FC2ブログ

【主に揉めてます】相良氏、戦国名君編10

相良家は「家督争い・御家騒動」が非常に多い。

江戸期なぞ僅か2万2千石で、よくもまぁ飽きずに揉め、よく改易にならなかったと感心する。

江戸期の御家騒動の遠因は戦国時代にあり、その理由は話の進行とともに追々語ろうと思う。

ただ戦国期の家督争いは、一つにまとまらない「肥後気質」だけでなく、未だ「長子相続」が確立していなかったせいもなる。

だが相良家は優れた当主が数代に渡り輩出されたため、戦国期の舵取りを誤ることなく着実に力を付けて行った。

そんな「相良の優れた当主たち」の中で「名君」と謳われたのが、
17代目当主・相良為清(後の晴広)だ。

当主在位期間が10年足らず・・・ということを勘案すると、
その器量は知名度のある義陽以上かもしれない。

家紋・相良(相良家紋ロゴ)

相良為清は1513年(永正10)産まれ。

ちなみに雷神こと立花道雪も同じ年産まれ。
蛇足ながら島津4兄弟のダディ貴久が1514年産まれ。
肥後戦国期の人気武将・甲斐宗運が1515年産まれです。

その為清は実は相良家の産まれではなく、相良家の支族・上村家の長男として産まれた。

為清パパ上村は16代目当主・長唯の従兄弟にあたります。

時の相良家では家督争いがあり、
①叔父と甥で争い⇒甥側(長唯とその兄弟)が勝利。
②その後、兄弟(長唯と弟)の争いに発展⇒長唯が勝利して16代目当主となった。

その過程で長唯は、相良家臣団の実力者で大きな発言力を持つパパ上村に助力を頼んだ。

パパ上村は「協力いたそう。( ̄ko ̄)<その代わりに・・・」
と我が子・為清を長唯の養子にさせる(1530年のこと~大友宗麟が産まれた年)



パパ上村は実子・為清が相良当主となるのに、障害となりそうな人物を次々と始末した。

邪魔者は自分の実弟であろうと容赦しない徹底ぶりで、
長唯もパパ上村の行動に同調した。

パパ上村にとって目障りな人物は、長唯の統治にあたっても「五月蠅い連中」だったからです。

長唯はパパ上村の協力によって、「家督争い」で分裂した相良家中を一つに纏めるとこに成功した。

一言で済ませてますが、どんな手段であれ「肥後もっこす」を束ねたのだから大したものです。

為清の名君としての実績も「義父・16代目長唯+実父・パパ上村」の強力タッグによる「地ならし」あってこそのもの。

とはいえ為清とパパ上村は、相良当主である長唯との関係に色々配慮してたようで、
息子の義陽の正室に長唯の4女・千代菊を迎えている。

つまり義陽は叔母(義理の関係だが)と結婚したんです。

年は千代菊が一歳年上で二人の間に女の子三人(虎満、千満、千代菊)を儲けた。

家紋・阿蘇(阿蘇家紋ロゴ)

さて、ここで前回まで話した「肥後の三氏(相良・名和・阿蘇惟前)和合」に話が戻る。

名君・相良為清の最初の正室は名和氏から迎えた。

1539年の三氏和合より三年前の1536年の事だ。

名和氏とは豊福城の帰属を巡って長年係争しており、
その過程で名和と相良は和解と戦を繰り返していた。

相良・名和の両家縁組と、阿蘇惟前を含めた三氏和合で上手く行くかのように見えたが、
僅か3年後の1542年に破綻する。

最初に破綻したのは相良と名和の関係で、
1542年6月15日、為清は名和氏娘と離縁している。

同年9月3日、名和氏が船で八代海土江を攻撃し、両家は再び交戦状態となった。

為清の離縁も泥沼離婚だったらしく、名和氏娘は実家へ戻る時に夫・為清を呪詛したと伝えられている。

為清は病で倒れるが、呪詛の調伏祈祷により回復したそうだ・・・
でも病になったのって離縁から10年くらい経ってるんですが・・・
遅効性呪詛?,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

1543年5月8日になると阿蘇惟前の堅志田城が、阿蘇惟豊の攻撃を受けて落城し、
阿蘇惟前自身も討死にしたらしく歴史からフェイドアウトする。

一部サイトで惟前は八代に亡命とあるが判然としておらず、
少なくとも史料からは惟前の記録が消える。

肥後の三氏和合は、有耶無耶になり自然消滅状態。

同年、大友義鑑が空席だった肥後守護職に補任される。

謀反失敗後、八代に亡命し相良の保護を受けていた菊池義宗(前肥前守護職)だが、
「この流れじゃ、再起できそうにないil||li _| ̄|○ il||l」と思ったらしい。

同年8月27日、菊池義武は相良の元を離れ島原・有馬へと旅立ったのだが、
それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

とても外交上手だと思います^-^

コメ拍手ありがとうございます^-^

No title

相良さん、その名は「信長の野望」でしか、知りませんが、
島津と大友にはさまれ大変な地だとは思いますが、
大友の弟を何度も助けているのを見ても、相当な器量の人だと
思います。
W村ポチ。
プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR