FC2ブログ

【相良と5人の天草衆たち】相良氏、戦国名君編12

大友が相良の台頭を何故に見過ごしたかというと、
「手が回らなかった」の一語に尽きる。

大友家は1510年代から断続的に筑後・星野氏の謀反に手こずっており、
謀反⇒鎮圧or降伏⇒謀反⇒(以下略)の不毛ループを繰り返してました。

大友が味噌をつけたのは(上記の状態なのに)肥後守護職・菊池家の家督に介入したことです。

実弟・義武を当主に送り込んだまではグッジョブだったが、
肥後国人が旧主を担いで謀反、さらに実弟までが謀反と肥後謀反ラッシュ( ̄ω ̄A;アセアセ

これに筑後星野の謀反もリンク、さらに飛び火して大内とガチンコ(勢場ヶ原の戦い)。

一時的な事ですが、大友軍は精鋭から留守部隊までフル稼働状態となって首が回らなくなり、
大友義鑑が北九州の覇権を諦め、大内義隆と和睦した要因となったんです。

家紋・大友(大友家紋ロゴ)

さて、戦国大名・相良家の経済基盤を支えたのは貿易です。

それには天草5人衆・・・諱(いみな・名前)に「種」の文字が入る男たち・・・が関係してきます。

天草地方は大別すると「上嶋・下嶋・大矢野島(熊本県)・長嶋と獅子島(鹿児島県)」からなる。

天草地方には飛びぬけた戦国大名は出現せず、いるのは後に「天草5人衆」と呼ばれる国人達で、
彼らは、元々は8家で、うち2家が天草尚種により併合されて6家になる。

その6家が天草氏(大蔵系)・志岐氏・大矢野氏(大蔵系)・栖本氏・長島氏・上津浦氏(大蔵系)。
(ちなみに小勢力で下津浦氏って国人もいました( ̄ko ̄)チイサナコエデ)

彼らは天草地方に蟠踞し、少しでも優位に立とうと小競り合い、せめぎ合いを繰り返していた。

相良家の天草地方に対する本格的な軍事介入は、16代目・相良義滋(よししげ)からだ。

理由はカンタン。

明との交易を始めたのが義滋で、その交易港である「徳淵湊(八代の外港)」を守るためには、天草地方を勢力下に置く必要があるからです。

地図・天草関連

1532年(享禄5)6月13日~天草氏+志岐氏+栖本氏+長島氏+大矢野氏の連合軍で上津浦氏を攻撃した。
同年6月16日~16代・相良義滋が上津浦氏に援軍~
同年7月1日~相良+上津浦氏がウィナー(* ̄・ ̄*)Vブイ

ウィキペディアでは「この勝利で天草諸氏は相良に従うようになった」と簡素に説明しているが、
どうもそんな単純じゃなかったらしい。

1533年(天文2)~天草氏中心で、またまた志岐氏+栖本氏+長島氏+大矢野氏の連合軍が、上津浦氏を攻撃した。
2回目の時は決着が付かなかったみたい(記録が少なすぎ^^;)

最初は連合して相良のバックアップ受けてる上津浦氏を苛めて(?)たんだけど、
その後になって志岐氏・栖本氏・長島氏が、肥前有馬氏の、バックアップを受けるようになってから天草地方のミリタリーバランスが変化してきた。

(ヤバイ!)と感じた天草氏は、相良氏と急接近を始める。

ちなみに相良家が海外と貿易を始めたのは1539年。

家紋・相良
(相良家紋ロゴ)

1546年(天文16)~17代・相良晴広が家督を継ぐと、天草氏は八代に祝賀の使者を送る。
1547年(天文17)3月24日~天草尚種と相良晴広が獅子島(地図参照)で会見し講和する。
1548年(天文18)も天草尚種は相良晴広と何事か会見している(内容不明)

会話の内容は不明なんだけど、天草尚種は軍事支援で相良は交易船保護の協力じゃないかと思う。

というのも、どうやら長島氏が「天草氏+相良氏」に、圧迫されて勢力が衰えているっぽい。

この辺りから長島氏に関する記録が減っていってるの。

1551年(天文20)~天草氏+上津浦氏+大矢野氏の連合して栖本氏を攻める。

で、この時は「大友軍」が介入したらしい~天草弾正左衛門尉行盛が大友義鎮に降伏している。

この降伏が影響したのか、天草尚種の次期当主・天草鎮尚は、大友義鎮(宗麟ネ)から鎮の文字の偏諱を受けている。
(もしかしたら人質として大友館に出仕してたかも)

じゃぁ、この後は天草地方で大友義鎮がブイブイ言わせたかというと、そうは問屋が卸さない。

大友家では「家臣の謀反~府内の乱・1553年」があって、
その余波で大友義鎮は「大友館」から「臼杵」へお引越し~国内安定の方が優先になった。

大物のテコ入れが無いので、天草地方は国人達の小競り合いが続く。

決着つくのが1554年(天文23)7月~相良晴広が天草地方に兵を入れ、長島氏を長嶋から追い出すo( ̄Д ̄θ★ケリッ!
これを持って、天草地方は「天草氏・志岐氏・大矢野氏・栖本氏・上津浦氏」からなる「天草5人衆時代」に突入した。
え~戦隊風に言うとブラックとブルー的な位置にいるのが天草氏・志岐氏,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

5人衆のうち、相良氏がプッシュしてたのが「天草氏・大矢野氏・上津浦氏」です^^


家紋・島津(島津家紋ロゴ)

長嶋氏の堂崎城には天草氏の一族が城主として入り、17代・相良晴広の名君治世は順風万般なはずだった。

一方、追い出された長嶋氏が、帰農したのか某家に仕えたか解らないが、逃げた先だけはハッキリしてる。

でもって、その逃げた場所が問題だった。

長嶋氏は島津の勢力圏である出水に亡命したんです。
(近いし、相良に追い出されたから当然なんだけど)

地図には「出水城・出水嶋津家」とあるが、それは「薩州家」のことです。
出水を領している「薩州家」とは、島津家分家筆頭にして薩州家6代目当主・島津義虎!
歴史からフェイドアウトする長嶋氏の頭越しに、長島の領有を巡って相良と薩州家のバトル勃発する。

それには悲劇と祟りのフルコンポ付なのだが、それは・またの話 by^-^sio


ちとロングパスの伏線になります( ̄ω ̄A;アセアセ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

肥後は大きな勢力による制圧が遅かったからかも。

国人たちは活き活き?とマイペース,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

でも国人が元気な土地の方が個性豊かだと思います^-^

No title

肥後は土豪の力が強く、なかなか一つには治めにくいようですね。
佐々成政も失敗した事が、思い出されます。
W村ポチ。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
779位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR