FC2ブログ

【籠城は突然に】相良氏、義陽編13

球磨奉行の一人、丸目の母は「徳深き人物で、侍女を多く抱えていた」そうな。

人吉城・詰衆の若侍、児玉・早田・深水の3人が、そんなマザー丸目に仕える侍女たちと恋仲になった。
武家奉公する者は職場恋愛禁止!見つかったら「不義密通罪」で自分も彼女も処罰(最悪・死刑)される。

女は欲しい、処罰もヤダ。
だが丸目屋敷は「徳多きマザー丸目」の躾が行き届いてて、侍女を連れ出す隙が無い。

「恋する3アミーゴ」は宗慶寺の僧侶・智勝に相談し「ナイスアイデア(ピコーン)」を授かった。
宗慶寺・智勝のトンデモアイデア「丸目を同僚&ライバルの東長兄と争わせ、その隙に女を連れ出しちゃえ
3アミーゴは、この「助言」を実行し、手分けして東と丸目にウソを吹き込んで、目論見通りに二人を仲違いさせることに成功する。

人物・相良義陽幸麿さん作画・相良義陽イメージ画像(*´艸`)

丸目と東の不仲が、彼らの主君・相良義陽と義陽ママン・内城(ないじょう)の耳に入る頃には、既に丸目と東の関係は抜き差しならぬ所まで、拗れまくっていた。

ここ数年、相良家は受難続きだった。(詳細は省きまつ)

1557年~義陽の後見人で祖父・上村頼興が死去し、その数か月後に叔父たち(上村頼興の息子たち)が謀反したあげくに日向へトンズラ。
1558年~箒星が肥後の夜空に出現・・・人心が不安定で義陽の結婚も延期。
1559年~隣国の名和氏が八代へ侵攻・ほぼ同時期に大隅の菱刈家に水俣城が奪われた。
(連携しての軍事行動かは不明)


このような緊迫した時期に、球磨奉行(奉行は複数)の要職にある東と丸目が仲違いしてしまったのだ。
義陽とママン内城は頭を抱えて悩み(あぅ~)、
ママン内城が「わたくしが丸目の縁戚・湯前城主の東直政(以下、湯前・東)に両者の仲裁を頼みます」と決断した。

さぁ~脳内整理しましょ~~「ケンカしてるのは丸目と東長兄」「仲裁に入る湯前・東の縁戚は丸目」だぉ

家紋・相良
相良家紋ロゴ

ママン内城から呼び出しを受けて参上した湯前・東は覚悟を決めて発言した。

湯前・東「丸目の縁戚である某が仲裁役ということは、万が一「丸目殿を説得出来なければ討て」という思し召しでござるな。刺し違えてでも主命を果たしまするm(_ _)m」

ママン内城「ち、違います~そんな斜め上の決意をしなくても良いのよ。ただ、二人が元の鞘に収まってくれればそれでいいの^-^;」

湯前・東「はぁ、、、畏まりました・・(説得でもなけりゃ、討つわけでもない、なんじゃそりゃ~~)」

納得行かずモヤモヤしたまま、縁戚の丸目屋敷を訪れた湯前・東は、
「中途半端は(・A・)イクナイ!!ワシは丸目殿に御味方致しますぞ!(`・ω・´)キリッ」と、気色ばんだ。
ママン内城の人選は、アッチもコッチも逆効果 ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

さて、丸目のケンカ相手・東長兄の元へも「仲裁役が丸目の縁戚である湯前・東」という情報が入った。
東長兄(ちょ、やべ~仲裁が丸目の縁戚じゃ、ワシに勝ち目ない~~アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ)

1559年5月15日、東長兄が相良義陽とママン内城に泣きついた。
「仲裁役が丸目の縁戚ではワシの方が不忠・不義の烙印を押されてしまいます。もはや残された道は謀反しかありませぬ。゜゜(´□`。)°゜。」
相良義陽&ママン内城「エエぇ~( ̄▲ ̄:)(:´▽`)イヤン、~落ち着いて~!!

謀反をチラつかせる泣き脅しに、義陽&ママン内城は東長兄の言葉に従うほかなく、言われるまま仮病を使う羽目になった。

城・人吉
(人吉城の石垣^^)

東長兄が義陽とママン内城に仮病を使わせたのは、二人に他者が目通りするのを防ぐ為です。

ママン内城は「気分が優れない」、義陽は「腹の調子が悪い」として、屋敷の奥に引っ込み続け、そして夜中に東長兄の手配で人吉城を出た。
つまり丸目より先に東長兄が「玉(主君)」を抑えることに成功したんです(=^・ω・^=)v ブイ

義陽とママン内城が赤池城へ入ると、赤池城から人吉城へ向け篝火を焚いて「二人の無事確保」の合図を送った。
篝火を確認すると東長兄家臣60余人が、丸目屋敷に火をかけて攻撃開始!

人吉城に勤務してる「恋する3アミーゴ(児玉・早田・深水)」は、城下の丸目屋敷に火が上がったのを見て仰天した!
 
自分の恋人を丸目屋敷から連れ出すために「ちょっとした騒ぎ」が起きてくれれば・・・と思って、
東長兄と丸目にウソを吹き込んで炊きつけたら「リアル市街戦勃発!」とんでもない大騒ぎに!!

∑( ̄◆ ̄:∑( ̄◆ ̄:∑( ̄◆ ̄:「あぅ~ひ、非常事態だから持ち場を離れられない・・彼女連れ出すチャンスなのに~~」

突然屋敷を攻撃された丸目本人&その妻子&マザー丸目&問題の侍女たちも連れて、縁戚の東の湯前城に逃げた。
湯前城主・東直政「う~む、この上は是非も無し!(# ゚Д゚)・;'.籠城だぁぁぁ!!」


3アミーゴ「あぅ!しまったぁ!俺たちのスィートハニーが巻き添えにぃ~il||li _| ̄|○ il||l」
どんどん大きくなる騒ぎに、自分たちのウソが何時バレるかと気が気でない3アミーゴ。
彼等は事態の推移に耐え切れず、遂にに職場放棄~バックレ逃走!

一度坂道を転がった石が、坂を登り戻ることはない。
「ちょっとした騒ぎ」の予定が「内乱・籠城戦」になったのだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

あら^^
家紋が似てたり同じだったりすると、相手に親しみ感じたりしませんか?

昔の武家の方なんて、そうだったと思います^^

No title

相良家の家紋は、私の家の家紋は剣カタバミで似ている。

何の関係もないと思いますが。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR