FC2ブログ

龍造寺家兼_6 【少弐氏・・滅びのエチュード・前篇】

少弐氏の被官(配下)と言われる竜造寺家だが、それは郷土史の流れを端折った雑駁な表現です。

竜造寺家は千葉家嫡流・千田千葉家庶流である名門・肥前千葉家の被官です。

「肥前国主」と勢威を誇った肥前千葉氏だったが、
謀反により11代目当主が討死したことで家運の歯車が狂い始める。

11代目には娘(尼日光)しかおらず、少弐政資は実弟を11代目娘に婿入りさせて家督をゲッツした
それが肥前千葉氏12代目当主・千葉胤資です


話は先になるが、この夫妻は子宝に恵まれなかったらしく、その後の千葉当主も少弐一門(横岳氏)から迎えている。

大内は少弐に対抗するために、肥前千葉庶流である千葉興常(尼日光従兄弟)を当主として、
東千葉氏を立てた。

その東千葉氏に敗れ、正統嫡流である西千葉(尼日光の方)が居城である牛頭城を奪われてしまう。

以降、東千葉は祇園千葉氏とも呼ばれ、こちらが嫡流であるかのように振る舞う。
(牛頭城には肥前千葉家が招聘した祇園社があったから・いわば肥前千葉のシンボル)

東千葉と西千葉の争いは、そもそも11代目当主の座を巡る兄弟間の家督争いから端を発する・・

という根深いもので、それに少弐と大内が介入したので、両家の和解は絶望的な状況でした。

西千葉家の総領的立場だった尼日光(11代目娘)は、肥前千葉嫡流の地位を守る為の後ろ盾として少弐氏との繋がりを持ち続けた
亡き父11代目を仇と憎む千葉興常が、大内のバックアップを受けているので、彼女に選択の余地はない(;;)
「西千葉=少弐氏」となった事により、西千葉の被官だった竜造寺家は「最大公約数・少弐被官」で括られることになる


ぶっちゃけ竜造寺にしてみれば「うちは少弐の被官になるぉ」と積極的に選んだ訳ではない。

少弐と大内の争い+αで肥前千葉家督争い、がMIXマーブル。

気づいたら自分の立ち位置が少弐配下な件~~Σ(´Д`;)あれ?

なりゆきなだけに、少弐か大内かの選択に竜造寺内部は煩悶することになるんです^^;

竜造寺家紋

竜造寺家紋

さて、一時衰退した少弐氏の御家再興に成功した少弐政資。

だが彼は調子に乗って、色々暴慢な態度をとるようになり、足利将軍家から叱責を受ける。
(大内が少弐の所業をチクった)

が、少弐のリベンジ力は侮れない。

再び挙兵すると筑後守護職の大友家から助力を受けて、
筑後にいた九州探題・渋川を追い出すo( ̄Д ̄θ★ケリッ!

さらに西千葉家・竜造寺康家・高木家重など肥前国人らの助力を受けて、西肥前・東肥前を制圧。

1494年には松浦党を降伏させた。

一方。大内家は病の当主に代わり、大内義興が家督を継ぐ
同年8月18日・・・対馬・11代目宗貞国が死亡した


宗貞国は亡命していた少弐政資を匿い、少弐御家再興に尽力した人物です。

肥前千葉の家督介入に反対し、少弐と距離を取り始めていましたが、
それでも敵対するには至らず「大内と少弐どちらも加担せず中立」をキープしてたんです。

大内義興はデキる子wwwパワーバランスが変化するチャンスを見逃さない(`・ω・´)キリッ

大内義興は淡路島に下向(実は亡命)していた足利義材に申し出て「少弐退治」の上位賜る

少弐は(将軍から)勘気の身であるのに公儀を軽んじ、私に弓箭を為す意味を心得ていない。

急ぎ吉木御所に言上し、少弐一族を悉く誅殺すべし(`・ω・´)キリッ


上意を賜ったが、大内義興は即行動を起こしてない。

このあたりの大内サイドの事情は調べきれてないです( ̄ω ̄A;アセアセ

中央政界も半将軍・細川家の活躍?などなど、ちとシオの手に余る( ̄ω ̄A;アセアセ

将軍が京都を追い出されて淡路に亡命してるんで、政局カオスを察して下さい( ̄ω ̄A;アセアセ

解る範囲だと、翌年に大内義興パパン政弘が病没してます。

亡くなる前に家督を譲ってるから、家督で揉めたってことは無さそうです。

さらに次の年1496年6月~7月にかけて、大内義興は大友家の家督に介入してます。

とにかく親子で争っていた前々大友当主が大内によって処刑され、大友の家督は宗麟の曽祖父・政親が継ぎました。

若年の前大友当主は突然死亡してて、前々当主・・つまり実父による暗殺説あるほどでして、
当時の大友の御家騒動は泥沼だったでつ( ̄ω ̄A;アセアセ

少弐と大友は、VS大内に関しては協力関係でした。

大内義興は、少弐と大友の協力関係を切り離すのが目的で、大友の御家騒動に介入したかもです。
(ちなみに大内と大友は縁戚関係)


とにかく大友の家督は宗麟の曽祖父・政親が継ぎました。

同年12月・・・大内義興は幕府より「少弐追討令」を受けて山口を出陣!
吉見正頼・熊谷膳直・小早川詮平・陶一族らを大内義興自ら率いて筑前入り
動員兵力は2万余騎


ちなみに「騎」ですから騎馬武者なわけで、彼らが率いる雑兵・郎党は2万の中にカウントされてません。

少弐一族必滅の構えで堂々な威容の大内軍~~家臣団豪華フルコンプ~(人´∀`).☆.。.:*・

これで滅びない少弐って・・・しぶとさが凄すぎるんだが、それは・またの話 by^-^sio
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時乃★栞

Author:時乃★栞
筑前・筑後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩に気合いバリバリ。
豊前は城井と長野が少し。豊後はキング大友関連のみ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
120位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR