FC2ブログ

龍造寺家兼_3【少弐~?回目の亡命】


家兼ジーちゃんが19歳になった1473年(文明5)

兄で嫡男の家弘14代目当主として家督を継いだ。

ちなみに「応仁の乱」が終わるのは1477年です。

兄弟の父・13代目康家は生没年不明なのだが、もしかしたら亡くなったのは、この前後かもしれない。

兄は肥前千葉11代目当主・胤朝の偏諱(へんき)を受けて、家弘から胤家を改名した。

1476年~1477年の間に千葉胤朝は藤津の大村氏を攻撃し、大村領を併合する。

ちなみに大村領は文明年間に有馬氏にも、併合された事になってるwww

大村さんってば人気者,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

どっちも史実なら先に肥前千葉が大村領をゲッツし、後から有馬氏がゲッツしたことになる。

というのも、9年後の文明18年に胤朝が討死するからです


肥前国主の突然の死に、竜造寺家が影響を受けるのは言うまでもない。

1478年に、その胤朝の弟・胤盛が急死した。

歴史的には影が薄い弟だったが、東千葉氏初代・興常には重要なことだった。

なぜなら胤盛は興常の実父だったからです。

詳細は不明だが、11代目胤朝と弟・胤盛は家督の事で揉めていたらしい。

胤朝が男子に恵まれていなかったからだろう。

父の突然の死に興常は叔父である胤朝を疑い、深く恨んだ。

興常は肥前千葉家に残らず、大内家で養育される事になり、後々西千葉と東千葉の確執と争いに発展していく。


肥前千葉家紋

1479年(文明11) 九州探題・渋川教直が58歳で死亡。

教直は地味な渋川における最盛期の当主で、彼の死で名実ともにガチで地味な存在に・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

1480年(文明12)、北肥戦誌曰く

1月15日の酉の刻、流星が出て西方に渡る。

その長き事敷丈(?)、色赤くして火の如く、その音は水の漲るのに似て虚空に暫く鳴動し、
消滅すると忽ち白雲となった。

稀代の珍事である。

不思議なる事は、禍の前触れか、流れる星は少弐か大内か、はたまた肥前千葉か。

占星術師は何と占ったのだろう。

1481年に一休さんが死んでるけどね(*´pq`)

少弐のプチ御家再興に成功した少弐政資は、ちょっと勘違いしはじめた

もともと対馬・宗氏の援助のお蔭で復活できたのに、
「五州太守」様と持ち上げられている内に、自分の権勢が永遠のものと錯覚したらしい。

少弐政資は筑前・宗像家代々の宝物「金の猫」の話を耳にすると、
無体にも宗像に対し「献上せよ」と要求した。

宗像氏は泣く泣く先祖代々から伝わるニャンコ像を少弐に献上した。

シオの発想が俗っぽいのか「招き猫」しかイメージ出来なイ・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

すっかり天狗になった少弐政資は宗像に対し「もう一匹あるはず。出し惜しみせずに寄越せ」

どこでそんな噂を聞いたか知らないが、二つとないから宝なのだ。

理不尽な要求にブチ切れた宗像は、いかにも神社の大宮司らしい切れ方をした^^;

宗像は神前で小指を噛みきり、流れる己の血で少弐を呪詛する歌を社殿の扉に書き付けた


少弐の末路を考えると、効き目あった?(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

驕り高ぶる少弐政資は、さらにやらかした。


新入荷~少弐家紋

少弐は青山城主・留守左衛門大夫を微罪で所領没収してしまう。

だが青山は宗像と違い呪詛なんて回りくどい事はしなかった。

その代わりにストレートアクティブ~青山は大内政弘に少弐の非道を訴えた。

大内にすれば邪魔な少弐を潰すチャンス~即効で室町将軍・足利義政に訴え出た。

1482年(文明14)春~少弐政資は足利義政の勘気を蒙り大宰府から肥前へと移る事になった


同年秋~大内への意趣返しに、少弐は大内サイドの渋川萬寿丸の綾部城を攻撃して落とす


ちなみに萬寿丸クンは教直の子で、まだ九州探題にすらなってない~~カワイソ~~~(゜-Å) ホロリ

怒った大内は再び公儀(室町幕府)へ申し立て~~


え~~少弐が軍事行動したのも、大内政弘が公儀へ抗議と言う回りくどい事をしたにも、訳がありまして( ̄ω ̄A;アセアセ

実は5月下旬に大内家臣同士が大ゲンカの果てに、両人共に刺し違えて死ぬという刃傷があったんです。

しかも喧嘩した家臣と被官ってのが大物同士でして( ̄ω ̄A;アセアセ

一人が陶弘護~筑前・周防の守護代にして陶晴賢の祖父。

一人が石見の有力国人~吉見信頼 川* ̄д ̄*川ポッ←国人オタ


大内家紋

もともと不仲で敵対関係だった二人ですが、宴の席で「先祖の地位は、どっちが上か」で揉めて( ̄ω ̄A;アセアセ

酒が入ってたのもあってエスカレートして刀抜いちゃって・・・( ̄ω ̄A;アセアセ

しかも吉見の家臣18人が主君の仇討と討ち入って、即斬り死にと宴の夜は大騒ぎ。

この収拾で アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ 少弐に対し兵を起こすって余裕がなかった。

上手くヤッタと少弐が笑ったのも束の間。

大内からの申し立てにより、自分の勘気を無視されメンツを潰されたと知った将軍・義政が切れた。

足利義政【御行書】公布⇒近隣の御家人よ!(少弐に攻撃された)渋川に合力せよ(`・ω・´)キリッ


ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!! 

ヤベ~と思っても後の祭り、将軍の公式発表という大義名分のお蔭で少弐の四海は敵だらけ。

少弐政資は、自業自得で肥前からも逃亡する羽目になる( ̄ω ̄A;アセアセ」

肥前千葉の被官(家臣よりはユルい関係)だった竜造寺家にとって、
肥前千葉が厳然とある限り、その去就に従えば波風は無いはずだった。

ところが、その肥前千葉が大内と少弐の争いに巻き込まれてしまうのだが、それは・またの話 by^-^sio

スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR