなければ大丈夫^^)

甲斐宗運の死亡時期には天正11(1583)年説と天正13(1585)年説がある。

そして甲斐宗運は遺言で「島津には決してこちらから戦いを仕掛けず、矢部(阿蘇氏の本拠地)に篭って守勢に徹し、天下を統一する者が現れるまで持ちこたえるように」と言い残していたそうだ。

いずれにせよ、甲斐宗運は阿蘇氏単独で島津と戦になるのを、何とか避けようとしていたんです。

甲斐が島津を焦らせてるうちに明けて天正11(1583)年
3月2日、秋月種実が島津義久に談合の申し入れをする。

同年3月21日、忠房と共に頼房・深水宗芳・犬童頼安が鹿児島の義久に謁見。
引き出物を献じた後に頼房の宿所へ伊集院忠棟・本田親貞・上井覚兼が訪ねてプチ宴会。
オジサンの宴会席に畏まっているのは、子供にはキツかったろうなぁ^^;

同年7月21日、龍造寺信が前年10月から揉めてた田尻氏と和睦
同年9月27日、秋月種実から隈本へ使者派遣⇒龍造寺と島津との和睦仲介の申し入れ。

秋月使者の口上「共に大友義統を討つならば、龍造寺家と秋月家は島津家を九州之守護を仰ぎ奉ることでしょう」m(_ _)m
あくまでもハブられる大友家,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

同年10月9日~島津側が和睦を受け入れる
同年10月22日~秋月使者が(帰路)八代へ入る
この9日~22日の間に竜造寺と島津の和睦が成立したらしい、国境は菊池川と決まった。
あり?国人たちは強制的に、島津か龍造寺のどっちかに入るわけ?!

龍造寺と島津が秋月種実の仲介により手打ちとなり、肥後は一時的に落ち着いたかのように見えた。

ところが、そうは問屋が卸さない~~~~~~~~

天正11(1583)年・・・この年、阿蘇家の当主・阿蘇惟将が死亡した。
相良家のかつての同盟相手・阿蘇氏の没落が始まったのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR